ヴァン・ヘルシング
b0020911_23501089.jpgヴァン・ヘルシング
ジギルとハイドに、ドラキュラ・フランケン・ウルフマンとオールスターキャストのゴシックホラーです。全体的なストーリーは、ちょっと大雑把な感じもありますが、スピード感があるので、2時間半近くがあっという間に過ぎた感じでした。
主人公のヴァン・ヘルシングは、今回も記憶がないのです。(「X-メン」もなかった…笑)
ローマ・バチカンの地下に、いろんな武器を開発している秘密基地みたいなのがあるのは、ちょっとおもしろいです。それに、アン王女とドラキュラの3人の花嫁は美しいです。特に3人の花嫁は迫力抜群です。衣装もきれい!!あまり深いことを考えずに単純に楽しめる映画だと思います。

(以下もしかしたらネタばれかも…)
ドラキュラが、子孫を残す為に産んでいた?繭のようなのは、ちょっとキショイです。それにしても、神の玉座の左側に座しているガブリエルとは四大天使の一人で、マリアに受胎告知した天使じゃないですか〜。う〜んなんだかな……。

■お気に入り度 ♥♥♥♥
[PR]
by cinema-can | 2004-09-15 23:55 | cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/269237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎... 「百器徒然袋ー風」 京極夏彦 >>