「禁断の魔術」東野 圭吾
b0020911_2212313.jpgガリレオシリーズの8作目です。
「透視す(みとおす)」
「曲球る(まがる)」
「念波る(おくる)」
「猛射つ(うつ)」の4編が
収録されています。


軽い感じだった7作目に比べて
今回は、結構良かったです。
特に4作目の「猛射つ」は中編になっていて
なかなか読み応えがありました。
ラストはちょっと切ないけど、
教育者としての湯川の一面が見れて良かったです。
(多分、ドラマの最終話になるんではないでしょうか?)
ガリレオシリーズはこれで終わりだという噂もありますが
ホントのところはどうなんでしょうね〜。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
「真夏の方程式」は、原作を読んだときから
映像化されそうな作品だと思っていましたが、
出来はどうなんでしょね〜。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-26 22:15 | book | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20501473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2013-05-26 22:19
タイトル : 『禁断の魔術』<ガリレオ>8 東野圭吾
「透視す(みとおす)」「曲球る(まがる)」「念波る(おくる)」「猛射つ(うつ)」の四篇を収録した第5短編集で、これで既刊分全て読了。 今回の特徴は全てが書下ろしだということ。 また短編集とはいえ、第四章の「猛射つ」が1冊の内ほぼ半分を占めるボリュームの”中編”だというのも特色で、これは書下ろしならではなのかも。普通に雑誌掲載が先だったならば、ここまで分量をコントロール出来なかったのではないか。 物語自体もミステリー物というジャンルに収まらないくらい多岐に亘っているのも良い。 ところでT...... more
Tracked from cinema-days .. at 2013-06-09 08:55
タイトル : 東野 圭吾 著 『禁断の魔術 ガリレオ8』
禁断の魔術 ガリレオ8 【単行本】 帝都大学理工学部物理学科 湯川学准教授が警視庁捜査一課の捜査に協力 事件の謎を解明していく探偵ガリレオシリーズ第8作 短編4作収録(短編集としては第5作) 第一章 ...... more
Commented by odin2099 at 2013-05-26 22:20
映画版『真夏の方程式』は楽しみなんですが、
個人的には『聖女の救済』を映画にして欲しかったです…(^^ゞ
Commented by cinema-can at 2013-05-26 22:43
>Excalburさん、こんばんは!(*^^*)
『真夏の方程式』楽しみですよね〜。
『聖女の救済』も映像化されそうな作品なので、
もしかしたら、次回作にとっているのかもしれませんねーーー。
『真夏の方程式』が大ゴケしない限り、
絶対そうだと思います!!!
だって・・・フジテレビですもん!!!(笑)
Commented by odin2099 at 2013-05-27 06:16
『聖女の救済』はTVでやるようです。
でもスクリーンで見たかったなあ。
Commented by cinema-can at 2013-05-27 23:45
>Excalburさん
あら、そうなんですねぇ〜。
じゃあ、最終話が『聖女の救済』でしょうね。
映画化しそうなストーリーなのにねーー。
福山雅治の時間が取れなかったのかな〜〜〜。
Commented by Hiro at 2013-06-09 09:00 x
『真夏の方程式』は予告編だけみると、原作のイメージに近い仕上がりのようですね。
Commented by cinema-can at 2013-06-10 02:26
>Hiroさん、こんばんは!(^_^)
『真夏の方程式』楽しみですね〜。
海とかきれいだといいなぁーーー。
<< パラノーマン ブライス・ホローの謎 「虚像の道化師」東野 圭吾 >>