カポーティ
b0020911_0415490.jpg「ティファニーに朝食を」などで
有名な作家、
トルーマン・カポーティが、
彼の代表作となる「冷血」を
執筆する経緯を描いた
ノンフィクション映画です。

1959年、カンザス州の裕福な農場主の一家四人が
惨殺される事件が起き、 新聞でその記事を読んだカポーティは
この事件を本に書きたいと、カンザスへ取材に向かいます。
やがて彼は、逮捕された犯人二人組と接触し、
犯人の一人ペリー・スミスに、強い興味を感じ
創作意欲を掻き立てられます。
壮大なノンフィクション小説「冷血」の構想は進んでいくのですが、
ペリーは殺人の理由についてなかなか語ろうとせず、
さらに小説の結末となるであろう死刑執行は、
延期されるばかりで執筆は停滞してしまいます。
彼は苦悩し、ペリーの死を恐れると同時に望むように
なっていくのです・・・。
『何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。 』

フィリップ・シーモア・ホフマンのカポーティは、
素晴らしかったです。たぶん喋り方なんかもそっくりなんでしょう。
(本人を見ていないので、たぶんとしか言えませんが・・・)
人気作家として多くの人間に囲まれていても、繊細で孤独感を
抱えてる感じがとても良く解りました。
ただ、映画自体もノンフィクションなので、
楽しめるという内容ではありませんが、
カポーティが、どんな人物だったのかを知る事ができました。

作家というのは、まったく難しいものなのですね〜。
しかし、あんな体験をすれば作品が書けなくなってしまうのも
わかるような気がしますが・・・・。
「冷血」で素晴らしい功績を得る事ができたのでしょうが、
そのために失った物もすごく大きかったという事なのでしょうね〜。
それにしても、60年代の死刑執行は結構残酷でした。

ソニー・ピクチャーズ - カポーティ←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡
[PR]
by cinema-can | 2006-10-28 00:44 | cinema | Trackback(15) | Comments(1)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/5941536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ユナイテッド シネマの都.. at 2006-10-30 10:51
タイトル : ユナイテッド シネマの都-DVD
西洋においては、「映画の父」とされるフランスのリュミエール兄弟によって発明された、「シネマトグラフ」がその始まりとされている。... more
Tracked from シミ~ズ at 2006-10-31 12:32
タイトル : Edita.jpからメンバー登録のご連絡
映画情報局のシミ~ズです。ルナさん様の素晴しい記事を是非引用させて下さい。 NGの場合はお手数ですがhttp://www.edita.jp/admin/suggest_answer.php?s=c2hpbWl6dQ==&e=c2hpbWl6dTQwNjU=&i=OTkxMQ==かサイトよりお断り頂ければ幸いです。 ... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-11-02 07:36
タイトル : カポーティ
途中ちょっとだけウトウトしてしまいましたが、94%は覚えていますよ!... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-11-03 17:23
タイトル : カポーティ/CAPOTE
『ティファニーで朝食を』の著者で有名なトルーマン・カポーティ。 ある死刑囚と出会い、現代文学最高の傑作と讃えられる『冷血』を書いた。。。 フィリップ・シーモア・ホフマンの、 魂乗り移ったような見た目のソックリ具合とそのなりきった演技が絶賛され話題先行! 実際ワタシも、内容そのものよりもどちらかというと殆どその演技を観たい!という理由で観てきましたー。            舞台は1959年、『お熱いのがお好き』が製作された年。というのがまっ先に思い浮かぶワタシですが、 実際に『ティファニーで...... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2006-11-04 19:33
タイトル : カポーティ
ノンフィクション作品を如何に文学として高めて行けるかどうかは、まさに、作者の手腕でしか為しえない一大事業である。冷血という小説はその存在は知っていたが、残念ながら読んだことも、又、映画化された同名作品を観たこともない。ただ概していえば、例えば「恋に落ちたシェイクスピア」や12月公開予定の「親愛なるべートーベン」などのような作品プロモーションで、彼等の名作完成秘話的なアプローチで紹介したり、どちらかというと視覚メディアに良く出てくる一般大衆を相手に適当なコメントでお茶を濁す映画評論家(おすピーは除く)な...... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2006-11-06 08:58
タイトル : 『カポーティ』
何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。     ■監督 ベネット・ミラー■原作 ジェラルド・クラーク■脚本 ダン・ファターマン■キャスト フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリス・クーパー□オフィシャルサイト  『カポーティ』 1959年11月15日。 カンザス州ホルカムでクラッター家の家族4人が、惨殺死体で発見される。 翌日、NYで事件のニュース記事を見た作家トルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、これを次の小説の題材にしようと...... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2006-11-11 00:27
タイトル : カポーティ
小説のタイトルが「冷血」と決まりながらも、それを言えずにいるカポーティ。 そして衝撃の施行現場を目の当たりにする事になる。 「冷血」、それは作品のタイトルでありながら、カポーティ自身を比喩しているのではないか、そう思うぐらい恐ろしく冷血な映画だった。 評...... more
Tracked from お洒落な人の本棚 at 2006-11-16 23:17
タイトル : ティファニーで朝食を
オードリー・ヘップバーン主演の映画「ティファニーで朝食を」はとても有名だけど、小... more
Tracked from とんとん亭 at 2006-11-27 21:16
タイトル : カポーティ
「カポーティ」 2006年 米 ★★★☆ 暗い映画でした。 「ティファニーで朝食を」の原作者で脚本も手がけた有名な作家、トルーマン・ カポーティ(ホフマン)が、後年ノンフィクション小説の名作「冷血」を書き上げるまでの6年間を描く。 実在したカポ...... more
Tracked from ぶっちゃけ…独り言? at 2007-02-18 05:13
タイトル : カポーティ
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) うん、凄い! 本当に凄かったです。 何が凄かったって、やっぱりフィリップ・シーモア・ホフマンでしょ。 ぶっちゃけてしまえば、ワタクシ的には大して興味(『ティファニーで朝食を』 は大好きな映画ですけど。)もない、従ってあまり面白味もないお話なのに、 こんなにも食い入るよーに観れたのは強烈な”ホフマン”力の成せる業かと。 役者のタイプ、役に対するアプローチは違うけど、ある意味『リチャード・ニクソン 暗殺を企てた男』の時のショーン・ペンを...... more
Tracked from CinemA*s Cafe at 2007-02-26 22:12
タイトル : カポーティ
公式サイト 私はこの主人公を知らないので、どれほどそっくりなのか分からないのだけど、かなりそっくりらしい。 最近のアカデミー主演賞は実在の人物だった人をどれほどそっくりに演じられるかということにかかっ... more
Tracked from Subterranean.. at 2007-04-03 14:48
タイトル : カポーティ (Capote)
監督 ベネット・ミラー 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2005年 アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ 非常に単純な生き物なので、誰かが自分の事を好きでいてくれているってだけで勇気やら自信やらなにやらかにやらモロモロが倍増する私。その反面、いったん誰かを..... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-04-07 18:42
タイトル : カポーティ−(映画:2007年43本目)−
監督:ベネット・ミラー 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズ・Jr、クリス・クーパー 評価:78点 公式サイト (ネタバレあります) 作家トルーマン・カポーティが、『冷血』を完成させるまでを描いた作品。 カ....... more
Tracked from Sweet* Days** at 2007-07-15 15:36
タイトル : 『カポーティ』
カポーティ コレクターズ・エディションフィリップ・シーモア・ホフマン (2007/03/16)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ベネット・ミラー CAST:フィリップ・シーモア・ホフマン、... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-12-26 01:51
タイトル : 映画『カポーティ』
原題:Capote 「ティファニーで朝食を」の作家が、ノンフィクション小説の新たな地平を築き上げるべく野心を持って取り組んだ問題作「冷血」・・ハードでシビアな物語・・・ トルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)が目に留めた小さな新聞記事、それは195... more
Commented at 2006-10-29 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< トリスタンとイゾルデ 「邪魅の雫」 京極夏彦 >>