ヴィレッジ
b0020911_2335518.jpgシャマラン監督作品で、あの意味ありげな予告編!
−<禁断の森>に入ってはならない。
<彼ら>が待っている…。
う〜ん!この監督の予告には、「サイン」で
ちょっと痛いめみてるからなぁ〜。と思って
躊躇していたのですが、どうやら巷の噂では、
ラブストーリーらしい???と聞いて
つい興味本位で観てしまいました。

チケットを購入すると、「解読マニュアル」なるチラシを渡されます。
なんか〜また!意味ありげな小細工だなぁ〜。
(観終わった後で、中身をご覧ください。と書いてあったので、
一応我慢して、後で読みましたが…。なんだかなぁ〜必要なのかな〜?コレ!)
ところで本命の映画ですが、予想に反してそう悪くはなかったです。
ストーリーは、それほど奇抜なものではなく、お得意のどんでん返しも
ありますが、かなりわかりやすいと思います。
それに、映画初出演のブライス・ダラス・ハワードは、
なかなか良かったです。
(「ギフト」のケイト・ブランシェットを彷彿させました。)
あとエイドリアン・ブロディーやシガニー・ウィバー、
ウィリアム・ハートなどの演技派の出演者がたくさんいるので、
なかなか渋い映画に仕上がっていると思います。
ネタバレ禁止の監督の作品なので、感想を書くのは難しいのですね〜。
たしかにこれは、ラブストーリーだと思います。
ヴィレッジ←公式サイト

(ルナのひとり言)
外界を絶っての自給自足も楽ではないのねぇ〜。

■お気に入り度 ♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-22 23:41 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/325904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from さ・え・ら at 2005-07-11 08:34
タイトル : ヴィレッジ
(「立見のようなもの」にはネタばれがある場合がございます) ----------------------------------------------------------                              ★★☆☆☆ 1897年、ペンシルベニア。 深い、深い森にかこまれた村がありました。 家族のような絆で結ばれ、幸せにくらしている人々。まるで、地上の楽園の ようなこの村には、けっして破ってはならない3つの掟があったのです。   〈ヴィレッジ:...... more
Commented by tondemomeata at 2004-09-23 00:07
こんばんは、はじめまして。映画好き男です。私もこの監督には少々痛い目をあっとりやす。アンブレイカブルはしばきたおしたくなる映画ランク5位です。ギフトは予告を観ずして、ビデオで観たので、まぁええかぁ といった感じですね。
基本的にお家でシアター派なので、ビデオなんですが、来年の正月ごろにレンタルして、ヴィレッジ観ます。予告はなるべく観ずに。

よかったらうちにも おたずねくださいな。
Commented by cinema-can at 2004-09-23 00:28
コメントありがとうございます。お家でシアターもいいですねぇ〜。家はテレビが、スモールサイズなのでちょっと寂しいです。「予告はなるべく観ずに。」はなかなか良いかも…先入観なしにご覧になってくださいね。サイトの方にも、ちょくちょく遊びに行かせていただきますね。
<< デビルマン 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎... >>