ハチミツとクローバー
b0020911_23224275.gif大人気らしい羽海野チカの
同名コミックを映画化した
青春ファンタジーって
感じでしょうか!!
全員が片思いという
ピュアな作品です。

美大の建築科の竹本(櫻井翔)は、真山(加瀬亮)や
陶芸科の山田(関めぐみ)達と花本先生(堺雅人)の研究室を
中心にして楽しく学生生活を送っている。
そんなある日、花本宅で開かれた飲み会で、
花本の姪、油絵科のはぐみ(蒼井優)に出会い、一瞬で恋に落ちてしまう!
しかし、彼女は海外から突然戻って来た彫刻科の先輩
森田(伊勢谷友介)にどうも心を動かされているようす・・・・。

今の時代にしては、ファンタジーと言えるくらい
ピュアな青春物語なのです!!
でも、ほのぼのとしたやさしい気持ちになれました。
劇中に出てくるはぐみの作品は、MAYA MAXXさんの
作らしいですが、すご〜く素敵でした。
スピッツの「魔法のコトバ」がかかった時は、
なんだかテレビドラマ「白線流し」を思い出してしまいました。

原作は読んだ事なかったけど、絵も可愛いし
今度是非読んでみたいと思いました。

映画『ハチミツとクローバー』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとり言)
私も、三流ですが美術系の学校の出身なので、
なんだか学生時代を思い出して、すご〜く懐かしい気分になりました。
あんなにのんびりと自由ではなくて、
どちらかと言うと課題の提出に追われる毎日でしたが・・(^^;)
でも、あの頃知り合った友人は、今でも大切な友達ばかりです。
みんなかなり個性は、強いですが・・・・(笑)
[PR]
by cinema-can | 2006-08-02 23:41 | cinema | Trackback(15) | Comments(10)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/5403213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-08-03 00:09
タイトル : ハチミツとクローバー
『頭文字D』の主役の車はハチロクだが、この映画の略はハチクロ。『NANA』のハチは宮崎あおいだが、この映画のはぐみは蒼井優だ。と、ろくでもない書き出しになってすみません。... more
Tracked from ねこのひたい〜絵日記室 at 2006-08-03 23:27
タイトル : 『ハチミツとクローバー』
四つ葉のクローバーは、葉に白いスジのないシロツメクサの群生から探すと見つけやすい。 ... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2006-08-04 00:14
タイトル : ハチミツとクローバー
幅広い世代の支持を得る、羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。美大に通う男女5人を中心に、甘酸っぱい恋と青春の物語が展開する。主人公・竹本を演じるのは人気グループ「嵐」の櫻井翔。そのほか、『雪に願うこと』の伊勢谷友介、『花とアリス』の....... more
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2006-08-04 18:26
タイトル : 芸大生が原作読まずに観た「ハチミツとクローバー」(+ちょ..
  まさに期待を裏切られた、良い意味で。邦画の良さを、芸大の良さを、恋の良さを、ストレートに感じた瞬間だった。ハチミツとクローバー、原作の漫画ファンでもないし、公開場所も時間も少ない(近畿は梅田ブルグへ急げ)が、是非お勧めしたい一作である。 邦画の良さ アスミックエースという映画製作会社は、本当に今の邦画人気を支えている良い仕事をしているな、としみじみ思う。「ピンポン」「ジョゼと虎と魚たち」「真夜中の弥次さん喜多さん」「メゾン・ド・ヒミコ」「間宮兄弟」など、この映画の企画・プロデュー...... more
Tracked from halftime ハーフ.. at 2006-08-04 22:39
タイトル : 映画・ハチミツとクローバー
今日は、父と一緒に映画を見に行ってきます☆ 父は毎週土曜日に映画を見に行っています。 いつもは一人で…。先週は「日本沈没」を 見に行きました。そして、あらすじを 私に話す!! 「みなみ、日本は沈没しかけたが、 最後まで残ったのは○○○だった。」 話さないでくれ〜〜〜! 一番まいったのは 「みなみ、ダヴィンチ・コードは ○○○○○だった。」 それ、知っちゃったら本を読む楽しみも… もぉぉ〜〜! 今日は 「ハチミツとクローバー」 蒼井 優(あおいゆう)...... more
Tracked from ひるめし。 at 2006-08-06 13:59
タイトル : ハチミツとクローバー(映画館)
恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった 恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい CAST:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 他 ■日本産 116分 昨年「NANA」がヒットしたため?なのか知らないけど、今年も少女漫画の実写化の映画が多いな~。 そういえば、「NANA2」はハチ役は宮崎あおいちゃんから市川由衣ちゃんに交代して続編決定らしい。 ま~、ワタシ自身「NANA」は別に思い入れがある映画じゃないんで誰がやってもいいんだけどね・・・。 「笑う大天使(ミカエル)」「ラブ★コン」...... more
Tracked from ハチミツ生活ハッピーハニー at 2006-08-11 21:54
タイトル : ハチクロ映画の画像をゲットしたよ
ハチミツとクローバー 映画大ヒット公開中... more
Tracked from soramove at 2006-08-12 23:09
タイトル : 「ハチミツとクローバー」すれ違う切ない気持ちを思い出す
「ハチミツとクローバー」★★★☆ 櫻井翔 、蒼井優 、伊勢谷友介 、加瀬亮 、関めぐみ主演 高田雅博 監督、2006年 原作は読んだことはない。 この映画を見ようと思ったのはズバリ、蒼井優だ。 宮崎あおいほど、まだはっきりとした存在感を 映画で示していないが...... more
Tracked from お父さん、すいませんして.. at 2006-08-20 19:31
タイトル : [映画]ハチミツとクローバー
つうか、マンガ原作の映画、ドラマって最近ものすごい数ですよね。 個人的に「日本のマンガは文学である」、だから電車の中でオヤジが読んでいても何も不思議はないのだよ、分かったかね外国の論評家ども、と思っているので、当然のことです。 15年くらい昔にあったドラマ... more
Tracked from ケントのたそがれ劇場 at 2006-09-09 11:51
タイトル : ハチミツとクローバー
★★★☆ 観客がマバラなせいか、季節外れの半袖シャツのせいか、まるで冷凍室に閉じ込められたようにクーラーが冷たい。 この映画の原作は少女マンガらしい。そしてそれとなく始まり、それとなく終わってしまった。始まりもなく終わりもない感じだ。 ハチミツとクローバー... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2006-11-25 00:06
タイトル : ハチミツとクローバー
ラブ・ストーリーというより青春映画といった感じだが、どうしても櫻井翼をフィーチャーしたアイドル映画の粋を越えていないような気がする。 とはいうものの、「美術」と「青春」を上手くミックスして片思いの切なさをきれいに表現している。簡単にあきらめて次狙うと言う...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-05-27 05:31
タイトル : 「ハチミツとクローバー」 素直な恋ごころを忘れたくない
大学はデザイン系でした。 映画の中で描かれているように学内のそこかしこで、誰かが... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-08-22 01:11
タイトル : 映画『ハチミツとクローバー』
人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった、まいっちゃうな・・たまたま並んでいたスピッツの『ハチミツ』とスガシカオの『クローバー』、その2枚のアルバム・・・ 竹本祐太(櫻井翔)は花本はぐみ(蒼井優)に一目惚れ、森田忍(伊勢谷友介)もまた、はぐみに興味を... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2007-09-11 09:49
タイトル : ≪ハチミツとクローバー≫
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) ¥4,260 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/09/08) 製作年度 2006年 上映時間 116分 監督 高田雅博 原作 羽海野チカ 出演 櫻井翔 、伊勢谷友介 、蒼井優 、加瀬亮 、関めぐみ 、堺雅人 、西田尚... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2008-01-17 20:58
タイトル : ハチミツとクローバー&貧乏男&BLEACH
貧乏男は21個もサークル入る一美が借金を返済のため箱のり付け作業で 200万個以上は大変も友達を呼び達成も友達に日当5千円を払う事になり 初回を見たけども一美は人が良いと言うかタダのバカにしか見えない状態で BLEACHは石田&ペッシェが協力の様な漫才の様な感... more
Commented by kossy at 2006-08-03 00:07 x
おお美術系!
今の世の中だとデザイン専門学校なんかのほうが就職に有利そうですよね。俺も若ければ、そういった道に進みたい・・・などと思いつつ稚拙な絵で笑いをとるところは同じ結果になるような・・・
Commented by cinema-can at 2006-08-03 00:33
>kossyさん
実際の美術系の学校は、あんなに自由に作品を
製作できる感じではありませんから・・・・(=_=;)
ちなみに私はデザイン科だったせいか
毎回、課題があるのでその作品を作らねばなりません。
まあ、自由な作品も自分で描こうと思えば描けますが、
なかなかそこまで、経済的にも時間的にも余裕がなかったです。
油絵科なんて・・・ほとんど就職できませんよ〜(曝!)
せいぜい美術の先生になるくらいかなぁ〜。
まあ、はぐみちゃんくらいの天才的な才能があれば別ですが・・(笑)
Commented by bacchus_36 at 2006-08-03 18:35
ルナちゃん、またまた 久しぶりっ♪
ご無沙汰続きで ホント 申し訳ないっす。

【はちくろ】 はね~ コミックも全巻読んだし
アニメも ずっと見てたんだよ(^-^)

大好きなんだなぁ…

だから、 映画は 見るかどうか 思案中なのです。
Commented by cinema-can at 2006-08-03 23:40
>桜乃ちゃ〜〜ん
ホント久しぶりだぁ〜!生きてた〜?よかった!(笑)
【はちくろ】コミックおもしろそうだよね〜。
今度、時間ができたらまとめて読んでみるつもりです!!
映画はね、割と良かったと思うけど、私は原作読んでないからなぁ〜
もしかしたら、イメージ違うかもしれないねぇ〜。
DVDで見るってくらいがいいのかも・・・・(´-`)
Commented by にら at 2006-08-04 09:04 x
青春のあるあるネタ満載でしたね。

ちなみに、ウチの大学は文系でしたけど、いました、伝説の先輩、ってやつが。さすがに8年も通ってはいなかったけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
Commented by cinema-can at 2006-08-04 23:59
>にらさん
あんなに自由ではなかったけど、なんとなく学生時代を
思いだして懐かしい気持ちになりましたよ〜。
「伝説の先輩」ですか!!〜
そういう人って、どこにでも1人はいるものですねぇ〜(笑)
Commented by 宮本みなみ at 2006-08-05 08:35 x
ルナさんおはようございます♪
相互TBありがとうございます♪

ハチクロ、よかったです。
ルナさんは美大出身なのですね〜!
私は美大にあこがれていましたよ〜!
森田先輩かっこ良かったです(^_^)

私、今HPでウェブ漫画「咲くら」
というものを描いております。
塾講師という職業柄
受験をテーマにした漫画なのですが
ご覧いただければ幸いです♪
それでは♪
Commented by cinema-can at 2006-08-05 22:45
>宮本みなみさん
はい、三流ですが一応美大です。(~_~;)
ハチクロみたいに、りっぱな学校ではありませんが・・・。
宮本さんは、塾講師なんですね。
「咲くら」は、今度ゆっくり読ませていただきますね。
Commented by aju at 2006-08-08 23:35 x
ルナさん、こんばんは~
「白線流し」といい、スピッツの曲は青い春なドラマにピッタリですよね。

ちょっと前に「魔法のコトバ」がグルグル頭の中を駆け巡り過ぎて、それを解消する為、観に行こうか迷ってたんですが、時間もないのでレンタルでのんびり観てみようかと思ってます。
私も漫画が先だから、どうしても付いたイメージが抜けないといいますか。。
出てくる雑貨類もカワイイと聞いたので、その辺もソソられるものの・・・

あ、漫画も面白いですよ!是非ゼヒ読んでみて下され。
お笑いドコロもあるし・・・そうだ、
ルナさん、映画版はギャグちっくに笑える所もあったりしますか?
Commented by cinema-can at 2006-08-09 00:30
>ajuさん、こんばんは!(*^^*)
ajuさんも原作ファンなんですね〜。今度時間ができたら
まとめてぜひ読んでみようと思います!!
スピッツの「魔法のコトバ」、映画にマッチしていましたよ〜。
だから、余計頭の中グルグルしてしまうかも・・・?(笑)
う〜〜ん、ただマンガのイメージが強いと、
やっぱりちょっと違うのかもしれませんねぇ〜。
ギャグちっくに笑える所かぁ〜、そうだなぁ〜
ギャラリーオーナーのおかまの兄弟とか
真山のスト−カ−行為とか、笑えるトコは多少ありました。
でも、どちらかというと全体的にほのぼのした感じの
映画でした。まあ、DVD鑑賞でもいいかもしれません。
<< 「天使と悪魔」上・中・下 ダン... ゲド戦記 >>