「ブレイブ・ストーリー/上・下」 宮部みゆき (著)
b0020911_16345383.gif宮部みゆきと言えばやはり、ミステリーが
1番おもしろいとは思うけど、
彼女のファンタジーも結構好きです。
しかし・・・、この厚みはなぁ〜、
(大きいし重い・・・・笑)
ちょっと躊躇していましたが、
アニメとして映画化もされるし、
図書館でたまたま借りられたので読んでみました。

普通に幸せな生活を送っていた小学5年生のワタルに、
突然両親の離婚話がふりかかります。
父は家を出て彼女のもとへ、傷ついた母は、ワタルを道連れに
ガスせんをひねって、自殺をはかります。
そんな中、助かったワタルは、友人ミツルの言っていた
運命を変えることのできる女神の住む世界「幻界(ヴィジョン)」へ
再び平和な家族に戻りたいという願いをかなえるため
出かけて行きます。
幻界で、水人族にネコ族、火を噴くドラゴンなどに助けられながら
5つの「宝玉」を手に入れ、女神のいる「運命の塔」を目指す
ワタルを待ち受けるものとは・・・・・?

上巻は、なかなか緊張感のある現実世界の描写が大半で、
下巻は、ゲーム好きな著者ならではのR・P・Gのような幻界世界。
かなりの長編ですが、全体的にとても読みやすいので、
それほど時間はかかりません。
読み終わったあと、主人公ワタルが強くたくましく成長した姿に、
ちょっと素直に感動してしまいました。

宮部作品は、「クロスファイア」「模倣犯」「理由」と映像化されていますが、
どれも今一つだったけど、今回はアニメだし、
声優にはちょっと・・・問題がありそうですが・・・・?
まあ期待して夏を待ちましょう!

■お気に入り度 ♥♥♥♡

Bravestory←映画公式サイト
[PR]
by cinema-can | 2006-03-12 16:40 | book | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/4252533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2006-07-07 22:36
タイトル : 『ブレイブ・ストーリー』 宮部みゆき
何処にでもいるような少年ワタルの前に、突然両親の離婚話が降りかかってくる。これまでの平穏な暮らしを取り戻したいと願うワタルは、運命を変えることが出来る女神がいるという「幻界(ビジョン)」へ旅立った。 ――ということで始まる異世界を舞台にした少年の冒険物語で、作中でも度々言及されているようにRPGをそのまんま小説にしました、といったところ。”ヒロイック・ファンタジー”と大上段に構えるほどのこともない。 仲間と出会い、アイテムを手に入れ、スキルもアップし・・・とパターン化された流れに沿ってワタルは...... more
Commented by revenouveau at 2006-03-15 09:13
原作と映像化作品ほ両方を知っていると、わたしの場合、人間の想像
力ってすばらしいなぁといつも感じてしまいます。
それぞれのひとがもつ原体験のちがいもありますが、やはり映像化さ
れたものは、じぶんが読んだ原作とはちがうと感じてしまいます。
じっさい、原作とくらべてしまうとがっかりすることが多いですよね。
ですから、わたしは、原作と映像化作品は、完全に“別もの”という
態度でのぞむことにしています。(むずかしいですが…)

この夏公開の「Bravestory」、楽しんできてくださいね。
Commented by cinema-can at 2006-03-16 00:19
>さえら先生
そうですね〜。私も一応いつも映画は別物と考えて観ているのですが、
原作を読んでいると、イメージが残ちゃってるせいか
何か違う?と感じてしまうことが多いです。
特に映像化にあたって、ラストを大幅に変えてある作品とか
う〜〜〜んって唸ってしまうことが多い気がします。(笑)
「Bravestory」は、どうでしょうかね〜。
Commented by odin2099 at 2006-03-21 15:26
いつもお世話になっております。
予告編を見ただけでも、声の出演者にはちょっと難がありそうですね(苦笑)。
原作も読んでいないんですけれど、興味津々ではありますので
公開を楽しみにしております。
Commented by cinema-can at 2006-03-21 23:40
>odin2099さん
こちらこそ、お世話になってま〜す(^_^)
そうですよね〜、声優にはちょっと不安ですが、
(もう決まっているので、しかたないですもんね〜)
私も、公開は楽しみにしてます!!
Commented by bara_aya at 2006-03-25 00:36
ああ、本当に素敵な話でしたよね。
感動で涙が出ました。
現代ものの宮部作品のベスト3に入れてもよい作品だと思います。

それにしても予告編を観るたびに松たか子の声は高すぎると思うのですが。ウエンツはよし。
Commented by cinema-can at 2006-03-25 01:50
>ayaさん
私も、素直に感動しましたよ〜。
子供たちにも読んでもらいたい作品だなぁ〜って感じました。
う〜〜ん、たしかに松たか子の声は、私の中のワタルとは
かなり違いました!!
Commented by odin2099 at 2006-07-08 16:15
映画版、観てきました。
実にあっさりとした作品になってましたよ~(笑)。
ドロドロした人間関係、殆どナシ!
Commented by cinema-can at 2006-07-08 23:09
>Excalburさん
早速観て来られたんですね〜!!
あっさりとした作品でしたかぁ〜なるほど〜(^^;)
声優はどうかな〜って思っているんですが、
私も来週観に行こうと思っています。
観て来たら、またおじゃまさせていただきますね〜。
<< イーオン・フラックス ナルニア国物語 第1章 ライオ... >>