オズ はじまりの戦い
b0020911_23394732.jpg仕事が忙しかったので、
ちょっとさぼり過ぎて
もう鑑賞してから、2ヶ月近く
たってしまって・・・。
なんとなく記憶をたどりながら
少しずつブログを復活したいと
思っています!!!


傲慢でちょっとお調子者のオズ(ジェームズ・フランコ)は、
問題を起こし、気球で逃げ出すが竜巻に巻き込まれ、
カンザスから魔法の国オズへとたどり着く。
そこは邪悪な魔女に支配され、人々は予言の魔法使いが
国を救ってくれると信じていた。
その魔法使いと勘違いされ救世主だと思われたオズは、
西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)と
姉の東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)から、
南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)の退治を頼まれるのだが・・・。

オズの魔法使いと言えば、ドロシーとかカカシやブリキとかを
思い浮かべてしまいますが、その前のストーリーみたいです。
オズは持ち前のお調子の良さで、難を切り抜けていく感じですが
いまひとつ好きにはなれないタイプでした。
3人の魔女たちは、それぞれ良かったですが
それを上回ったのは、小さな陶器のお人形さんでした。
妙に前向きで、動きもなんかキュートで可愛かったです。
映像は美しかったです!

オズ はじまりの戦い | ディズニー映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
そういえば、北の魔女ってどんな魔女だったっけ・・・???
たしか良い方の魔女で、優秀だったような・・・。
続編あるのかなーーー。
[PR]
by cinema-can | 2013-05-15 23:41 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/20447482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2013-05-15 23:48
タイトル : 『オズ/はじまりの戦い』(2013)
ライマン・フランク・ボームの『オズの魔法使い』の前日譚というと、劇団四季のミュージカル版にすっかりハマってしまっている『ウィキッド』もあるけれど、こちらは映画用のオリジナルストーリー。権利関係の問題もあって1939年製作のミュージカル映画『オズの魔法使』からの引用はないが、随所にオマージュを捧げたと思しき箇所もあって、新しいんだけど懐かしい、と感じられる映画になっている。 現実世界がモノクロで描写され、<オズの国>へ着いてからはカラーで表現されるのも同じだし、最後の「The End」の出し方もち...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2013-06-10 09:56
タイトル : オズ はじまりの戦い
映画も魔法のひとつ公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/oz-hajimari監督: サム・ライミカンザスのサーカス一座の奇術師オズ(ジェームズ・フランコ)は、ある... more
Commented by 黒豆 at 2013-05-16 20:42 x
お久しぶり〜(^^!

いかにもディズニーというか、あんまり深みのないお話でしたね(^_^;
悪い魔女の魔法も大したことなかったし・・・。

陶器の女の子は可愛かったです!
登場人物(?)の中で一番良かった(^^)

原作だと、ドロシーたちがやって来たときには、オズはすっかり気の弱いおじいさんになっていたのではなかったかなあ?
Commented by cinema-can at 2013-05-16 23:56
>黒豆さん、こんばんは!(*^^*)
ご無沙汰してます!
そうそう、映像は美しかったですが、
深みはないお話でした!!!
やはり、イチオシは陶器の女の子ですよねー。
私も登場人物の中で一番良かったです。
原作のオズは、おじいさんのイカサマ魔法使いでしたよね〜。
<< プラチナデータ ジャンゴ 繋がれざる者 >>