「パプリカ」 筒井 康隆
b0020911_23371793.jpgアニメ映画にもなったし、
なんか久しぶりに、筒井 康隆を
読んでみたくなって
とりあえず読んでから
映画を観るか決めようと
思ったのですが、どうやら
映画はもうすぐ終ってしまいそうです。(笑)

精神医学研究所に勤める千葉敦子(相当の美人らしい!)は
ノーベル賞級の研究者で、サイコセラピスト。
だが、もうひとつの顔は、男たちの夢にダイヴする
夢探偵・パプリカなのだ。
同僚の天才科学者・時田が開発した、人格の破壊も可能なほど
強力な最新型精神治療テクノロジー「DCミニ」をめぐり、
研究所内部で争奪戦がおこり、現実と夢が交錯する、
不思議な世界に迷い込んでしまうのだが・・・・。

パプリカが、ちょっと笑ってしまうくらい
男性の理想の女性だったりするんですよね〜。
それに、ちょっとエロくて全編にオヤジの願望みたいな
ものが感じられます。(曝!)
後半のDCミニによって夢と現実の区別が曖昧になる
あたりからちょっとおもしろくなるけど、
まあ、何でもありなの!ってトコもかなりありました。

パプリカ
筒井 康隆 / / 新潮社

■お気に入り度 ♥♥♡


(ルナのひとりごと)
まあ、DVDが出たらレンタルしてみようかな〜!
[PR]
by cinema-can | 2007-02-05 23:41 | book | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6439479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 黒豆 at 2007-03-14 07:53 x
はじめまして

わたしも、アニメ化されるというので、むか〜し買った本を引っ張り出してきて読み返しました。
筒井康隆の話は、読めばたいてい記憶に残るのですが、これは、ほとんど内容が頭から消え去っていました(^^;。
今読み返すと、けっこう現在の時流の方があっているような内容でしたね(でも、筒井作品としては、やっぱりインパクト薄いですけど)。
こちらの映画館には、映画はやって来そうもないので、レンタルかなあ・・・(-_-;。
Commented by cinema-can at 2007-03-15 00:03
>黒豆さん、はじめまして!
そうですね〜、結構内容はいまどきぽい感じはありますよね。
(まあ、かなり無理な設定もありますが・・・笑)
映画は、アニメなので原作よりエロさはかなり控えめなようですよ〜曝!
そちらでは、上映されなかったんですねー。
私も地方なので、単館だったし短期間だったので、
DVDレンタルになりそうです。
お互いもうしばらく待ちましょうね〜(~_~;)
<< どろろ 不都合な真実 >>