パシフィック・リム
b0020911_1515486.jpg朝のワイドショーで、
ギレルモ・デル・トロ監督がお台場の
ガンダムを拝んでいるシーンが
放送されていましたが・・・(笑)
そんな監督のこだわりが
満載な作品でした。
怪獣やロボット、特撮などが
大好きだった人のために
作られた作品ですよね〜。

未知の巨大生命体KAIJUが太平洋深海の裂け目から突如現われ、
人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。
そこで人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、
KAIJUに対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発する。
一時は優勢に思えたイェーガーだが、KAIJUは出現する回数が増え
パワーもアップしていく。
人類は裂け目を破壊するため、最後の戦いに挑む・・・。

イェーガーとKAIJUのバトルは迫力満点で見応えがありましたが
できれば、昼間(明るいトコ)のシーンも観たかったです。
イェーガーの重量感ある動きは、なんかリアルだったし
高性能な武器をバンバン使う攻撃ではなく、殴り合う肉弾戦は
なんか懐かしい特撮ぽくって面白かったです。
イェーガーのタイプの違いを、もう少し詳しく観たかったなぁ〜。
美人とは言えない(失礼!)菊地凛子が、ちょっとカッコ良く見えたし
芦田愛菜ちゃんの泣きの演技はさすが!でした。
私は結構楽しめる作品でした。

大ヒット上映中! 3D/2D同時上映|映画『パシフィック・リム』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
KAIJU博士というより、KAIJUオタクの2人組やKAIJU商人ハンニバルも
なかなか楽しませてくれました。
(フリーパス2本目!)
[PR]
by cinema-can | 2013-08-11 15:20 | cinema | Trackback(15) | Comments(6)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20841035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2013-08-11 15:32
タイトル : 『パシフィック・リム』(2013)
話題の巨大ロボットVS巨大怪獣の映画です。 自分が見たり聞いたり読んだりした限りでは、凡そ好意的な意見以外は入って来ないので、逆に期待値を思いっきり下げて見てきました。 一見して皆さん仰る通り日本製の特撮モノやらアニメやらからの影響、否、露骨な引用(オマージュともいう)が目に付きますね。その分日本人が、世界で一番この世界観に違和感なく入り込めるのではないかとも思います。 逆にディティール含めてなかなか怪獣の姿がバッチリと映らないことや、巨大ロボット”イェーガー”たちが案外脆かったりするあ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2013-08-14 09:45
タイトル : パシフィック・リム
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  ... more
Tracked from ブリットの休日 at 2013-08-14 16:06
タイトル : 『パシフィック・リム』
“人類最後の望みは、この巨兵。”  「パンズ・ラビリンス」や「ヘル・ボーイ」で、他と一線を隔すイマジネーション溢れるビジュアルワールドを見せてくれたギレルモ・デル・トロ監督の最新作『パシフィック・リム... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2013-08-18 22:39
タイトル : 「パシフィック・リム」人類が1つになった先にみた人類が生..
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-08-19 01:13
タイトル : [映画『パシフィック・リム』を観た]
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素晴らしい完成度に満足しました。  私は、「仮面ライダー」よりも「ウルトラマン」派の男...... more
Tracked from 時間の無駄と言わないで at 2013-08-19 01:19
タイトル : 『パシフィック・リム』
「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。 監督の特撮趣味全開。 この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ...... more
Tracked from 映画のブログ at 2013-08-19 09:53
タイトル : 『パシフィック・リム』が守った映画のルール
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそれだけでも充分素晴らし...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2013-08-20 20:41
タイトル : 映画:パシフィック・リム Pacific Rim この夏..
何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素晴らしい。 実は彼、子供のころは初日に駆けつけるほど東宝物・大映物の特撮ファン。 そ...... more
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2013-08-21 19:32
タイトル : [映画][☆☆☆☆★]「パシフィック・リム」感想
 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現。地球滅亡の危機に対抗すべく、人類はその叡智を結集、人型戦闘兵器「イェーガー」を開発、... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2013-08-24 07:55
タイトル : 「パシフィック・リム」 デル・トロのオタク魂、爆発
巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2013-08-29 23:02
タイトル : ドリフ(ト)の大爆発 ギレルモ・デル・トロ 『パシフィッ..
この夏はいつも以上にハリウッドのSF・冒険大作が集中し、なんだか夏祭りの屋台で手... more
Tracked from ふじき78の死屍累々映画日記 at 2013-08-30 01:45
タイトル : 『パシフィック・リム』を109シネマズ木場2で観て、オタ..
五つ星評価で【★★★★近親憎悪のようなものかもしれんが】 IMAX3D吹替で鑑賞。 とりあえず評判を聞いて物凄くテンションがあがった。 そして、単なる「怪獣プロレス」 ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-09-23 06:15
タイトル : パシフィック・リム
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)に...... more
Tracked from よしなしごと at 2013-11-16 11:56
タイトル : 映画:パシフィック・リム
(基本的にネタバレありですのでご注意ください。) ●パシフィック・リム  2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃する。米軍は陸海空軍総攻撃をかけ、その怪獣を倒すことに成功する。しかし喜ぶのもつかの間、次々と怪獣が出現する。関係各国は協力して環太平洋防衛軍、通称PPDCを設立し、対怪獣用巨人兵器イェーガーを開発する。イェーガーの操縦には精神的、肉体的にも負担がかかることから、2人のパイロットが脳の同調回路...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2014-02-13 23:34
タイトル : 映画『パシフィック・リム 3D』を観て
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャーリー・...... more
Commented by samurai-kyousuke at 2013-08-11 17:20
怪獣たるもの真っ昼間に、堂々とゆっくりと歩いて欲しいですね。笑
映画としては好きなジャンルなので90点です。笑
Commented by cinema-can at 2013-08-12 22:40
>samuraiさん、こんばんは!(*^^*)
できればもう少し明るいトコのシーンも見たかったですよねー。
でも私も楽しめたので、とりあえずOKです!
Commented by フシ at 2013-08-14 16:30 x
ルナさん☆こんにちは
まさしく日本の特撮映画ファンのために作られたような映画でしたね。
なんだかどのシーンも、前に何かの作品で見たようなシーンというか、
思い出させるようなシーンがてんこ盛りで、そういうシーンを大迫力で再現してくれたということが、よけいにワクワクさせてくれました。
事前に日本製のロボットも出るって知ってたんですけど、あれ~?って思ってたら、芦田愛菜ちゃんを救ったロボットが日本製だったみたいです。それならラストの一番いい場面でもう一度出して、あのあっさりしたラストじゃなく、もっと盛り上がる演出ができたんじゃないかなあ。
Commented by cinema-can at 2013-08-15 00:23
フシさん、こんばんは!(^_^)
映像は結構凄かったんですが、なんか懐かしい感じが
しましたよね〜。
私もなんかワクワクしましたよん〜。
日本製のイェーガーは、ちょこっとしか出ませんでしたよね
あと、中国製とかロシア製とか、3本手があるやつとか
もう少し解りやすくしてほしかったですね。
Commented by SGA屋伍一 at 2013-08-29 23:01 x
ルナさんはお台場の等身大ガンダムは見たことありますか? そちらからでは見にくるのは大変かもしれませんが、あれは一度見ておいたほうがいいですよ。まさに21世紀の大仏ですw
わたしは二回とも3D吹き替えで見ました。学者コンビの気弱なほうは三ツ矢雄二さんが声をやってたんですが、役者さんも風貌が三ツ矢さんによく似てて笑えましたw
Commented by cinema-can at 2013-08-30 00:36
>SGA屋伍一さん
機会があれば等身大ガンダムは、やはり一度見たいですよー。
21世紀の大仏ですか!なるほどねぇーーー。
吹替えは、基本的にあまり見ない主義ですが、
私も次回は、3D吹替えで見てみようかな〜。
<< 謎解きはディナーのあとで ローン・レンジャー >>