太陽
b0020911_0525491.jpgロシアの監督、
アレクサンドル・ソクーロフが
昭和天皇ヒロヒトを
題材にした話題作です。
なんとも不思議な感じの
映画でした。

神と崇められ、戦争に翻ろうされた天皇が、終戦から一転して
「人間宣言」へ至る苦悩と孤独が淡々と描かれていました。
まあかなり、脚色もされているでしょうが、
天皇の生活が垣間見えて、ある意味面白かったです。

昭和天皇を演じるイッセー尾形は、ホントに良く
似ていました。
彼が時々発する「あ、そう。」という返事が
なかなか印象的でした。
あのシルクハットの衣装がチャップリンからきているのは
驚きでしたが、実話なのかなぁ〜。
皇后役の桃井かおりも出番はすくないですが、
かなりのインパクトでした。

ただ、戦火の町はどう〜観ても日本には見えないし、
お庭に、いきなり鶴?がいるってのはどうなんでしょう(~_~;)

日本人監督が撮ったら、どんな作品になるんでしょうね〜。

太陽 The Sun←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2006-11-12 00:54 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/6024324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from じゃがバタ~ 映画メモ at 2006-11-14 07:53
タイトル : 太陽
主役は昭和天皇 無くなった祖父の家には何代かの天皇陛下の写真が飾ってあった。 天皇が神だった年代の人だからね。 浩宮君と同級生な年代のワタクシからすると、今の天皇がお父さん、 昭和天皇はおじいちゃんな感覚 そのおじいちゃんが、悩み孤独の中に苦しんでいた。 もちろんドキュメントではなく、ロシアの奇才ソクーロフの思い描く昭和天皇。 けれど、ハリウッド映画に出てくる日本人を見るような違和感は感じない。 イッセー尾形、佐野史郎の演技もすばらしい。 最後にちょっとしか出ていない桃井さん...... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-11-24 23:39
タイトル : 太陽
お、チャーリーだ。チャーリーなんだからチョコレートをプレゼントしちゃえ。... more
Tracked from おすすめ映画 ~名作、感.. at 2006-11-30 01:14
タイトル : おすすめ映画 『街の灯』
”チャップリン”を含む記事にTBさせていただいております。ご迷惑でしたら削除してくださいませm(_ _)m。 チャップリンの映画はどれも好きだけど、サイレント時代の作品がやはりいいですね。その中でも、この映画が一番心に残っています。盲目の女性と浮浪者(チャップリン)の純粋な恋物語ですが、こういうテーマは個人的にすごく好きで、言葉はなくとも本当に感動させられてしまいます。※私はメロドラマに弱いのです(T_T)。... more
Commented by CHANGO at 2006-11-13 21:55 x
ルナさん、観に行ったんですね。
日本人以外から見た昭和天皇ってどのように見えるのでしょうか?
とても興味がある作品です。
ロシアの監督か作った作品なので映倫も受け入れましたが、
日本人が作ったら受け入れてもらえるのかな?

やはり外国人から見た日本って、本当の日本じゃないみたいですね。
庭に鶴?がいるってどんな家庭?
鶴居村にも一般家庭にはいないですよ(笑)
Commented by cinema-can at 2006-11-13 23:55
>CHANGOさん、こんばんは〜!!
なんとも、不思議な映画でしたよ〜。
映画自体もドキュメンタリータッチで、淡々と流れていき
ヤマもなく終ったという感じでした。
庭に鶴?は(一応皇居の庭みたいでしたが・・・・(~_~;) 
最初サギかと思ったのですが、
たしかに鶴のようでしたよ〜(笑)
<< プラダを着た悪魔 DEATH NOTE デスノ... >>