ゲド戦記 1〜4巻 アーシュラ・K・ル=グウィン 清水真砂子訳
b0020911_0125274.gifスタジオジブリで、
もうすぐ上映される
「ゲド戦記」の原作本の4巻まで
読んでみました。
ちなみに、全部で6巻あります。
5巻と外伝は今回スルーしました。

無数の島々と海からなるアースシーを舞台とした
魔法使いゲドと彼に関わる人々の物語です。

第1巻:影との戦い
少年から青年時代のゲドの物語。
類いまれない魔法の才能にあふれるゲドは、
その慢心から呼び出してしまった「死の影」に
脅かされることになってしまいますが、
師オジオンの助言により、その「死の影」と対峙します・・・。

第2巻:こわれた腕輪
アチュアンの墓所の大巫女の少女・テナーが中心の物語。
その墓所へ、二つの破片が合わさったとき
世界に平和をもたらすとされる「エレス・アクベの腕輪」の
片割れを求めて、ゲドが現われます・・・・。

第3巻:さいはての島へ
大賢人となったゲドは、世界の均衡が崩れた災いの源を断つため、
エンラッドの若い王子・アレン(レバンネン)をともなって
最果ての地におもむき、死力を尽くして戦うことに・・・・。

第4巻:帰還
平和と秩序を回復するため全力を出しきり、
魔力を失ったゲドは、大賢人の地位を自ら降り、故郷の島に帰って来ます。
そこで未亡人となったテナーと、
虐待され焼き殺されかけた少女テルー(テハヌー)と出会い
生活することになるのですが・・・・。

全体的に、なんとなく地味なファンタジーだなぁ〜って
感じですが、おもしろくないわけではありません。
ちょっと哲学的で深い作品なので、読む人によって
感じ方が違ってくるかもしれません。
映画では、大体この4巻を元にしたオリジナルストーリーに
なっているようです。

ゲド戦記←映画公式サイト
ゲド戦記(岩波書店児童書編集部だより)

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2006-07-24 00:22 | book | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/5330552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by odin2099 at 2006-07-26 00:00
4巻まで来たら、一気に5巻まで読んじゃいましょうよ(苦笑)。
1、2、3巻はそれぞれ独立したお話ですけれど、3巻から5巻は一続きのお話と言っても良いくらいですからね。
ちなみにジブリ版は3巻を中心に、4巻の要素をプラスしたもの、と伝えられております。
まぁいずれにせよ、原作とは丸っきり別物になってるんだろうなぁ・・・・・・。
Commented by cinema-can at 2006-07-26 01:43
>Excalburさん
やっぱり、そうですか〜(笑)
なんとなく5巻は、もういいかなぁ〜って気になちゃって・・・
どうも4巻と5巻は続編としては、
書かれた時期が随分違うようなので、なんか作者の意図も
随分違うような気がします。
時間ができたら、挑戦してみます!!
映画は、どういう風に仕上がっているか楽しみですね〜。
<< 日本沈没 M:I:Ⅲ >>