「魔法使いハウルと火の悪魔」 ダイアナ・ウィン・ジョ−ンズ
b0020911_14184020.gif11月に公開される宮崎駿監督の
「ハウルの動く城」の原作本です。
原作を読んで映画を観ると、
自分の中にイメージが出来ているので、
それが合わないと映画がおもしろくなくなると言う方も
たぶんたくさんいると思うので、
あまりお薦めはしませんが、
私は、映画は映画の良さがあるし、期待を裏切られるのも
ある意味楽しいので、読んでしまいました。

お話は、魔法が存在する国インガリーで、三人姉妹の長女に生まれたソフィーは、
「荒地の魔女」に呪いをかけられ、90歳の老婆に変身させられてしまいます。
家族を驚かせたくないと家出したソフィーは動く城?に住む、
うぬぼれ屋で移り気な若い魔法使いハウルのもとに、掃除婦として住み込みます。
(どちらかと言うとおしかけです。)
しかしこのおばあさんは、パワフルでめげないのです。
ハウルに魔力を提供している火の悪魔とこっそり取引したりなど
いろいろとやらかすわけです。
やがて、ハウルの意外な素顔を知ったソフィーは、
力を合わせて魔女と闘おうとするのですが…?
楽しいファンタジーで、私はかなり気に入りました。

ソフィーやハウル、火の悪魔、荒地の魔女など個性的なキャラクターを
そして、いろんな美しい情景や場面を宮崎駿監督が
どんな風に表現してくれるか楽しみです。
ただ一つだけ、私の中のハウルだとキムタクの声と一致しないんだなぁ〜。
もうちょっと若い感じなんだけどなぁ〜。
まあ、そういう全てを含んで映画の公開を楽しみに待ちたいと思います。

本の表紙をご覧になりたい方は、ライフログの1番下を見てください。
ちなみに「アブダラと空飛ぶ絨毯」という続編らしきものもありますが、
こちらには、ハウルやソフィ−はほとんど出てきません。
どちらかと言うと恋愛ファンタジーですが、これはこれで結構おもしろいです。

ハウルの動く城←映画の公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-25 14:26 | book | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/347249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from To pass leis.. at 2005-01-16 01:58
タイトル : 魔法使いハウルと火の悪魔
公開中の映画「ハウルの動く城」の原作です。 原作とはいえ、映画とは少し違う内容です。 このままなら確かに宮崎アニメにはならないなと・・・。 途中まではなんだか分かりづらいなーと思いながら読み進めていたのですが 最終的には話の展開に引き込まれ、楽しく読み終えました。 映画をご覧になった方も、これから観る方も読んでみたらいかがでしょう? ... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】.. at 2005-12-09 23:05
タイトル : 『アブダラと空飛ぶ絨毯』
若い絨毯商人のアブダラは、ある日”空飛ぶ絨毯”を手に入れ、その絨毯に連れて行かれた先で<夜咲花>という姫君に出会い、恋に落ちます。ところが魔神に姫をさらわれてしまうのです。姫の父親には誘拐犯として逮捕され、やっとのことで逃げ出すと今度は砂漠の盗賊に追い掛けられる羽目に。途中で、何でも願い事を叶えてくれる精霊が入った瓶を広い、また戦に敗れて流離う兵士に出会ったり、とアブダラの冒険の旅は続きます。ようやっと隣国へ辿り着き、王室付きの魔法使いハウルの力を借りようとしたのですが、当のハウルは行方不明になってい...... more
<< あなたの好きな宮崎アニメは? デビルマン >>