アンナ・カレーニナ
b0020911_232116.jpgロシアの文豪トルストイの代表作を
演劇の舞台のようなセットで
撮影された作品です。
原作は相当長いし、
帝政ロシアの政治的な部分を
ほとんどすっ飛ばして
恋愛中心のストーリー展開に
なっています。

19世紀末のロシア。政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の
妻アンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、
社交界の花として、華やかな生活の裏で
夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いていた。
そんな中、彼女は離婚の危機に陥った兄夫婦の関係を修復させるため、
モスクワへ行き、青年将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と
出会う。彼から強い思いをぶつけられて戸惑う彼女だったが、
次第に彼へ引かれていく・・・。

まあ有名な文学作品の映画化って、なかなか難しいと思うし
どこを中心に描くかによって、かなり変わってきます。
多分この作品は、女性目当てで恋愛中心になっています。
お互い社交界の花形だったのに、だんだん泥沼にはまっていく
アンナとヴロンスキーの不倫カップルと
振られても一途なダサイけど誠実なリョービンと
傷ついて彼の気持ちにやっと応えるキティのカップルとの
対比が見どころになっています。
ただ、アンナのダンナがいい人に描かれて過ぎてるよなぁ〜。
(ジュード・ロウだし・・・私の好みの問題ですが)
美しい衣装の数々は目の保養になります!

映画『アンナ・カレーニナ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
キック・アスでは、ダメ男くんを熱演していたアーロンくん。
こういうイケメンの役もこなすのね〜。
ちょっと意外だった。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-28 23:05 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20512603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-06-04 08:42
タイトル : 『アンナ・カレーニナ』
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・マクフ...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2013-06-06 22:58
タイトル : ロシアより愛欲をこめて レフ・トルストイ ジョー・ライト..
今からかれこれ20年くらい前でしょうか。『ウゴウゴルーガ』というえらいゲリラ的な... more
Tracked from 風に吹かれて at 2013-06-10 09:52
タイトル : アンナ・カレーニナ (試写会)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド... more
Commented by SGA屋伍一 at 2013-06-06 22:57 x
こんばんは。トルストイは「話がやたら長そう」という印象があって一作も読んでません・・・ これもそれなりの長さなんでしょうけど編集の妙なのかあまり「はしょってる」という感じではなかったですね
カレーニナの旦那さんやリョービン夫妻には末永く幸せに暮らしてほしいものですが、これからロシアがソ連になってしまうことを考えるといろいろ苦労が待っているのでしょうね…
Commented by cinema-can at 2013-06-06 23:42
>SGA屋伍一さん、こんばんは!(*^^*)
原作を読んだのは遠い遠い昔なので、
あまり覚えていないのですが、貴族でありながら
農民に融合していくリョービンは、トルストイ本人が
モデルだという話もあるみたいなので、
その辺の政治的な部分は、あまり重要視せずに
昼ドラ風恋愛中心な作品でしたよね。
まあ、その方が作品的に受けるという事でしょうね〜。
<< 桐島、部活やめるってよ パラノーマン ブライス・ホローの謎 >>