アーティスト
b0020911_233295.jpg本年度アカデミー作品賞を
獲得したサイレント映画です。
CG・3Dが氾濫する中で、
あえてモノクロのサイレントってところが、
フランス人監督だな〜って気がします。
ストーリーもシンプルで
まあ、たまにはこんな作品もいいかなぁ〜って
思いました。

1927年のハリウッドで、サイレント映画のスターの
ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、
新作の舞台で新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
その後、ジョージの何げないアドバイスをきっかけに
ヒロインを務めるほどになったペピーは、
トーキー映画のスターへと駆け上がる。
一方ジョージは、かたくなにサイレントにこだわり、
落ちぶれていく・・・。

まるで、古い映画を観ているようで
なんとなく新しさも感じました。
なんだろう・・・目にやさしい映画!って感じがしました。
なんせ、最近は目が疲れる作品が多いですからねぇ〜。
ストーリーは、正直ありきたりですが、
音楽も雰囲気も良かったです。
カラーだったら、さぞ衣装も美しいのだろうなぁ〜と
想像させられました。
私は結構好きでしたが、やはり派手さがない分
一般受けはしないかもしれませんね〜。

映画『アーティスト』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
アギー(ワンちゃん)の名演技は、なかなか感動ものです!
[PR]
by cinema-can | 2012-05-20 04:32 | Trackback(2) | Comments(3)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/18365691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2012-06-12 22:48
タイトル : 芸術はブラック&ホワイトだ ミシェル・アザナヴィシウス ..
気がつけば約10日ぶりの更新です。はっはっは… 本日はフランス映画でモノクロサイ... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-08-05 08:19
タイトル : 『アーティスト』
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミッシ...... more
Commented at 2012-06-04 16:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by SGA屋伍一 at 2012-06-12 22:47 x
目にやさしい映画か。なるほど! たしかに3D映画は目が疲れますもんね。わたしは3Dも嫌いじゃありませんけど
わたしは色々あるのがいいことだと思ってるので、バリバリの3D映画がある一方で、こういうサイレントの新作が観られるというのは、なかなか面白い状況になってきたな、と思ってます
アギーちゃんは名演技でしたね。そういえばサイレントのスター、チャップリンにも『犬の生活』という名作があったなあ
Commented by cinema-can at 2012-06-12 23:38
>SGA屋伍一さん
えっと、もちろん私も3D映画はすごいと思いますし、
これからも見たいと思っているんですが、
最近は、別に3Dでなくてもいいような作品まで
なんちゃって3Dで高い料金をとる傾向が強いような気がします。

チャップリンの『犬の生活』!
見た事ないですが、面白そうですね〜。
<< ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 >>