SAYURI
b0020911_17595580.jpgこれは、日本の芸者の
お話ではなく、不思議の国
ニッポンのゲイシャの
お話なのです!!
だから、邦題もさゆりではなく
「SAYURI」なんですね〜(笑)

芸者遊びなんて、やった事がないし、
芸者の世界の事なんて、ほとんどわかりませんが、
本物の芸者さんが観たら、たぶんえらいこっちゃ〜!って
思うかもしれませんね〜。
SAYURIって名前からして、芸者っぽくないし・・・(笑)
工藤夕貴なんて、おカボってあだ名の
パンプキンちゃんですからね〜。

ただ、不思議の国ニッポンの映像はとてもきれいだったし、
アジアンビューティ、チャン・ツィイーをはじめ
ミシェル・ヨー、コン・リーはホント美しいです。
それに、なんといっても目を引いたのは、
チャン・ツィイーの子供時代の役の、大後寿々花ちゃんですね。
なかなかの名演技でした。将来が楽しみですね〜。

SAYURI←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥
b0020911_1803779.jpg(ルナのひとり言)
着物の着かたや髪型は、
芸者というより花魁に
近いような気がしましたが、
はたして外国人に
花魁と芸者の見た目の違いなんて
わかんないだろうし、
外国であれが日本の芸者だと
理解されてしまって良いのだろうか??
[PR]
by cinema-can | 2005-12-13 18:03 | cinema | Trackback(29) | Comments(15)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/3900828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from travelyuu とら.. at 2005-12-13 19:02
タイトル : SAYURI さゆり MEMOIRS OF A GEISHA
チャン・ツィイー、渡辺謙主演 チャン・ツィイーが綺麗でしたが子役の大後寿々花が良かった 千代は貧しい漁村に生まれ 小さな時に姉と祇園の置屋に売られる その置屋の売れっ子芸者初桃が千代に辛く当たる ある時幼い千代が橋のたもとで転んで泣いているのを 通りすがりの会長(渡辺謙)が声をかけかき氷を買ってもらう その優しさにもう一度千代は会長に会いたいと思い 芸妓になり座敷に呼ばれ会いたいと 修行を重ね一流の芸妓になっていく 今まで売れっ子芸者初桃は妬み 妨害をくわえるのですが・・・・ ストーリー...... more
Tracked from ネタバレ映画館 at 2005-12-13 20:28
タイトル : SAYURI
 『北の零年』では小百合を裏切った渡辺謙。ここで名誉挽回するのか?!  日本文化や日本人の心、はなまちのしきたりなど、「ハリウッドが描いた日本なんて虚構の世界だ」と批判する日本人も多いのだろう。多分、監督もスタッフも出演者も皆十分に納得していたのでしょう。しかし、映画を観る日本の一般庶民にとっては、芸者の世界なんて夢のような世界。多少嘘があろうとも、おかまいなしなのです。所詮、ファンタジーの世界なのですから・・・  とりあえず予習のつもりでロブ・マーシャル監督の『シカゴ』を観直してから臨みました。...... more
Tracked from 忙しすぎるあなたへ(脱力.. at 2005-12-13 21:12
タイトル : SAYURI
いやぁこの映画の鑑賞方法(?)を間違ってしまいました_| ̄|○ 着物の着方はまるでダメ(売れっ子芸者がまるで女郎) 歩き方も着物を着た歩き方じゃないし 風景もゴテゴテしすぎ、エンディングもアメリカ受けしそうな終わり方 台詞途中に入ってくるイントネーションの変な日本語・・・ ちょっと失敗かなぁと思いながら映画館を後にしたのですが 後で情報を収集してみると どうやら意図的に演出をハリウッドっぽくカスタマイズされたようでした 出演者の方(誰だか忘れましたが)も 「ハリウッドが作った日本映画としてみてくだ...... more
Tracked from Rabiovsky計画 at 2005-12-15 01:23
タイトル : 『SAYURI』
『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル 原作:アーサー・ゴールデン 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所広司 、    桃井かおり 、コン・リー 、大後寿々花 2005年/アメリカ/146分 おは....... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2005-12-15 04:10
タイトル : ★「SAYURI」
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。... more
Tracked from ヘーゼル・ナッツ☆シネマ.. at 2005-12-15 12:47
タイトル : 『SAYURI』★★★★・85点
『SAYURI』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;BV、松竹  上映時間;146分  監督;ロブ・マーシャル 出演;チャン・ツィー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/コン・リー観賞劇場:12/14(水)丸の内プラゼー...... more
Tracked from Alice in Won.. at 2005-12-15 13:20
タイトル : SAYURI
一人の芸者の数奇な運命を描いたアーサー・ゴールデンの世界的ベストセラー『さゆり』を、スティーヴン・スピルバーグ製作の下、「シカゴ」のロブ・マーシャル監督がメガフォンをとり豪華に映画化。主演は「HERO」のチャン・ツィイー、共演に「ラスト サムライ」の渡...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2005-12-16 00:24
タイトル : SAYURI / Memorirs of a Geisha
5年くらい前から、ハリウッドで「さゆり」を映画化すると聞いてた。それも、スティーブン・スピルバーグで。 その当時、主演は工藤夕貴と予定されてて、いつになったらやるのかな~と思ってたら 忘れた頃にやってきた! それも、主演には"アジアンビューティー”の象徴とも言われて久しいチャンツィー{/kirakira/}を持ってきた★ 本日、世界同時公開! ここ数年のスピルバーグときたら、、、。{/face_z/} なーんて知人でもないくせに親しげに言うけど ほんと駄作が多くなってきてる気がしてて、製作スピルバー...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2005-12-16 11:58
タイトル : SAYURI
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。 ... more
Tracked from bobbys☆hiro☆.. at 2005-12-17 10:14
タイトル : 映画「SAYURI」を大絶賛!
チャン・ツィイー主演で話題の 映画「SAYURI」を観てきました。 一言でいうと「大絶賛」です! 豪華で絢爛! 2時間26分と長いにもかかわらず 無駄なシーンがなく 魅せられてしまいます。 出演者の演技も素晴らしいものです。 会長役の渡辺謙・・・もうハリウッド映画に慣れたもの 延さん役の役所広司・・・第2の渡辺謙になるか? おカボ役の工藤夕貴・・・彼女も八リウッド慣れ おかあさん役の桃井かおり・・・いい演技、かおり流 さゆりの少女時代を演じる・・・大後寿々花 ※彼女の演技なしではこの映画は成...... more
Tracked from 琴線~心のメロディ at 2005-12-20 01:49
タイトル : SAYURI
【2005年12月10日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:ワーナー・マイカルシネマズ広島】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ 原題は、「Memoirs of a Geisha」になってましたね。 直訳したら「芸者の記憶」・・・なんかしっくり来ないね{/hiyo_shock2/} だから邦題は『SAYURI』にしたんだろうね。 何かこっちの方がしっくりくる気もするし。 さてさて、今回もチャン・ツィイー{/3hearts/}のアジエンスな美しさを期待して観...... more
Tracked from さ・え・ら at 2005-12-21 07:47
タイトル : MEMOIRS OF A GEISHA
(「立読のようなもの」にはネタばれがある場合がございます) ---------------------------------------------------------- 日本海に面した海辺のちいさな村に生まれた Sakamoto Chiyo。 年老いた父親が漁師をしながら家計をささえる貧しい家で、6つ年上の姉 Satsu とともに育てられました。 やがて、母親は、おもい病に。 ふたりは、口べらしとして身売りされ、Chiyo は、京都の祇園へ。 そのとき、Chi...... more
Tracked from soramove at 2005-12-21 11:39
タイトル : 「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...... more
Tracked from 俺の話を聴け〜! at 2005-12-21 13:41
タイトル : SAYURI
事前にいろいろと賛否を見聞きしていたので、なるべくフラットな気持ちで鑑賞しようと心に決めて、劇場に向かった。これはアメリカ、ハリウッドが描いたファンタジーなんだよな、べつに時代考証の正確さを求める映画じゃないんだよな、英語....... more
Tracked from わたしの見た(モノ) at 2005-12-24 22:08
タイトル : 「SAYURI」
SAYURIオフィシャル・ビジュアルブック 「SAYURI」 チャン・ツィイー主演。 その他にもアジア系の女優が出演し、 主な会話は英語。 (予告編で違和感を覚え、日本語吹替版で鑑賞) その時点で、日本ではない。 日本によく似た架空の国を舞台に、 “ゲイシャ”... more
Tracked from ひるめし。 at 2005-12-25 21:47
タイトル : SAYURI(映画館)
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。 ミシェル・ヨーとコン・リーはこの映画で顔と名前を知ったけど、お二人とも存在感があってスゴイ!日本人キャストよりも目立ってた。ミシェル・ヨーってニューハーフみたいな顔立ちしてたな。 日本人キャストで印象に残ったのは会長様の渡辺謙でも、顔...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2005-12-27 01:52
タイトル : SAYURI
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界... more
Tracked from LUVLUV.COM at 2005-12-28 22:23
タイトル : 映画 『SAYURI』 字幕版
『SAYURI』を観ました。初めて原作を読んでからもう何年も経ちます。スピルバ−グ監督が映画化すると聞き喜び、さゆり役は誰がやるんだろう?会長は?と色々想像したものです。しかしその話がいつの間になくなり、しばらく(いや、随分たって)今回待望の劇場公開です!SAYUR...... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2005-12-29 01:50
タイトル : SAYURI
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・・。 <STORY> 第二次大戦直前の日本。 千代と佐津の姉妹は、家が貧しいために花町の置屋へ奉公に出される。 置屋を取り仕切るおかあさん(桃井... more
Tracked from マダム・クニコの映画解体新書 at 2005-12-30 11:28
タイトル : SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー
本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをするという内容だった。ハリウッドのミュージカルは”カーニバル”という概念を内包している。”カーニバル”には、疎外され抑圧されている者たちが、自らの文化を創出しうる力を持つという側面がある。  「SAYURI」はミュージカルではないけれど、社会の周縁に置かれている女性 が主人公であることから、期待して観に行ったが...... more
Tracked from 万歳!映画パラダイス〜京.. at 2005-12-31 12:56
タイトル : 不治の病?SAYURI病〜そしてアン・リー監督のこと
 「SAYURI病」が治らない。21世紀のサユリストになってしまったようだ。アーサー・ゴールデンという人の原作本「さゆり」(文春文庫、上下)も買ってきた。これが非常に面白い。もとの京言葉、花街言葉を再現しているから、映画とはまた違った楽しみ方ができる。米....... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-01-03 17:24
タイトル : SAYURI
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成功譚... more
Tracked from キャバ嬢このはの気まぐれ日記 at 2006-01-07 17:45
タイトル : happy new year 2006 !!
   ? ???? ∧_∧? ????????????(? ´∀` ) ? ――○―――○―――――        Happy? New          Yeаr! ―――――――――――― 明けました~  2006年だねd(^-^*) おめでとぅござぃます♪ 挨拶・日記書くの遅くなって... more
Tracked from KINOKANAL at 2006-01-08 21:45
タイトル : SAYURI
監督 : ロブ・マーシャル 出演 : チャン・ツィイー,渡辺謙,ミシェル・ヨー,役所広司,コン・リー,大後寿々花 9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、「会長さん」と呼ばれる紳士から優しく慰められ、い....... more
Tracked from Cold in Summer at 2006-04-26 10:59
タイトル : 映画 vol.37 『SAYURI』
 『SAYURI』  監督:ロブ・マーシャル(「シカゴ」) 出演:渡辺謙(「ラスト・サムライ」)桃井かおり 公式サイト ここ数年恒例となりつつある、元旦の映画鑑賞。『映画の日』ですが初売りは2日からだし、あまり混み合っていなくて....... more
Tracked from 新 忙しすぎるあなたへ(.. at 2006-05-12 20:15
タイトル : SAYURI
いやぁこの映画の鑑賞方法(?)を間違ってしまいました_| ̄|○ 着物の着方はまるでダメ(売れっ子芸者がまるで女郎) 歩き方も着物を着た歩き方じゃないし 風景もゴテゴテしすぎ、エ... more
Tracked from オレメデア at 2006-07-19 21:39
タイトル : SAYURI(7月5日DVD発売)
ロブ・マーシャルが監督,スティーブン・スピルバーグが製作をつとめたハリウッド映画SAYURIのDVDが発売された... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-02-22 04:02
タイトル : SAYURI
この作品はまず、 スピルバーグが映画化し、キャストを日本で探しているという噂が流れたのです。 私の周りにも是非オーディションを受けたい!という声を沢山聞きました。 そして 「R.Hがオファーを受けたが蹴った」とか「Y.Iがオーディションを受けたが落ちた」とか 有名女優の... more
Tracked from 雑多な豆2 at 2007-12-10 14:16
タイトル : これはこの世のことならず
 長いことほっておいた「SAYURI」を、DVDを借りて見てしまった。  うーむ、ここまで無茶苦茶だと、いっそ愉快である。  確かに、使われているアイテムひとつずつを見ると「日本」なのだが、その使われ方はどう見ても中国、ベトナム、韓国といった風合いで、みごとなくらい「和」の雰囲気がないのである。  一例を挙げれば、「花街(かがい、と読みます、正しくは。「はなまち」というのは間違いですのでよろししく)」も、建ってる建物は一応日本風なのだが、描かれかたは、中国の阿片窟みたいだし…とあとはそんな感じの...... more
Commented by revenouveau at 2005-12-13 21:11
原作は、SAYURI自身が語るような感じで、しかも、シンプルな英語
で書かれているので、とても、読みやすかったですよ。
少女の眼をとおして、いわば、おとぎ話しのようにしたかったのかも
しれません。(ドキュメンタリーではなく、夢の世界のように)
作者は、ジャーナリストの家系だということで、いちおうの時代考証
はしていたらしく、外国人が興味本位で書いた日本社会という感じに
はなっていないところに好感をもちました。(映像化されて、どうだ
ったでしょうか)
また、たんなる華やかさだけでなく、花柳界の暗部にもふれていたの
が、ストーリーに、リアリティをそえていたのかもしれません。
「mizuage」「danna」…、男社会が生んだ「prostitute」にも似
た制度は、やはり、考えさせられますね。

あっ、もしかしたら、後半、テンポがはやすぎって感じしませんでし
たか。(戦争のあたりから、落籍して、…。 あら〜、もうすこし、
ていねいに書かないと…  原作は、そんな印象だったんですが)

はたして、こんな世界を、スピルバーグ氏総指揮のもと、ロブ・マー
シャル監督は、どう描いたのでしょうか。
Commented by よしさま at 2005-12-13 21:11 x
異国の御伽話だと感じれればOKなんですが
これが日本だ!なんて思う外国の方が多そうですね(笑)
そういう俺も誤解して鑑賞してしまいました_| ̄|○
Commented by cinema-can at 2005-12-13 23:51
>さえら先生
原作はそんな感じだったんですか!なるほど〜。
たしかに、花柳界の暗部にもふれている所はありましたが、
全体的には、どう考えても日本ではない不思議世界なので、
なんかちょっと妙な感じでした。
後半は戦争のあたりからは、映画もほとんど駆け足って
感じで、ラストもハリウッドぽい終りかたでしたよ〜。
芸者と言っても、京都と東京では違うだろうし、
温泉芸者と一流の芸者もかなり違うらしいので、
外国の人が理解するのは、ちょっと難しい気がしますね〜。
映画自体は、芸者になった一人の女の子の
不思議世界のファンタジーって感じの仕上がりでしょうか。

Commented by cinema-can at 2005-12-13 23:56
>よしさま
これは、やっぱり不思議な国のファンタジーですよ〜。
ただ映像はきれいだったし、外国では受けるかも・・・。
ただ芸者に対して妙な誤解をされるかも知れませんね〜。
Commented by きよ at 2005-12-18 04:02 x
こんばんわ。TBさせていただきます♪
私はこの映画はなにもかもが中途半端に思えて・・・。
期待しすぎでした。しかし

「これは、日本の芸者の
お話ではなく、不思議の国
ニッポンのゲイシャの
お話なのです!!」

↑とっても納得しました(笑)上手い!!
Commented by cinema-can at 2005-12-18 23:31
>きよさん
この映画は、日本の芸者として考えると、かなり中途半端ですよね〜。
期待していた分、ちょっと残念でしたね。
でも、キャストは豪華だし、映像も美しいので、
不思議世界のファンタジーとして、見ると結構楽しめる気がします。
Commented by boss at 2005-12-20 02:09 x
花魁って何ですか? まあ、外国人がアジアの映画を作ると、どんなに作りこんでもえてしてそういう部分が出てくるもんですね。
しょうがないのかな~。
Commented by cinema-can at 2005-12-21 00:17
>bossさん
花魁(おいらん)は、江戸吉原の上級遊女のことです。
えっと〜、なんとなくですが、映画の女優さんたちの
着付けや髪形が、ちょっとダラ〜ッとした感じだったので、
そう感じてしまいました。
私のイメージでは、一流の芸者さんは、髪をちゃんと結って
きちんと着物をきてるって感じだったので・・・・(~_~;)
まあ、あの髪型(一般的な芸者結い)はアジアンビューティには
なんか似合いそうもないし・・・・(笑)
ハリウッドぽく作ったらしいので、そのせいなのかなぁ〜?
Commented by boss at 2005-12-22 01:37 x
ああ、“おいらん”って読むんですね。
おいらんだったらわかります^^
今まで漢字で“おいらん”って見たことも書いた事もなかったもので(^^;)ヾ
ありがとうございました。
Commented by cinema-can at 2005-12-23 00:15
>bossさん
いえいえ、こちらこそ
わざわざ、お返事ありがとうございま〜す(*^^*)
Commented by YONL at 2006-05-14 08:11 x
美しい映像美と、淡々と流れていくストーリーに心打たれました。大げさに描かれていないからこそ描き出されるさゆりの強い思い。外国人が製作するからこそ描き出される面や、日本人の意識では描ききれない角度が予想以上にうまく表現されているように思いました。

日本人が主演でないことに鑑賞前は疑問を感じていましたが、日本人だけが日本文化を演じることができる、という先入観は鑑賞後にはすっかりなくなっていました。(下記コメントに続く)
Commented by YONL at 2006-05-14 08:11 x

(上記より続く)私はこの映画をオランダで見ましたが、一緒に鑑賞した同僚のスペイン人、フランス人、オーストラリア人、アメリカ人、ジンバブエ人は既に原作を読んでいて、私だけが原作を知らずに映画を鑑賞することになりました。原作では髪の結い方や化粧の方法等が詳細に描写されているようで、外国人の目を通して書かれた本を通してではありますが、彼らの方がよほど芸者について知っていました。この映画の製作発表がなされる前に、芸者について説明できるほど自国文化に興味を持ち、理解している日本人がどれほどいたでしょうか?多くのネガティブなコメントは、映画そのものの質以前に、何故日本文化を中国人&アメリカ人が!という感情的なところから発せられているように思えてなりません。

芸者を題材にしようとする監督が日本で見られない中、多くの外国人が高く評価する原作が映画化されたことで、賛否両論を巻き起こし、日本でも更に深みのある日本文化を題材とした映画が出てくれば、映画鑑賞も増々面白くなってくるでしょう。
Commented by cinema-can at 2006-05-14 22:05
>YONLさん、こんにちは!
いろんな国の方とお知り合いで、うらやましいです!!
私も原作を読んでいないので、よくわかりませんが、
原作は、かなり芸者について詳しく書かれているようですね〜。
ただ、今回の映像化では監督が、ハリウッドぽく豪勢に仕上げた
せいでしょうか?(ご本人も言っていましたし・・・・)
あまり日本ぽいイメージは受けませんでした。
それは、日本人俳優ではなかったからではなく、
全体のイメージです。
半端な日本語や派手過ぎる衣装、そしてあのダンスでは、
芸者はちょっと感じられませんし、どうせなら全て英語の方が
見やすかったと思います。
でも映像はとても美しかったし、作品としては充分楽しめました。
日本でも、日本文化を題材にした作品を
私もぜひ製作してほしいと思います。
Commented by 黒豆 at 2007-12-10 14:14 x
今更ですが、世間のひとがほぼ忘れたころと思われるので、レンタルで見ました(^^;。

>そしてあのダンスでは、

まあ、どう見ても前衛舞踏か蜷川演劇の一部か?という演出(戦時中の日本では、絶対あり得ない(^^;)。
吉原と花柳界の区別は全くついてないし…。
と、絶対にあり得ない日本のオンパレードだったので、逆の意味で面白かったです(^^)。(まあ、ほんものの芸者さんが見たらびっくり仰天の世界でしたけど)
Commented by cinema-can at 2007-12-11 00:39
>黒豆さん、こんばんは(^_^)
やはり、日本の話とは思えない映像ですよね〜。
あのダンスは、前衛的ですよーーーー!
せめて日本舞踊的ならまだしもですけど・・・(笑)
たしかにあそこまでいくと、逆におもしろいとも思えますが・・・。
<< 乱歩地獄 Mr.&Mrs.スミス >>