ゼロ・グラビティ
b0020911_038049.jpg2013年の見納めは、この作品!
ストーリーは、単純ですが
宇宙空間を漂う感覚を感じられます。
上下左右がなく、なかなか思うように
動きがとれない恐怖が
すごく感じられます。
なんちゃって3Dが多い中
久々に3D感が堪能できる作品でした。


地表から600キロメートルも離れた宇宙で、船外作業を遂行していた
メディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と
ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。
そこへ、爆破した衛星の破片が大量に襲ってきて
スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生してしまう。
二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出され、
残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、
彼らは懸命に生還する方法を探っていく・・・。

宇宙に漂うゴミであるスペースデブリが怖い!
高速で次々と襲ってくるスペースデブリを思わず避けてしまったよ。
宇宙って、ゴミだらけなのね〜。
そして、青い惑星の地球は美しかったです。
ラストの土を握りしめるシーンは印象的でした。

映画『ゼロ・グラビティ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
時間が90分っていうのも疲れないで、ちょうど良かったです。
[PR]
by cinema-can | 2013-12-31 00:39 | cinema | Trackback(7) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/21758467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-12-31 08:37
タイトル : 『ゼロ・グラビティ』
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■劇場 ...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2014-01-02 16:24
タイトル : ゼロ・グラビティ (試写会)
無重力の空でひとりきり公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity12月13日公開監督・脚本: アルフォンソ・キュアロン  「天国の口、終りの楽園」 「ハリー・... more
Tracked from 雑多な豆2 at 2014-01-03 19:33
タイトル : ゼロのゼロ
 少し前に見た「ゼロ・グラビティー」について、ルナさんのところにコメントを書いたので、ついでにもう少し、邦題に付けられた「ゼロ」がいかに無意味なものかについて考えてみる。  確かに、物語のほとんどはいわゆる「無重力状態」の中でのサバイバル劇ではある。  だが、サンドラ・ブロック演じるライアンは、実際には地球の重力の頸城から解き放たれた場所に居るわけではない。  地球の周回軌道にある物体は、実は、地球に向かって落ち続けている。何故、地球に落ちてしまわないかと言えば、地球からの脱出速度に達しない、だ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2014-01-04 15:49
タイトル : 「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー... more
Tracked from 映画のブログ at 2014-01-09 23:14
タイトル : 『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外していくにつれ、手や脚が露わになり、やがて美しいジェーン・フォンダが姿を現す。この意表を突いたオープニングに、どれだけの人がノッ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2014-01-10 21:42
タイトル : ゼロ・グラビティ
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250〜−100ºCで、音を伝えるも...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-01-13 11:29
タイトル : 映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※..
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が太鼓判を押せる作品。 ・★★★☆☆  まぁまぁ。お金払って映画館で観ても悪くない。 ・★★☆☆☆  好き嫌いの分岐...... more
Commented by 黒豆 at 2013-12-31 12:05 x
細かいところまで丁寧に描写されていて、良かったですね。
宇宙空間の怖さは充分堪能出来ました。
(何故、そこで宇宙服を脱ぐ!とか、突っ込みどころもあって、実際は、あんなに都合良く助かりっこないですが…)

ラストシーンを見ると、邦題の余計な「ゼロ」が、あんまり原題の意味を理解してないなあとは思いますけど(^_^;。
Commented by cinema-can at 2014-01-02 15:31
>黒豆さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!(*^^*)

たしかに、あんなにうまく助かるのは
映画ならではでしょうけど、リアルさは充分感じられました。
ラストシーンは、感動的でしたけど
「ゼロ」の意味は・・・そこまで深く考えていませんでした。
Commented by 黒豆 at 2014-01-03 09:55 x
>「ゼロ」の意味は

あれは、最初から最後まで「重力」との闘いの物語なんですよねえ。
宇宙空間は、一応無重力ということにはなってるけれど、実は人工衛星も宇宙ステーションも(もちろんそこに居る人間も)、地球に向かって落ち続けているからこそ地球の周りを回っているだけなんですよね(本当の宇宙空間に飛び出さない、そして本当に落ちてしまわないだけの速度を維持しつつ)。
最後に、彼女が水の中から地上に這い上がるのも、「生命」が重力のある世界に出て来たことの象徴だと思うし…そこで、彼女は改めて重力のあることのありがたみを感じている。
だから、そこに「ゼロ」をくっつけちゃうと、地球周回軌道の冒険だけのお話しになっちゃう。

というのが、ごく個人的な感想でしたヽ(^。^)ノ
Commented by cinema-can at 2014-01-03 17:05
>黒豆さん、こんにちは(*^^*)
なるほど・・・「重力」との闘いの物語ですかぁー。
詳しい解説をどうもありがとうございます。
普通に暮らしていると、重力の事なんて
ほとんど考えたこともありませんでしたけど、
邦題をつけた人もちょっと勉強不足だったんでしょうね。
(まあ、あまり深く考えていなかったでしょうけど・・(^^;)
<< 今年もよろしくお願いします。 鑑定士と顔のない依頼人 >>