「ほっ」と。キャンペーン
華麗なるギャツビー
b0020911_2293077.jpgいままで何度も映画化された
アメリカ文学「グレート・ギャツビー」の
ディカプリオ版です。
有名なのは、レッドフォード版ですが
見たのは随分昔なので、
新たな気持ちで観てきました。
142分は結構長いけど
豪華絢爛な映像は、充分楽しめました。


証券マンのニック(トビー・マグワイア)は、結婚して優雅な生活をしている
従姉のデイジー(キャリー・マリガン)が住む豪邸の川をはさんだ
向かいの小さな家に引っ越してきたが、隣に建つ宮殿のような豪邸では
毎晩のように盛大なパーティーが開かれていた。
その隣の豪邸の主ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)と
言葉を交わす仲になるが、彼が何者なのか謎は深まる・・・。

自分が愛してる分だけ、相手も愛してくれてるとは限らない!
ギャツビーの盲目的な愛に比べ、デイジーは現実的なのよね〜。
ある意味、男と女の根本的違いが現れていると言えるかもしれません。
だから、もしデイジーが彼の愛を受け入れ一緒になったとしても
きっとうまくはいかなかったと思うのですよー。
もう一人の主人公といえるニック(トビー・マグワイア)が
なかなか良かったです。
デイジーの衣装もステキだったし、
1920年代のアメリカの豪華絢爛絵巻は堪能できます。

映画 『華麗なるギャツビー』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ディカプリオは、あまり好きではなかったけど、
このところ結構いい感じになってきたなぁ〜って思いました。
レッドフォード版が観たくなって、探したけどレンタル中でした。
まあ、みんな考えることは一緒なのね〜〜〜。
[PR]
by cinema-can | 2013-06-30 22:13 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20663657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 風に吹かれて at 2013-07-01 09:20
タイトル : 華麗なるギャツビー
[E:shine] 豪華絢爛 [E:shine]緑の灯火をつかもうとした男公式サイト http://www.gatsbymovie.jp原作: 華麗なるギャツビー (F・スコット・フィッツジェラルド著... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-07-23 08:10
タイトル : 『華麗なるギャツビー』
□作品オフィシャルサイト 「華麗なるギャツビー」 □監督 バズ・ラーマン□脚本 バズ・ラーマン、クレイグ・ピアース□原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、        ジョエ...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2013-08-10 20:58
タイトル : マイ・ハート・ウィル・強引 スコット・フィッツジェラルド..
わたしも来月いよいよ大台に乗りますが、この年になっても読んでない「読んでおくべき... more
Commented by SGA屋伍一 at 2013-08-10 20:58 x
こんばんは。原作未読だったので「こういう話だったのか~」と勉強するような感じで観賞しました。
1920年代のアメリカは日本のバブルのような狂騒ぶりでしたね。そのあとが悲惨という点もよく似てます。
キャリー・マリガンって確かにかわいらしいけど、社交界No.1というほどの美貌だろうか…と、ちょっとそこが疑問でした(^^;
Commented by cinema-can at 2013-08-11 15:27
>SGA屋伍一さん、こんにちは!(*^^*)
私も原作は未読ですが、レッドフォード版は
昔々テレビか何かで観た覚えがありました。
そうなんですよね〜、衣装はとてもステキだったんですが
キャリー・マリガンが、全てをかけるほどの女性には
見えなかったですよね〜(^^;)
まあでも、惚れてしまったら全てが美しく見えるのかも
しれませんねぇ〜。
<< G.I.ジョー バック2リベンジ イノセント・ガーデン >>