シュガー・ラッシュ
b0020911_2258894.jpgゲームの中のキャラたちが
なかなか良くって、思った以上に
楽しめました。
まあ、最近は悪役の中にも
人気者は結構いるけど、
悪役同士が集まっての
円形に並んで談笑するってのも
アメリカぽいよねー。


ラルフは、「フィックス・イット・フェリックス」というゲームの
悪役を30年間も続けていたが、いつも孤独でそんな状況にうんざりしていた。
ついに彼は、自分もメダルを取ってくれば仲間に入れてもらえると
自分のゲームを抜け出して、メダルを探しに行くが
お菓子の世界のレースゲーム「シュガー・ラッシュ」の世界へ迷い込む。
そこで彼は、仲間外れにされている少女ヴァネロペと出会う。
都合上、彼女を手助けすることになるのだが、
そこには、大きな秘密が隠されていた・・・。

カラフルなお菓子の世界の映像は、とてもきれいでした。
本筋は、お子様も楽しめるお話ですが、
時代遅れだったり、飽きられたりで撤去されたゲーム機の
キャラたちが「仕事をください」の張り紙の下にいるシーンは
なんとも物悲しかったです。
シューティングゲームの女性軍曹と8ビットのフェリックスの
コンビは、なかなか笑わせてくれました。
特別ゲームに詳しくなくても、楽しめる作品でした。

シュガー・ラッシュ | ファンタジー・アドベンチャー | ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
同時上映の短編アニメ「紙ひこうき」もなかなかステキな作品でした。
でも、ちゃんとお仕事もしなくちゃダメだよーーー(笑)
[PR]
by cinema-can | 2013-05-25 23:00 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20496548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2013-05-25 23:05
タイトル : 『シュガー・ラッシュ』(2013)
ゲームの悪役キャラのラルフは、自分もヒーローになりたいと「シュガー・ラッシュ」という他のゲームの中へ逃げ出してしまう。そこで彼は、仲間外れにされていた少女ヴァネロペと出会う。似た境遇の二人はやがて深い絆で結ばれて行くが、その時「シュガー・ラッシュ」に隠された恐るべき真実が!二人はゲーム世界の運命を変えることが出来るのか?! ジョン・ラセターが製作総指揮を務めたCGアニメーションなので、てっきりピクサー・アニメーション・スタジオ社製なのかと思いきや、こちらはウォルト・ディズニー・アニメーション・ス...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2013-06-04 22:32
タイトル : 悪いヤツほどイノセンス リッチ・ムーア 『シュガーラッシュ』
『RED』『エクスペンダブルズ』『アヴェンジャーズ』と豪勢な「大集合」映画が続く... more
Commented by SGA屋伍一 at 2013-06-04 22:31 x
あ、ルナさんはあまりテレビゲームはしませんか。わたしは一時期はまってましたが、年を食うとだんだんきつくなってきて最近はめっきりご無沙汰です。けっこう体力を使うんですよね、あれ
でもラルフが出てくるような単純なゲームだったら気分転換にいいかも。時々昔のスーパーマリオが無性にやりたくなる時とかあるんですよね・・・
Commented by cinema-can at 2013-06-04 23:46
>SGA屋伍一さん
そうですね〜。テレビゲームはあまりやりませんねーーー。
っていうか・・・あまり上手くないので
すぐ終わってしまうので・・・・(~_~;)
育成型のゲームは結構好きです!
(ピグの農園ゲームとか結構ハマってます)
基本的に物を作ることが好きみたいです。
<< 「虚像の道化師」東野 圭吾 プラチナデータ >>