スノーホワイト
b0020911_0441748.jpg最近は、童話をアレンジした作品が
流行みたいですね〜。
アリスとか赤ずきんとか・・・
そして今回は、スノーホワイト!
戦う?白雪姫です!!!
予告を観た時は、面白そうだと
思ったんだけどね〜。


ある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを
持つスノーホワイト(クリステン・スチュワート)は、
幸せに暮らしていたが、王妃が事故によってこの世を去ってしまう。
大きなショックを受けた王は、戦闘に明け暮れるが
ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という美女に一目ぼれし、
彼女を王妃として迎えることを決める。
しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナによって殺されてしまい
幼いスノーホワイトは幽閉されてしまう・・・。

魔女シャーリーズ・セロンの際立った美しさに比べ、
クリステン・スチュワートがあまりに普通だ・・・・。
やはり対等くらいに美しくないと、なんだかねぇーーー。
猟師と王子との三角関係も、よくあるパターンだけど
毒りんごを食べた姫を目覚めさせるのは・・・
なんとなく感じていたが、やはりそっち〜!!!まあ、いいけど。
おまけに、「もののけ姫」のパクリまであって
(ディ◯◯◯◯◯まんまじゃん!いいのかよ〜!)
なんだかぁ〜って感じでした。
でも映像はそこそこきれいでした。

映画『スノーホワイト』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
続編ありみたいなウワサですが、いらんと思うよ!
[PR]
by cinema-can | 2012-07-09 00:47 | cinema | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/18569320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2012-07-09 07:21
タイトル : 『スノーホワイト』(2012)
今年は「グリム童話誕生200周年」なんだそうですが、これまでのイメージとはかなり違った「白雪姫」物語となったのがこの作品です。王子様に助けられる受身のヒロインではなく、自らの運命を自ら切り開くという新しい「白雪姫」像を作り上げています。 ヒロインのスノーホワイト役にクリスティン・スチュワート、継母ラヴェンナ女王にはシャーリーズ・セロン、売り出し中のアイドル女優と実力派美人女優との共演になりました。 姫を護ることになるハンターのエリックにクリス・ヘムズワース、姫に仕える公爵の息子ウィリアムにサム...... more
Tracked from soramove at 2012-07-10 20:30
タイトル : 映画「スノーホワイト」誰もが知る物語を現代の視覚効果で見..
「スノーホワイト」★★★☆ クリステン・スチュアート、クリス・ヘムズワース シャーリーズ・セロン、サム・クラフリン出演 ルパート・サンダース監督、 127分、2012年6月15日公開 2011,アメリカ,東宝東和 (原題/原作:Snow White and the Huntsman ) <リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「誰もが知ってるグリム童話を 女王VS白雪姫という闘いの物語に変えた。 たいした内容のある映画じゃな...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2012-07-25 10:16
タイトル : 秘密の悪女さん ルパート・サンダース 『スノーホワイト』
それは鏡、鏡の中からえっへっへ♪ 『アリス・イン・ワンダーランド』のスタッフが今... more
Tracked from 雑記帳+ at 2012-12-10 00:05
タイトル : 『スノーホワイト』をレンタル
飛び飛びで3日に分けて観てしまった。 童話の白雪姫とはちょっと違う。たくましい白... more
Commented by SGA屋伍一 at 2012-07-25 10:15 x
世間ではヒットしたようですが映画ファンからはイマイチの声が多いようですね(^^; そしてみんなクリスティン・スチュワートに冷たい・・・
このお嬢さん、『イントゥ・ザ・ワイルド』に出てたころははかなげな美少女という感じでとってもよかったんですよ。だけど最近ちょっとアゴが目立つようになってきたような・・・ 売れっ子になったせい?(なんで?)
Commented by cinema-can at 2012-07-26 23:50
>SGA屋伍一さん
予告にのせられて、観た人は多いかもしれませんね〜。
今、考えるとクリスティン・スチュワートが悪いと
言うより、シャーリーズ・セロンのオーラが
際立っていたというべきかもしれませんねぇーーー。
売れっ子になっても、いまひとつオーラを感じられないトコが
残念ですよね〜。
作品的にも、パクリぽいのはちょっと幻滅ですよね。
Commented by aju at 2012-12-10 00:04 x
>ルナさん
私も『イントゥ・ザ・ワイルド』の時の彼女はいいなぁと思ったんですけど・・・
そういえば「もののけ姫」っぽい所、ありましたねぇ。(笑)
まんまパクリだし、何で「もののけ姫」テイストを取り入れちゃったんでしょうねぇ・・・?
Commented by cinema-can at 2012-12-11 23:17
>ajuさん、こんばんは!(*^^*)
私もクリスティン・スチュワートは、別に嫌いじゃないですけど
今回は、完全にシャーリーズ・セロンのオーラに
くわれちゃった感じですよね。
「もののけ姫」のパクリには、ちょっと幻滅でしたが
もしかしたら、すごいファンだったのかな〜〜〜(^^;)
<< マイ・バック・ページ 幸せへのキセキ >>