ゲド戦記
b0020911_0541030.jpg♪夕闇迫る雲の上、
いつも一羽で飛んでいる〜
鷹はきっ〜と悲しかろ・・・♪
印象に残ったには、
このテルーの歌と
鮮やかな映像くらいかな〜〜〜。

わざわざ、宮崎吾郎第一回監督作品と名をうって、
派手な宣伝の作品ですからね〜。
まあ、正直最初からあんまり期待はしていませんでしたが、
ジブリ作品の本線は保っていました。
でもね〜、ほとんど笑いもなく・・・
あまり温かさを感じることはできませんでした。
(可愛い動物とかも出てこないしね・・・)

ストーリーもちょっと解りにくかったし、
「この時代を、まっとうに生きる」という
メッセージを込めて作られたとの事でしたが、
なんだかなぁ〜!いまひとつピンと来なかったです。
全体的になんかちょっと残念な作品でした。

ゲド戦記←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとり言)
いきなり、アレンが父親を殺すシーンはどうなのかな〜。
(原作ではそんな事しませんよ・・・・)
思わず・・・、宮崎親子の微妙な関係を感じてしまった!!
まあ〜考え過ぎですから・・・・(^^;)
[PR]
by cinema-can | 2006-07-31 01:03 | cinema | Trackback(49) | Comments(9)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/5381964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ネタバレ映画館 at 2006-07-31 01:37
タイトル : ゲド戦記
 父親に反対され、そのために親子の確執が生まれる・・・で、いきなり殺したのか。... more
Tracked from ネット収入で夢をドンドン.. at 2006-07-31 02:15
タイトル : ゲド戦記
長谷川です。 29日(土曜)に公開された ゲド戦記 一大ファンタジー映画ということで大期待の中公開されましたね^^ ... more
Tracked from STABLO.G|スタブ.. at 2006-07-31 03:45
タイトル : 映画 「ゲド戦記」 鑑賞レポート
映画「ゲド戦記」鑑賞レポート 「今回は止めておこう。」と、多忙な日々を送る中で諦めていた映画「ゲド戦記」の初日鑑賞。 しかし、最近の作品は全て初日公開に足を運び続けてきたという妙なプライドが、公開前日に迷いを呼び起こす。 この日は久し振りに友人にダー....... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2006-07-31 05:47
タイトル : 『ゲド戦記』(2006)
スタジオジブリファンの人は安心して良いでしょう。立派な後継者の誕生です。例えて言えば、山田康雄亡き後、栗田貫一が『ルパン三世』を引き継いでいるようなものです。 ついでに原作が、『指輪物語』や『ナルニア国ものがたり』と並んで<世界三大ファンタジー>と称されている程の作品だということも忘れた方が良いでしょうね。「ジブリだ~い好き♪」という人、「ジブリ作品に駄作などあり得ない」と信じている人は劇場に足を運んで下さい。 一方、「あのアーシュラ・K.ル=グウィンの『ゲド戦記』の映画化である!」ということ...... more
Tracked from Saturday In .. at 2006-07-31 09:53
タイトル : ゲド戦記
 日本  アニメ&ファンタジー&ドラマ  監督:宮崎吾朗  出演:(声の出演)      岡田准一      手嶌葵      菅原文太      田中裕子 多島海世界アースシーでは西海域の果てに棲む竜が突如、人間の住む東海域に現 われ共食いを始めた。それ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2006-07-31 10:51
タイトル : ゲド戦記
深みに欠ける部分はあるけれど, 絵画的な背景で展開される人間ドラマが, ゆったりと心地よく,LOHASな気分に浸り, 響くメッセージは胸を打ち,二カ所で涙。 ... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2006-07-31 10:53
タイトル : 今の日本社会に向けたメッセージ。『ゲド戦記』
国を捨て、影に怯える王子アレンと、魔法使いである大賢人ハイタカ(ゲド)の物語です。... more
Tracked from playtcafe*ci.. at 2006-07-31 11:45
タイトル : ゲド戦記
 story竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、世界の均衡が崩れはじめた多島海世界アースシーで、エンラッド王子アレンは父王を刺して国を飛び出した。その旅の途中、ゲド(ハイタカ)と出会う。2人は共に旅をし、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。...... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2006-07-31 23:51
タイトル : ゲド戦記・・・・・評価額1050円
「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶ三大古典ファンタジーの一つ、アシューラ・K・ル=グィン原作の「ゲド戦記」シリーズ初の映画化・・・・ではない。 一応、原作の三巻「さいはての島へ」をベースとしてはいるが、はっきり... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2006-08-01 03:57
タイトル : ゲド戦記
ジブリの最新作は、宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』。原作は、『指輪物語』『ナルニア国物語』とならび称される、世界的ファンタジーの傑作『ゲド戦記』(清水真砂子訳・岩波書店刊)。 監督は、宮崎吾朗。『ゲド戦記』の企画に際しては、自ら絵コンテを執筆するなど制作....... more
Tracked from ☆★☆風景写真blog☆.. at 2006-08-01 06:17
タイトル : 『ゲド戦記』鑑賞!
『ゲド戦記』鑑賞レビュー♪ヽ(´・ω・`)ノ 命を大切に しないやつなんて 大っ嫌いDA!!!! by テルー 世界の均衡を崩す者の正体を つきとめる旅に出た大賢人ゲドが 国を捨てた王子アレンと出会う ★review★ 本作は、宮崎駿のご子息 "宮崎吾朗"の 初 監督作品!ヾ(☆‘∀‘☆) 映画は期待して 観るもんじゃない が 僕の信条です 試写会での反応は???? 様々だったようですが ( 観賞後知ったヽ(@д@;)...... more
Tracked from 土曜の夜は・・・ at 2006-08-01 21:22
タイトル : ゲド戦記
story  ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新... more
Tracked from soramove at 2006-08-03 10:50
タイトル : 「ゲド戦記」この映画を見てタイトルを理解するのは難しい
「ゲド戦記」★★★ 岡田准一、手嶌葵 声の出演 宮崎吾朗監督、スタジオジブリ作品、2006年 大宣伝をかけたジブリの新作。 珍しく公開初日に見た、 劇場はこのあたりでは一番大きなハコ。 600席の8割が埋まっている。 ハリウッド映画好き、 邦画はあまり見な...... more
Tracked from しんのすけの イッツマイ.. at 2006-08-03 22:57
タイトル : 「ゲド戦記」
「ゲド戦記」、 アニメ作品として制作されたのですから、 もっと爽快に、スカッとさせて欲しかったな~というのが本音でした。... more
Tracked from 映画と秋葉原とネット小遣.. at 2006-08-03 23:21
タイトル : 『ゲド戦記』2006・7・30に観ました
?2006 二馬力・GNDHDDT 『ゲド戦記』   公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に人間界にさまざまな災い起こるようになる。災いの源を探る旅に出てる大賢人ゲド(通称ハイタカ)(菅原文太)は、道中で国... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2006-08-03 23:56
タイトル : 【劇場映画】 ゲド戦記
≪ストーリー≫ 竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続け、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。しかしテナーと共に住んでいた少女・テルーは、心に闇を持ち自暴自棄となるアレンを嫌悪するのだった…。(goo映画より) 原作先行型の私としては、今回の映画もあまり期待はしてなかったのですが、鑑賞後...... more
Tracked from よしなしごと at 2006-08-04 00:10
タイトル : 「ゲド戦記」見てきました
 宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗初監督作品ゲド戦記を見てきました。... more
Tracked from ランチママの徒然日記 at 2006-08-04 00:11
タイトル : 「ゲド戦記」を見に行きました。
まずビックリしたのが、ガラガラだったこと!びっくりです・・・。MOVIXの一番大きなシアター(518席)での上映だったのに多分50人くらい・・・(~_~;)いくら平日のお昼の回だとは言え、これはないでしょう・・・。まだ公開して1週間たってないし、夏休み中ですよ!確かにネット上で見る評価は、どれもびっくりするくらい酷評なんですよね。見ての感想は、まず画がかなり初期のジブリみたい。未来少年コナンとか... more
Tracked from 映画★特典付き前売り券情報局 at 2006-08-05 01:25
タイトル : ゲド戦記/感想
2006年07月29日公開のアニメ映画「ゲド戦記」を見ました。 * ネタバレあり * 見終わって最初に思ったことは、パパ・宮崎駿さんが作ったらどんなだったかな〜?と…ナンセンスなことですがね。 ストーリーは均... more
Tracked from ば○こう○ちの納得いかな.. at 2006-08-05 02:46
タイトル : 「ゲド戦記」
幼少時は人並み以上にアニメ番組を見ていた事を考えると、自分はかなり異質な人間なのかもしれない。と言うのも、スタジオジブリが手掛けた作品で実際に見た事が在るのは、「となりのトトロ」と「火垂るの墓」、そして「おもひでぽろぽろ」の3作品だけなのだから。「火垂るの墓」は何度も見ており、その度に滂沱してしまう程思い入れの強い作品だが、他の2作品は1度しか見ていない。「となりのトトロ」を見たのも僅か1年前という状況で、「天空の城ラピュタ」や「もののけ姫」、「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」等は見ようという気...... more
Tracked from オレメデア at 2006-08-05 11:04
タイトル : ゲド戦記(7月29日公開)
西の海の果てに棲む竜が,人間の世界に現れた. それと時を同じくして,作物が枯れ,家畜が倒れていく. ゲド(ハイタカ:声・菅原文太)は,その原因を探る旅の途中,ある国の王子アレン(岡田准一)に出会う. アレンは,どこかに『影』のようなものが感じられた.... more
Tracked from バイヤーKENの全力疾走.. at 2006-08-06 20:52
タイトル : ゲド戦記
見終わった後、wikiで調べてみたところ、このゲド戦記(原題はEARTHSEA)は世界三大ファンタジーと言われているらしく、他の二つが指輪物語(Lord Of The Ring)とナルニア国物語。なるほど。 で、今回のスタジオジブリのゲド戦記はその中の第三作目の「さいはての島へ(The Fa... more
Tracked from future world at 2006-08-06 23:52
タイトル : ゲド戦記
う〜ん・・どうなんだろう。。 あまりにも壮大な物語、壮大なテーマすぎて2時間という枠で納得させることが無理なのかもしれない。 「世界の均衡は崩れようとしている」「人間のあたまがおかしくなっている」〜〜 まさに今この時代そのもの。 「永遠の命なんて」「寿....... more
Tracked from やまたくの音吐朗々Diary at 2006-08-07 05:36
タイトル : 私的考察 映画「ゲド戦記」
スタジオジブリ発、宮崎駿監督の長男である宮崎吾朗氏の第1回監督作品「ゲド戦記 」観賞。 この映画は一幅の掛け軸のようだ。 示唆に富んでいる... more
Tracked from Aのムビりまっ!!!(映.. at 2006-08-07 21:09
タイトル : ゲド戦記
評価:★4点(満点10点)   監督:宮崎吾朗 主演:岡田准一 手嶌葵 田中裕子 小林薫 夏川結衣 2006年 115min かつて人と竜はひとつだった。 世界の均衡(バランス)が崩れつつある、、、。 災いの源を探る旅に出た大賢人ゲドは、心に闇をも....... more
Tracked from 絵のない絵日記 at 2006-08-08 00:54
タイトル : ゲド戦記
原作:アーシュラ・K・ル=グウィン 監督:宮崎吾朗 アレン:岡田准一 ゲド:菅原文太 テルー:手嶌葵 多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う。 とても面白かったです。 「宮崎アニメの後継者」を期待していた人にはイマイチだったかもしれませんが、「脱宮崎アニメ」を...... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-08-08 20:42
タイトル : ゲド戦記
 前評判が芳しくない公開作品が目立つ中で、ひときわ酷評に晒されている本作も、観ようか観るまいか少し悩みました。  その結果は、それほどのこと... more
Tracked from Simply Wonde.. at 2006-08-08 22:20
タイトル : 『ゲド戦記』
「心を何に喩えましょう」 映画を見終わって劇場に後にして、そして、数日がたった今でもなお、澄みきった歌声が頭の中でリフレインしています。 とても印象的な映画だったと思います。 「ゲド戦記」 メッセージ性が強い作品だなぁ~と言うのが、一番の印象。 CMや劇場予告などで良く目にするシーン。 “命を大切にして欲しい”や、社会への提言等…、登場人物たちの口から話されるこれらのメッセージはやや直接的な印象を受けたものの作り手の強い気持ちの込められた言葉だと思いました。 そしてそれを聞く側にあたる、...... more
Tracked from ☆えみたんの日記帳☆ at 2006-08-10 03:36
タイトル : 『ゲド戦記』
この前友達と「ゲド戦記」を見に行ってきたよぉ~♪ ストーリー 島と海の世界、アースシー。 ある日、西の果てに棲む竜が人間の住む東の海に現れ、同時に世界中でさまざまな異変が起こるようになる。 災いの源を探る旅に出た大賢人ゲドは、道中で国を捨てた王子アレンと出..... more
Tracked from 雪華と、うふふ at 2006-08-11 18:08
タイトル : 問題の「ゲド戦記」見てきたよ。
はい、こんばんは。 いろいろ物議をかもしている「ゲド戦記」 見てきました。 悩む〜。あっぷするのにすごい時間かかってます。 偏見のかたまりの自分自身が面白くないなあって、 思った映画はDVDでも、山ほどあって、それは、 ブログには、書いていません。否定的な...... more
Tracked from ブログ:映画ネット☆ログ.. at 2006-08-11 18:18
タイトル : ゲド戦記
映画、ゲド戦記を見てきました。前評判は、あまり良くない声もききましたが、分かりやすくて 良かったです。印象としては、ジブリ作品じゃない感じがしたのでそこらへんが評判が イマイチ声がきこえてくるところじゃないでしょうか。 ハイタカは、優しくて、強くてかっこよかったです。一つ一つの言葉に重みがあり心を打たれました。 アレンの張り詰めている糸が切れそうな感じが良かったです。岡田君の声とも合ってましたしね。 夏にジブリの作品をみると、夏休みだなぁって実感がわきますね。... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-08-12 04:04
タイトル : ★「ゲド戦記」
8/1映画の日、夜7:45~の回で見てきました。 1000円の日だし・・・ ジブリだし・・・ 混むかな・・と思ったので、久しぶりにネット予約。 ひらりんの前に20名ほど席が埋まってました。 上映前になって約8割の入り・・・ってとこでしょうか。... more
Tracked from ひるめし。 at 2006-08-12 08:39
タイトル : ゲド戦記(映画館)
かつて人と竜はひとつだった。 CAST:岡田准一/手嶌葵/田中裕子/小林薫/夏川結衣/菅原文太 他 ■日本産 115分 原作読んでないのが悪いのか、なにがいいたいのかよくわからなかった・・・。 竜と人の話? 少年の心の葛藤の話? 少年とおっさんの旅物語? 少年と少女の初恋物? 魔法使いのお話? 色んな要素がいっぱい入ってて話がブツブツ切れてた気がした。 とりあえず「命を大切に」ってことかい? 最近のジブリはなんだか説教くさいね・・・。 もっと子供も大人も楽しめる作品にしなちゃダ...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2006-08-13 02:37
タイトル : ゲド戦記
ジブリが久々骨太の作品を映画化したので観にいきました。 とは言っても原作は未読。( ^ _ ^; しかしいきなり評判悪いですね、この作品。汗 でも観ないとわからん。というわけで映画館へ。 多島海世界「アースシー」。 人間界には現れなかった竜が現れた。 聖なる生き物... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2006-08-13 15:27
タイトル : 真・映画日記『ゲド戦記』
8月12日(土) 10時に起きる。 10時半に近所の床屋に予約を入れていたので 急いで身支度をする。 予約の時間通りに床屋へ。 髪を指に挟んで少し出るくらいまで 短くしてもらう。 夏だからさっぱりした方がいい。 ちょうど一時間で店を出る。 駅前のTSUTAYAに『ヴェラ・ドレイク』を返却し、 上野に向かう。 東京国立博物館で開催している 「若沖と江戸絵画」(本当は沖じゃないが漢字変換ができないので代用)を観る。 伊藤若沖の作品を中心に江戸時代の 掛け軸や屏風...... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2006-08-15 22:51
タイトル : ゲド戦記 2006-43
「ゲド戦記」を観てきました〜♪ 人間界に現れるはずの無い竜が出現した、それを機に様々な異変が起きる。世界の均衡が崩れつつあると予感し、旅に出た大賢人のアシタカ(声:菅原文太)は、父親を刺して逃亡中の王子アレン(声:岡田准一)と知り合った。アシタカは、アレンに一緒に旅に出ようと誘う・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、天空に竜が現れるかも!?... more
Tracked from The Final Fr.. at 2006-08-17 14:42
タイトル : ゲド戦記/TALES from EARTHSEA(200..
どんなに悪評が漂っていても、話題作には変わりなし。仕事で観てきましたよん☆ ゲド戦記多島海世界“アースシー”では、西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の住む東海域に現われ共食いを始めた。それに呼応して、世界ではさまざまな異変が起こり始める。世界の均衡が崩れ..... more
Tracked from Tokyo Sea Side at 2006-08-19 00:34
タイトル : 「ゲド戦記」
ジブリ好きなので、今回の「ゲド戦記」はとても楽しみにしていました。…しかし前評判通り、正直あまり良い出来とは言えませんでした。まず話の前後がぽっかり抜けている為、主題が何なのかよく分からず疑問がたくさん残ります。またセリフが説明口調で堅い。ジブリの持ち味というのが全然活かされていないように感じます。やはり宮崎駿でないとダメなのかな?と思わせる作品でした。 …それでも「テルーの唄」はやたら耳に残ります(笑) [:URL:] 『ゲド戦記』... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-08-20 00:54
タイトル : ゲド戦記 06年165本目
ゲド戦記 2006年   宮崎吾朗 監督   アーシュラ・K・ル=グウィン 原作岡田准一 、手嶌葵 、田中裕子 、菅原文太 、風吹ジュン 原作ものですよね。人間と魔法使いと竜が存在するんですよね。 息子さんが、初めて監督したんですよね。 てか、やっぱり、お子様...... more
Tracked from Tokyo Bay Side at 2006-08-21 22:16
タイトル : Tales From Earthsea
『ゲド戦記』 前評判を見る限りあまり期待しない方がいいのは分っていましたが、それでもなぜか期待してしまうのがスタジオジブリ。けれど今回ばかりはガッカリと言わざるを得ません。状況説明は全部セリフで言ってしまうし、場面転換も荒削り、ジブリ映画に欠かせない“愛くるしいキャラ”もこの作品には一切登場しませんでした。命の大切さを説くならば、ジブリ映画で父殺しは止めて欲しかったです。 [:URL:] 『ゲド戦記』... more
Tracked from ぶっちゃけ…独り言? at 2006-08-26 06:47
タイトル : ゲド戦記
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ワタクシ、年に数回「ジブリ強化月間」と称してジブリ&宮崎駿作品を片っ端 から観まくるくらいに”ジブリ好き”です。 実は最近も6月から7月にかけて「ジブリ強化月間」を実施したばかりでして・・・ ジブリに対する思い入れが強い分、この作品も観る前から色々と思うところは あったんですよね~。 ま、映画化の話を自ら持ち込んだはずの原作者ル=グウィンが映画の出来に 不満を持っているとか、監督がこの業界では全くの素人であるとか、キャストが タレン...... more
Tracked from ヘーゼル・ナッツ☆シネマ.. at 2006-08-30 11:04
タイトル : 『ゲド戦記』★☆・・・
『ゲド戦記』公式サイト制作データ;2006日/東宝 ジャンル;アニメ上映時間;115分監督;宮崎吾朗声出演;岡田准一/手嶌葵/田中裕子/香川照之/菅原文太観賞劇場:8/27(日)チネチッタ川崎◆STORY◆アースシーでは、さまざまな異変が起こり始めていた。竜が共食いを始め、...... more
Tracked from わたしの見た(モノ) at 2006-09-02 13:07
タイトル : 「ゲド戦記」
「ゲド戦記」 8月中旬に鑑賞していたのだが、なかなか本作品について語る気になれなかった。 正直、スタジオジブリ最新作と言わなければ、 単に私とは相性が悪かった、その程度済ませることが出来た。 宮崎駿監督が世に送り出した、 「風の谷のナウシカ」、「「天空の城ラ... more
Tracked from Extremelife at 2006-09-08 17:07
タイトル : ゲド戦記
ル=グウィンの名作ファンタジー『ゲド戦記』をスタジオジブリが映画化した長編アニメーション。巨匠・宮崎駿監督の息子=宮崎吾朗の第一回監督作品。声の出演は主人公アレン役に岡田准一、ヒロインのテルー役には新人・手嶌葵。 久々の映画記事更新ですぅ!実はコレ7...... more
Tracked from ジブリトラックバック at 2006-09-17 13:44
タイトル : ゲド戦記
「ゲド戦記」に関する記事を書いたらトラックバックしてください。 トラックバックURL : http://ghibli-movie.jugem.jp/trackback/15 公開 2006年 主なスタッフ 原作...... more
Tracked from CinemA*s Cafe at 2006-09-21 20:20
タイトル : ゲド戦記
http://www.ghibli.jp/ged/なんか意味分からず。 本当の名前っていったいなに? しかもお父さんのことを殺しているらしいのに、なんか正々堂々と生きちゃって闘っちゃって君はいったいなんなの?という気持ちが... more
Tracked from オイラの妄想感想日記 at 2006-11-17 09:16
タイトル : ゲド戦記
宮崎吾朗は本当にアニメを撮りたかったのかな。 ジブリの商売に利用されただけだったら可哀想だな。 宮崎吾朗はジブリじゃなく違う制作会社で作ればよかったのに。 妄想感想いきます! ... more
Tracked from 20XX年問題 at 2007-05-04 12:26
タイトル : ゲド戦記
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2008-07-19 20:45
タイトル : ゲド戦記&銀魂&魔王&クソ投手陣で3連敗
ゲド戦記は先週の金曜ロードショーでして17日の午後から見たが 結論から言えば映画館に行き鑑賞しなくて良かったと凄く思うね 内容はゲドの旅にアレンが加わり魔女など出てくる感じだった 冒頭からとか言われてもイマイチ分らん言うか説明が少なく ジブリ作品だったけ... more
Commented by パピのママ at 2006-08-01 03:56 x
こんばんは!やっと観てきました。ガッカリです!。それでも会場は子供連れで混んでいましたよ。
やはり、お父さんにはまだまだ、ほど遠い~・・・と思いました。
Commented by cinema-can at 2006-08-01 23:19
>パピのママさん
う〜〜〜ん、そうなんですよね〜、ジブリ作品ですからね〜
劇場は、満席!お子ちゃまはいっぱい!!ですよね!!
ただ、作品はちょっとがっかりでしたよね〜(´д`)〜〜〜
やはり・・・父は超えられないかも・・・ですね。
Commented by ランチママ at 2006-08-05 10:54 x
こんにちわ♪
いつも見させていただいています。(^^)
「ゲド戦記」はやっぱり、ちょっと残念でした。
いい題材の映画だと思うのですが。
冒頭の龍同士の共食いのシーンは何かに繋がるのかと思ったら
それっきりだったし、アレンが何故父親を殺したのかも理由がハッキリしませんでしたよね?!
何かと「?」を残した映画でしたが、ウチの子供はそれなりに心に響いたものがあったようで、「私、ハウルより好きかも・・・」と言っています。(笑)
Commented by ランチママ at 2006-08-05 10:55 x
言い忘れました。リンクさせて下さい。
よろしくお願いします!
Commented by cinema-can at 2006-08-05 23:05
>ランチママさん、こんにちは!!
そうですね〜、やはりあれだけ長い原作をまとめる
わけですから、しかたないのかも知れませんが、
なんかちょっと残念な感じでしたね。
でもお子様には、受けが良かったようですね〜。
観る人の年齢によっても、違ってくるのかもしれませんね。
リンクの件、了解です!!ありがとうございます。
こちらからも、リンクさせていただきます。
Commented by はっち at 2006-08-16 16:38 x
TBどうもでした~♪
>宮崎親子の微妙な関係を感じてしまった!!
鋭い!ココが吾郎監督が一番描きたかった部分なのかも・・・
Commented by cinema-can at 2006-08-17 00:03
>はっちさん
こちらこそ、どーもです!!
やはり・・・あの父親殺しには意味が・・・・って
ないですから・・・たぶん!(笑)
命を大切に!ってトコを強調したかったのかなぁ〜。
Commented by odin2099 at 2006-08-27 20:58
案の定というか、原作者からコメントが出されましたね。
まぁあの内容に満足しているとは思っていませんでしたが・・・(苦笑)。
Commented by cinema-can at 2006-08-28 02:40
>Excalburさん
あら、とうとう原作者からコメントが出たんですか!!
う〜〜〜ん、原作者はやはり納得していなかったのかな〜?
<< ハチミツとクローバー パイレ−ツ・オブ・カリビアン ... >>