姑獲鳥の夏
b0020911_0403173.gifまず、初めに私はかなりの
京極フリ−クなのです!!
もちろん、この京極堂シリーズも
全巻読破しているので、
ちょっと思い入れも強いのです!!
だから、「今回は映画は別物!」と
心に決めて、鑑賞してきました。

しかし、残念な事にこれは・・・、如何なものなのでしょう?
果たして、京極堂シリーズの予備知識がまったくない方でも
楽しめたのでしょうか???微妙ですね〜〜〜!

さて、何から書きはじめれば、良いかな〜?
ではまず、まあまあだった点から・・・・
昭和27年頃の雰囲気は、良くできていました。
あと久遠寺病院も京極堂の古本屋もなかなかうまく出来てたかな〜。
あと、関口巽役の永瀬正敏は思った以上の出来でした。
原田知世、田中麗奈、いしだあゆみなどの脇をかためる
女優たちもそれなりに良かったと思います。

ただね〜、やはりメインの堤真一の京極堂は、いまひとつでした。
言葉や動きに重みが感じられない!
なんかね〜健康すぎるっていうか〜・・・・。
(原作ファンには、わかっていただけると思うのですが・・・)
あと、榎さんもキャラがちゃんと描かれてない、もっと弾けても・・残念!
書き出したら、なんかキリがないので、やめておきます。
やはり、あれだけのストーリーを2時間くらいで表現するのは、
無理がありますからね〜。映像化は不可能と言われていた作品だしね〜。
まあ、こんなもんかもしれないなぁ〜。

なんだかんで、結構出たがりの京極夏彦先生も某漫画家先生役で
登場しております!!
京極先生!映画出演も良いですが、新作はまだでしょうか?
私としては、そちらの方が楽しみなんですが・・・(~_~;)

姑獲鳥の夏←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとり言)
映画の次回作は、シリーズ最高の出来と言われている「魍魎の匣」です。
出来れば、京極堂(中禅寺秋彦)は「野村萬斎」でお願いします!!
あと、久保竣公は「及川光博」で、
魍魎では木場修太郎もかなり重要な役なので、やはり「宇梶剛士」か
「伊原剛志」あたりでお願いできないでしょうか???・・・って
勝手な配役を考えてしまいました〜(笑)
でもね〜きっとどんな出来でも、やはり私は観に行ってしまうのでしょう!!
だって・・・、魍魎の豆本ほしいし・・・(笑)
b0020911_22452213.jpg
これが、ウワサの豆本です。
新書版をそのままミニにした感じで
よくできています。
中もちゃんと姑獲鳥の抜粋した内容に
なっています。
ただこれを読んでも、全てはわかりませんよ〜。
[PR]
by cinema-can | 2005-07-19 00:43 | cinema | Comments(19)
Commented by revenouveau at 2005-07-19 18:30
おっしゃる通り、小説と映画はべつものですよね〜。
映像が、にんげんの想像力をこえるのは、とてつもなくたいへんなのでしょう、きっと。

あっ、そうそう。
野村萬斎さん、いいですねぇ。及川光博さんも、最近は演技に小技がきくようになってるし。あと、わたしは、どちらかというと、伊原剛志さんですね〜。ほんと、次回作が楽しみです。
って、このキャスティングじゃないんだったかしら? どなたか実現してください。
Commented by daisukikamo at 2005-07-19 20:05
豆本、どんなだったのか、気になるぅ〜〜
今度、見せてね。

野村萬斎さんかぁ、顔色、すっごく悪くしてもらわないとね〜
木場さんは四角いコワイ顔で〜格闘家の角田信朗さんってどおよ〜???
(((*⌒▽⌒*)))あははっ

誰だったら・・・て、勝手にキャスティング考えて想像してみるのって、結構オモシロイねぇ〜♪
ね、さえら先生〜
Commented by cinema-can at 2005-07-19 22:30
>さえら先生は、
伊原剛志希望ですね〜!了解です!!って
私が了解しても、何にもなりませんが・・・・(笑)
こういうのって、つい考えちゃいますよね〜。

>杏ちゃん
映画の前売りのおまけの豆本の画像、アップしておくね〜。
それにしても、格闘家の角田って!ずいぶんごっついトコ
もってきたね〜プププッ!
Commented by daisukikamo at 2005-07-20 21:46
わぁ〜これかぁ〜〜
何かさぁ、あちこちで評価聞くと・・・イマイチみたいなんで、
豆本は欲しいけど、「魍魎の匣」のチケットも買わないかも・・・・・
Commented by cinema-can at 2005-07-21 00:50
>杏ちゃん
そうだね〜映画はいまいちかもしれないけど、
一応次回作には、期待を込めて・・・。
Commented by revenouveau at 2005-07-21 08:29
うふふ。
Commented by cinema-can at 2005-07-21 23:12
>さえら先生
笑ってゆるして〜くださって感謝です!!
Commented by chishi at 2005-08-07 17:11 x
京極堂を野村萬斎、木場修を伊原さん!その案めちゃめちゃ賛成大賛成!
魍魎の匣、大好きなんですよ・・・私。
あのスピンオフも匣に関係するのがメチャメチャ面白かったですよね!
ああ、想像して涎がでそう・・・うぅ。←ただのバカ
Commented by cinema-can at 2005-08-08 00:05
>chishiさん
でしょう〜!でしょう〜!!よい配役でしょう〜!
私も「魍魎の匣」はお気に入りなんですよ〜。
たくさんの匣がみっしり!の映像もちょっとワクワクしますよね〜。
9月には、新作が出る予定みたいですよ〜!
そっちも楽しみですね〜。
Commented by ぽぽろ at 2005-08-12 18:01 x
お邪魔します。見る前にリサーチ!色々ご意見ありますね。でも、基本皆同じ考えで。まぁ、想像力ってすごいからなかなか実写は。。と思いながらも、ファンはこれからも見てしまうのですよね。私は今「姑獲女」切手を申し込み意気揚々と待ってます。もう一回読んで、映画見て、切手集めて。急がしい。。。切手はこちらhttp://www.enpos.jp
「魍魎」は三回くらい読んでるのですけどね。なんか乱歩にも電車で移動する動く絵を持った男の話があるのですが、それに似てて大好きなので。では映画の感想はまた(^^)
Commented by cinema-can at 2005-08-12 19:10
>ぽぽろさん
おおっ〜!切手とかあったんですね〜。知れませんでした!!
貴重な情報をありがとうございます。
そうですね〜ファンとしては、どんな出来でも
観に行ってしまいますよね〜。
乱歩のお話もおもしろそうですね!!今度読んでみたいな〜。
「姑獲女」楽しんできてくださいね〜。
映画の感想もぜひ聞かせてくださいね。
Commented by ぽぽろ at 2005-08-18 17:37 x
切手良い感じです~。シリーズ化になったら、集めると素敵かも。乱歩の話は「押絵と旅する男」という題で、短編です。角川で「屋根裏の散歩者」に収録されてます。(他の会社からも出てます)京極ファンなら乱歩ははまります。きっと。乱歩の切手も欲しいなー。
Commented by cinema-can at 2005-08-18 23:15
>ぽぽろさん
切手届いたんですね〜。
あとあとかなりレアなお宝になりそうですね〜。
乱歩の「押絵と旅する男」は、早速読んでみますね〜。
教えてくださって、どうもありがとうございます!!
Commented by odin2099 at 2006-06-04 09:05
あの分厚さを見て、原作読むのは躊躇しているんですが(苦笑)、
やっぱり読んでおいた方が良いですかね。
なんだか肩が凝りそうなんですが・・・。

映画の方は、もし続編が作られたら見に行くと思いますけれど、
はたして実現しますかどうか。
Commented by cinema-can at 2006-06-05 00:02
>Excaliburさん
たしかに、辞書並みのあの厚みは引きますよね〜。
最近は分冊もでているようですが・・・。
原作は、京極堂のうんちくがすごいですよ〜!!
かなり長いです!!
妖怪や憑き物についての内容が特にすごいかも・・・。
京極ファンにはそこもまたいいようですが・・
映画では、全体のストーリーを重視して作っているので、
ちょっと半端な感じに、なってしまうのかもしれませんね。
それにしても、続編の話!聞きませんね〜。
やはり断念したのかなぁ〜。
どんな駄作でも、たぶん私は観ると思います!!
Commented by odin2099 at 2007-01-08 21:14
原田真人監督で『魍魎の匣』、製作決定です。
出演は堤真一、阿部寛、田中麗奈に加えて、黒木瞳と椎名桔平だそうです。
ところで今度はどんなお話?(苦笑)
Commented by cinema-can at 2007-01-09 01:00
>Excalburさん
魍魎の製作決まったんですか!
貴重な情報ありがとうございます。
さしずめ黒木瞳が元女優、椎名桔平が久保竣公なのかなぁ〜?
お話のネックは女子コウセーと、刑事の木場、
そしてみっしりなハコ!ハコ!ハコ!でしょうか!!(笑)
Commented by odin2099 at 2007-01-21 17:55
椎名桔平は、永瀬正敏から役を引き継ぐんだそうです。
どちらが原作のイメージに近いんでしょうか。
Commented by cinema-can at 2007-01-21 22:51
>Excalburさん
なるほど、椎名桔平は関口役でしたか〜。
関口は、さる顔!の対人恐怖症の小説家で、
いつもおどおどしているのですが、そのくせ何にでも
首をつっこんで事件に巻き込まれてしまうキャラです。
どっちもあんまりイメージではないなぁ〜。
それよりも、宮迫!の木場役の方がいただけません!!
今回は、木場メインなのになぁ・・・・!
せめて、体格だけでも榎木津役の阿部ちゃんに匹敵する人で
なければ・・・完璧にくわれてしまう〜。
まあ、でも映画はやはり堤真一の京極堂中心の脚本に
なっているのかなぁ〜。
うぅ〜〜ん・・・
堤真一には、あと10kgくらいやせてもらわねば・・・・(笑)

<< 「百鬼夜行抄 13」 今 市子... 見たい映画をつなぐタスキ >>