アルゴ
b0020911_2342576.jpg事実にもとづくストーリーなので、
結果はわかっているのですが、
ハラハラ感は、半端なかったです。
冒頭にイラスト入りで、
当時の状況を説明してくれるので
とてもわかりやすかったです。
そして、とても考えさせられる部分でも
ありました。

1979年テヘランで、イランの革命派によるアメリカ大使館人質事件が起きる。
パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出し
カナダ大使の私邸に潜伏。
6名が過激派たちに発見され、殺害されるのを阻止するため
救出作戦のエキスパートとしてCIAエージェントの
トニー・メンデス(ベン・アフレック)は、彼らを救出する作戦を立案する。
しかし、それは前代未聞で大胆なものだった・・・。

派手なアクションとかは、ほとんどないんだけど
後半のバザールや空港での、ハラハラドキドキ感は
特に凄かったです。
6人のために、命をかけたミッションを遂行したトニーは、
凄い人ですが、6人を私邸に匿い続けたカナダ大使夫妻も
素晴らしいと思います。
そして、そこに勤めていたイランの女性サハラ!
彼女の一言はホントに大きかったです。
イラクに逃亡していたみたいですが、あのあとイラクで
おこることを考えたら、彼女が無事で幸せでいてくれること
願いたいと思いました。
ただ、全員無事だったとはいえ、長い間人質となっていた
その他の大使館員の人々は、本当に大変だったと思うし
こうなった原因は、アメリカ政府にもあることも
まぎれもない事実ですよね〜。

2012年10月26日公開 映画『アルゴ』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
エンドロールで、当時のご本人との写真が並べて出てくるのですが
すご〜〜く似ていて、ちょっとビックリでした!!!
[PR]
by cinema-can | 2012-11-07 23:06 | cinema | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/19453824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2012-11-12 22:04
タイトル : 「アルゴ」 国のため、正義のためというより
1979年に起きた在イラン米国大使館占拠事件というのは歴史的にみても、エポックな... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2012-12-04 22:16
タイトル : ロケーション・インポッシブル ベン・アフレック 『アルゴ』
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』『ザ・タウン』と監督作品が注目を浴びているベン・アフ... more
Tracked from よしなしごと at 2013-02-18 00:44
タイトル : 映画:アルゴ
 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しかも映画が題材(?)となっていると聞いてはスルーするわけにもいかず、そんなわけでアルゴを見てきました。... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-03-07 17:22
タイトル : 『アルゴ』
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、       ヴィクター・ガーバー、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル...... more
Commented by SGA屋伍一 at 2012-12-04 22:15 x
1979というとガンダム一作目が放映された年ですね・・・ 当時小学生だったわたしはこんな事件が起きていたことに全然気がついてませんでした。ニュースでも普通に取り上げられていたんでしょうけど
人はとかく群集心理にまどわされやすいものですが、そんな中でもサハラのような人もいるんだな、というところに慰められました。本当、彼女あれから後も苦労することになるんだろうなあ・・・
Commented by cinema-can at 2012-12-05 21:22
アニメで年代がわかるとか、さすがです!!!
派手なアクションとかないのに、ハラハラ感は
半端なかったですよねー。
サハラが無事なことを祈るばかりですね〜。
<< 悪の教典 009 RE:CYBORG >>