SPIRIT-スピリット-
b0020911_23484247.gif実在した中国武術の伝説的人物
霍元甲(フォ・ユァンジア)を
ジェット・リーが、見事に
演じきっていました!!
格闘技好きな方には
たまらない映画でしょう。

病弱な少年だった霍元甲は、天津一の格闘家へと
成長していきますが、その傲慢さゆえに恨みを買い
家族を殺され、唯一の親友にも見放され、
放浪の果て行き倒れてしまいます。
その田舎の農村で目の見えない月慈(ユエツー)スン・リーに
助けられた霍元甲は、田植えなどを手伝いながら、
自分を見つめ直し、少しづつ再生していきます。
この田舎の映像はとてもきれいで、穏やかでゆっく〜り時間が
流れている感じで、いかにも傷ついた人が
生まれかわれるイメージでした。

やがて、故郷にもどった霍元甲は、外国の格闘家にバカにされて
すっかり落ち込んでいる中国の状態に、自らが立ち上がり、
全ての流派にこだわらない精武体操会を設立します。
これに、霍元甲が留守の間も秘かに家を守ってくれていた親友が
全ての財産を投げ出して参加してくれるのです。
この友情がまた泣かせるところです。
そして、舞台はいよいよラストの異種格闘技戦へ・・・・。

中村獅童は、なかなかおいしい役で、
ちょっとかっこ良過ぎでした!!(笑)
それに比べ、原田眞人は今回も超〜悪役で、お気の毒でした。

SPIRIT -スピリット-←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
ちょっと気になって、調べてみましたが、霍元甲は本当は毒殺ではなく
喀血病の悪化による病死だったそうです。
日本人による毒殺説は、戦後に書かれた小説でそうなっていたから
みたいで、やはりそれだけ中国人に嫌われているんですね〜。
微妙だわ〜!!
[PR]
by cinema-can | 2006-03-31 23:50 | cinema
<< 映画検定って・・・・! ウォレスとグルミット 野菜畑で... >>