武士の一分
b0020911_2257118.jpg一分って、面目や体面のことですよねぇ〜。
「武士の一分」って、いかにも
時代劇らしいタイトルですよね。
時代劇ってほとんど馴染みが
ないんですが、「たそがれ清兵衛」は
結構おもしろかったし、今回無料券を
いただいたので、鑑賞してきました。

山田洋次監督と藤沢周平のリアル?時代劇三部作の
最後の作品で、主演はあの!木村拓哉です。
三村新之丞(木村拓哉)は、東北の小藩で毒味役を勤める三十石の下級武士。
張り合いのない役目に不満はあるが、美しく気立てのいい妻・加代(檀れい)と
つましくも平和な日々を送っていた。
ところが、毒味役で貝の毒にあたった新之丞が、一命は取り留めたものの
失明してしまう。絶望し、自害しようとする新之丞を、
加代は懸命に思い留まらせるのだが、藩の沙汰次第では
生きていくこともできない状態になってしまう。
そこで加代は、嫁入り前に顔見知りだった上級武士の
島田藤弥(坂東三津五郎)に相談を持ちかけるのだが・・・。

最初、やはりキムタクらし過ぎて、なんか時代劇には
合わない感じでしたが、失明してからの演技は
なかなか迫力がありました!
脇をかためる俳優人は、徳平役(笹野高史)をはじめ
皆さんさすがでした。
あと、下級武士らしい粗末な食事や、小物、家のたたずまいなどは
とても良かったです。

平日の夕方だったせいか、劇場はお年寄りでいっぱいでした。
やはり時代劇だからねぇ〜(~_~;)

武士の一分←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
それにしても、あの貝って・・・いったいなんの貝だったんだろう!!
アカガイっぽいとか言ってたけど、巻貝だったし・・・?
しばらく、アカガイぽいものは、食べたくなくなりました!!\(>_<)/
やっぱ私って単純だゎ〜!!
[PR]
by cinema-can | 2006-12-09 22:59 | cinema | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6167775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマテーク at 2006-12-10 16:44
タイトル : 武士の一分 (2006年)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 山田洋次監督による藤沢周平の作品を原作とした...... more
Tracked from ひるめし。 at 2006-12-10 16:50
タイトル : 武士の一分(映画館)
人には命をかけても守らなければならない一分がある。... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2006-12-11 02:43
タイトル : 武士の一分(いちぶん)
2002年、山田洋次監督が時代劇に挑んだ『たそがれ清兵衛』は、父と娘の絆を描き、日本アカデミー賞15部門を総なめにし、米国アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされ、語り継がれる傑作となった。2004年、『隠し剣 鬼の爪』は身分違いの若い男女の純愛をテーマに据....... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-12-11 23:09
タイトル : 『武士の一分』
命をかけて、守りたい愛がある。 &nbsp; &nbsp; ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大地康雄&nbsp;□オフィシャルサイト  『武士の一分』 下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)と穏やかな生活を送っていた。 しかし、藩主の毒見役を務め失明。 妻が家禄を守ることと引き換えに、番頭の島田藤弥(坂...... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2006-12-12 16:42
タイトル : 映画:武士の一分(いちぶん)
武士の一分(いちぶん) @丸の内ピカデリー 「必死即ち生くる也」 仕事は物足りないけれど家禄は保証されて美人の奥さんとの幸せな毎日と将来。が毒見により倒れ失明してから一変。一家の主人として家族を支えていた側から支えがないと生きていけないと絶望、追いうちをか... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2006-12-13 22:53
タイトル : 「武士の一分」:六本木六丁目バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}六本木ヒルズにもこんな大きな木が生えているのね。 {/kaeru_en4/}六本木ヒルズの下にある毛利庭園の木だ。 {/hiyo_en2/}毛利庭園? {/kaeru_en4/}江戸時代の大名の庭園。元禄15年、吉良邸に討ち入りした後の赤穂浪士のうち岡島八十右衛門ら10人が預けられたのが毛利家。翌年2月、全員がこの地で武士の本懐を遂げている。 {/hiyo_en2/}武士の一分を果たしたってこと? {/kaeru_en4/}武士の一分・・・なかなか含蓄があって難しい言葉だな。...... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2006-12-31 20:54
タイトル : 真・映画日記『武士の一分』
12月2日(土) ビフォア31歳。 イコール、30歳のラストデイ。 (注:じょ〜いの誕生日は12月3日) 午前中から午後2時までフリーペーパーの原稿書き。 午後2時半から外出。 3時50分から上野のキンコーズで編集&amp;製本。 午後7時過ぎに終わり、山手線で池袋に。 車中、日記を更新。 7時40分、池袋に着きロサ会館のシネマロサへ。 12月1日から公開の『武士の一分』。 キムタク人気で超満員かと思いきや、それほどでもなかった。 最終的に客入り...... more
Tracked from 雑記帳+ at 2007-01-04 22:44
タイトル : 『武士の一分』を観る
2007年の映画初めは『武士の一分』です。 しかも1月1日に観に行ってしまいま... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-01-13 19:11
タイトル : 「武士の一分」 戦い、そして妻の深い愛に気付く
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇三作目です。 前二作... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-08-13 23:19
タイトル : mini review 07067「武士の一分」★★★★..
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01〜2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほどの病気を負い、武士として役に立たない体になってしまう……。続きを読む 出演 木村拓哉 桃井かおり 坂東三津五郎 小林稔侍 笹野高史 緒形拳 檀れい 赤塚真人 詳細情報 新之丞を虜...... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2007-11-23 17:26
タイトル : ≪武士の一分≫
武士の一分 ¥2,780 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/11/17) 製作年度2006年 製作国日本 上映時間121分 監督山田洋次 出演木村拓哉(三村新之丞)、檀れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、岡本信人(波多野東吾)、左時枝(滝川つね)、綾田俊樹(滝川勘十郎)... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-01-02 23:11
タイトル : 『武士の一分』’06・日
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな〜『たそがれ清兵衛...... more
Tracked from 乙女千感ヤマト at 2008-01-07 09:43
タイトル : 「武士の一分」・・・一流の男と女の物語でがんす
まず謝らなければいけないのは、昨年の「日本アカデミー賞」を扱った記事で、この映... more
Tracked from 三日月のしっぽ。 at 2008-01-11 13:08
タイトル : 武士の一分 〜TVにて〜
  武士の一分・・・評価  4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 下級武士の三村新之丞は、藩主の毒見役を務めていぎ..... more
Commented by aju at 2007-01-04 22:44 x
ルナさん、こんばんは。

年始にこの映画を観まして・・・その前にルナさんの感想を読んでたので、「貝のこと、教えてあげなくっちゃ!」と思ってたんですけど・・・しかと覚えたはずか、劇場を出る頃にはすっかり抜けて忘れちゃいました!^^;
そう、赤貝っぽいような名前でしたよね。だけど、貝殻はサザエみたいな感じの・・・
その後、寿司屋に行ったんですが、私は食いしん坊なのか貝ものを結構頼んでしっかり食べてしまいました!食い気最優先なワタシ・・・

木村くんの演技、すごく良かったと思ったには思ったんですが、
何だか変なイメージが抜けないので、何故か素直になれず(いつもなら大感動してるはずが)冷静になってたりします。
そんな自分がちょっと悲しい・・・。
Commented by cinema-can at 2007-01-05 01:52
>ajuさん、こんばんは!!
あの貝ですが、もしかしたら今考えると、実在しない貝なのかも
しれません〜。
第一、季節外れに食べたくらいで失明するものなんて、
そんな危険な貝、食用にはないような気がします。
(せいぜい、お腹こわすくらいかも・・・汗)
木村くんの演技は、私も悪くなかったと思うのですが、
なんか、キムタクオーラがどうしてもだだよってしまい
残念でしたよね〜。
Commented by kimion20002000 at 2007-08-18 18:36 x
TBありがとう。お毒見のシーンがおもしろかった。あれじゃ、高級なものでも、味わって食べることは、できないよね、当然。
Commented by cinema-can at 2007-08-19 00:01
> kimion20002000さん
お毒味シーンは、なかなかおもしろかったですよねー。
あの時代、そんな職業があったんですよね。
ある意味、命がけの仕事ですよねー
それがなんかすごいなぁ〜って思いましたよ!
<< 「しゃばけ」 畠中 恵 007 カジノ・ロワイヤル >>