「陰陽師 12」 岡野 玲子 (著) 夢枕 獏 (原作)
b0020911_1815618.jpg巻を重ねるごとに、
むずかしくなる内容!
ついて行くのは至難の技です!!
それに12巻で完結のはずが、
なぜか13巻までのびたのは、
1巻には、修まらなかったのでしょうか(笑)

今回は晴明と真葛ちゃんとの間に新しい命が誕生し、
赤ちゃんに向かって、うれしそうに難しい説法をする
親バカな晴明もなかなか可愛いです。
ただ、藤原兼家と源高明の権力闘争には、
巻き込まれるし、いよいよ宿敵道満との射覆比べ!
秋に出る13巻は、やっぱり楽しみです。

あいかわらず、お人好しの博雅くんは、晴明を心配して
オロオロ〜さてどう完結してくれるんでしょうね〜。
まあ、ここまでつきあったんですから、
最後まで見届けさせていただきましょうか・・・。

b0020911_1824014.jpg
Amazon.co.jp: 本: 陰陽師 12 (12)

■お気に入り度 ♥♥♥♥





b0020911_1882274.jpg
(ルナのひとり言)
夢枕 獏の原作も、なかなかおもしろいですよ〜。
お手頃価格だし、読みやすいです。
Amazon.co.jp: 本: 陰陽師 (竜笛ノ巻)
[PR]
by cinema-can | 2005-08-07 18:10 | book | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/3260647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by revenouveau at 2005-08-09 09:51
夢枕獏さん、長編のシリーズ作品の数が多いことで知られていますが、
終盤にちかづくと、なぜか、なかなかおわらないというのがひとつの
特徴でもあるんですね〜。
おそらく、この陰陽師も、そんな作品のひとつではないでしょうか。
Commented by cinema-can at 2005-08-10 00:01
>さえら先生
ホントですね〜。マンガの方は、次で完結ですが、
原作の方は、たしかに終らないかもしれませんね〜(笑)
<< 妖怪大戦争 48時間で消えるDVD >>