「ナミヤ雑貨店の奇蹟」東野 圭吾
b0020911_2139253.jpg強盗を働いた3人は、町外れの
古びた廃屋に逃げ込むが
そこは、30数年前にあらゆる悩みの
相談を請け負っていたナミヤ雑貨店だった。
そんなとき、一通の相談の手紙が
郵便口から届く。
それは、時空を越えた過去からの手紙だった。

ミステリーというよりファンタジー的な作品でした。
ナミヤ雑貨店と丸光園の繋がりの根本が、とてもロマンチックですが
心に残るというほどではないので、すぐ忘れてしまいそうな気もします。
みんな幸せになっている中で、魚屋ミュージシャンが
なんかちょっと気の毒すぎるよねー。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
いかにも映像化を意識した作品だな〜って感じです。
多分映画化か、そのうちフジあたりのテレビドラマかしら。。。
[PR]
by cinema-can | 2013-09-16 21:41 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/21049364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウルヴァリン:SAMURAI サイド・エフェクト >>