ミリオンダラー・ベイビー
b0020911_18514782.gif痛いなぁ〜!!
痛くて、深くて、渋くて、
せつない映画でした。
イーストウッドとモーガン・フリーマンの
静かで押さえた演技が
余計に心を突き刺しました。

(今回も、かなりのネタばればれです。ご注意!!)
ヒラリー・スワンクは、美人女優ってわけではないけど、すばらしいです!
フランキー(イーストウッド)のトレーニングを受けていくうちに、
美しく筋肉がついて、体系が変わっていき、
勝利を得るごとに、瞳の輝きが増してくる!!
お見事な女優魂を見せていただきました。

後半の30分は、ホントにせつなかったです。
マギー(ヒラリー・スワンク)が、スクラップ(モーガン・フリーマン)に
「あんなに自分を守れ」って言われていたのに、守れなくて
フランキーに謝ってくれって言うシーンや
フランキーに「お父さんが、犬にしたことをしてくれ」と頼むシーンは、
心がホントに痛かったです。

全てをボクシングにかけて、満足して一生を送れたマギーは、
短くても幸せだったと思うけど、残されたフランキーやスクラップを
思うとつらいです。せめていつか娘さんと和解できればいいなぁ〜。
心にパンチをくらった作品でした。

ミリオンダラー・ベイビー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとり言)
帰りに、無性にホントのレモンを使ったレモンパイが食べたくなったけど、
夜遅かったので、店が開いてなくて残念だった・・・。
それで、しかたなく絵を描いてみました!!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2005-06-02 18:55 | cinema
<< 「世にも不幸なできごと1 最悪... 「チョコレート工場の秘密」 ロ... >>