パラノーマン ブライス・ホローの謎
b0020911_22184716.jpg「コララインとボタンの魔女」の
製作会社の作品なので、
ちょっと期待していたのですが、
すぐに上映が終わってしまいそうだったので、
仕事が忙しかったにもかかわらず
観に行きました。
案の定2週間くらいで
終わってしまいました。


300年前に魔女狩りが行われていた町、ブライス・ホロー。
ノーマンは、死者が見える特殊な能力を持った少年だった。
その能力のせいで、孤独な日々をおくっていたが
ある日行方不明だったおじさんが現れ、魔女の呪いによって
町が滅ぼされる日が近づいており、それを救うことができるのは
ノーマンだけだと言われる・・・。

人形アニメーションは凄いけど、
正直、ストーリーはイマイチだったかな〜。
多分「フランケンウィニー」とイメージが
似ていたせいかもしれませんね〜。
面白くなかったわけではありませんが、
期待ほどではなかったです。
ストップモーションアニメにCGが加わり技術的には
素晴らしいものがありますが、
私的にはもう少し人形ぽい感じが残っていた方が
好みだったかな〜って思いました。
ただ如何せんあのキャラでは、一般受けはしないでしょうね〜。


映画『パラノーマン ブライス・ホローの謎』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
2週間の上映の上、3Dだけでの公開ってちょっと厳しいですよね〜。
まあ、上映されただけでもありがたいというべきですが・・・
[PR]
by cinema-can | 2013-05-26 22:22 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20501509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2013-07-03 21:55
タイトル : 恐怖! 動く人形! サム・フェル クリス・バトラー 『パ..
本日は人形アニメの傑作『パラノーマン・ブライスホローの謎』をご紹介いたします。昨... more
Commented by SGA屋伍一 at 2013-07-03 21:53 x
あら・・・ そちらも二週間でしたか。日本では人気キャラもたくさんいるし、アニメといえば絵アニメだし、コマ撮りアニメには厳しい環境ですよね・・・ それでもなお、コマ撮りアニメがなんとかしてこの国に根付いてくれれば、と思うのですが。唯一の希望は、アードマンかなあ~ 
キャラの中ではノーマン君の友達の太っちょ君がいちいちボケが痛快で気に入ってます
Commented by cinema-can at 2013-07-04 23:34
>SGA屋伍一さん
はい、こちらもあっという間に終了してしまいました!
コマ撮りアニメが人気がないというより
あのキャラたちが、残念ながら日本人にはいまいち
受けない感じなのではないかと思うのですが・・・。
アードマンの「ウォレスとグルミット」は結構人気あるし
合田経郎の「こまねこ」は活動中ですから・・・。

太っちょ君はちょっと天然でしたけど、いい奴でしたね〜。
<< アンナ・カレーニナ 「禁断の魔術」東野 圭吾 >>