ジェーン・エア
b0020911_23592635.jpg何度も映画化されている
古典ラブ・ストーリーです。
たまには、文学的な作品も
いいかなぁ〜と思って観ましたが
ちょっと物足りないかなぁー。
でも、長い原作を2時間でまとめるなら
こんなもんかもしれませんね。


幼くして両親を失い、引き取られた叔母に疎まれ、孤児院で
つらい思いをしながら育ったジェーン・エア(ミア・ワシコウスカ)。
家庭教師の免許を獲得した彼女は、
ソーンフィールド邸に住み込みながら働くことになる。
ある日、それまで不在であったソーンフィールド邸の
主人ロチェスター(マイケル・ファスベンダー)と出会う。
どこか暗くて冷たい雰囲気に包まれた彼に、
徐々に魅かれていくジェーン。
しかし、ロチェスターには隠された秘密があった・・・。

ジェーンとロチェスターの心情描写がちょっと雑なので、
2人の心の動きがわかりずらくて残念ですが
イギリスの美しい風景や、暗くて荘厳なお屋敷などは
堪能できる作品です。
ジェーンは、もともと美人の設定ではないと思いますが
ミア・ワシコウスカは、なかなか合っていたと思います。


映画『ジェーン・エア』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
「リトルダンサー」のジェイミー・ベル、大人になったのね〜。
[PR]
by cinema-can | 2012-07-14 00:02 | cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/18601043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 孤島の王 マイ・バック・ページ >>