推理作家ポー 最期の5日間
b0020911_22503823.jpgエドガー・アラン・ポーといえば
初の推理小説を書いた作家として
世界的に有名ですが、
生活はとても貧窮していて、40歳の若さで
謎の死をとげたみたいですね。
死んでから有名になる!っては
芸術家には多いですが、謎の死!ってのが
また興味をそそられますよねー。

1849年のボルチモア。ある殺人事件を担当することになった
若き警視正エメット・フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、
事件が推理作家エドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の
作品によく似ていることを察知。
ポーは容疑者とみなされるが、捜査が進められる中、
彼の著作をまねるように連続殺人が発生する・・・。

多分、耽美主義的ゴシックホラーを好む人には
それなりに面白いと思いますが、一般的に受ける作品ではないかも・・・。
結構グロいシーンも多いし、「落し穴と振り子」を模倣したシーンなどは
かなりヤバい。
犯人がいまひとつだったのは、残念ですが
ポーの世界観は充分味わえる作品だと思います。

推理作家ポー 最期の5日間|映画←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
刑事役のルーク・エヴァンスが、なかなかカッコ良かったです。
[PR]
by cinema-can | 2012-10-24 22:52 | cinema | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/19336568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from soramove at 2012-10-30 07:22
タイトル : 映画「推理作家ポー 最期の5日間」こんなに有名な作家の死..
「推理作家ポー 最期の5日間」★★★ ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンス、 アリス・イヴ、ブレンダン・グリーソン出演 ジェームズ・マクティーグ監督、 110分、2012年10月12日(公開) 2012,アメリカ,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:THE RAVEN) <リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本では推理作家として有名な エドガー・アラン・ポーの死の謎を 彼の著作の模倣連続殺人と結び付け...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2012-11-02 23:43
タイトル : カラスと共に去りぬ ジェームズ・マクティーグ 『推理作家..
今年はエドガー・アラン・ポー生誕203周年、没後163周年にあたります。・・・ど... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2013-04-08 23:00
タイトル : 「推理作家ポー 最期の5日間」 ミステリー好きのための
劇場で見逃したので、レンタルで観賞。 主人公は「モルグ街の殺人」などの作品がよく... more
Commented by SGA屋伍一 at 2012-11-02 23:42 x
わたしはけっこう気に入ってしまったんですが、TLでも世間でもあんまり評判よろしくないようで・・・ そもそも日本でポーのファンってどのくらいいるのかなあ。決してメジャーではないですよね。乱歩のファンはたくさんいそうですけど
久しぶりにポーの小説が読みたくなって新潮文庫の『黒猫・アッシャー家の崩壊』を買ってしまいました
Commented by cinema-can at 2012-11-04 23:40
>SGA屋伍一さん
私もポーの世界観が堪能できて、結構好きでしたけど、
かなりグロいシーンもあるし
一般的には評判は良くないみたいですね〜。
ポーの作品は、随分昔に読みましたが、
私も改めて読んでみたくなりました。
<< エクスペンダブルズ2 ハンガー・ゲーム >>