サラの鍵
b0020911_0203491.jpgナチス占領下でのフランス警察による
ユダヤ人迫害の
ベルディブ(冬季競輪場)事件は
あまり知られていないですよね。
こんな悲惨な事があったんですね。
サラと弟がどうなったのかが
ミステリー感いっぱいで
かなりハラハラします。


1942年、ナチス占領下のパリ。ユダヤ人一斉検挙によって
連れてこられた人々の中に、少女サラはいた。
それから60年後。パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストの
ジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、
ヴェルディヴ事件を取材するうちに、引っ越そうとしていた
夫のアパートで起こった悲劇を知ることとなる・・・・。

悲惨だとかひどいとか、言うのは簡単だけど
ジュリアが「あなたがその場にいたら、どうした?」と
いう問いかけは、本当に考えさせられる。
真実を知り、そのことを伝えて、新たな道を歩んで行く
ラストは希望が持てるものでした。

映画『サラの鍵』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
悲惨な歴史の中でも、脱獄を見逃してくれた警官や
サラを助けてくれた農家の夫婦などのように
勇気を持った名のない人々がいたことを信じたいと思いました。
[PR]
by cinema-can | 2012-02-13 00:22 | cinema | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/17791985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2012-03-05 15:40
タイトル : サラの鍵
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ...... more
Tracked from いやいやえん at 2012-07-05 17:44
タイトル : サラの鍵
フランスでユダヤ人が迫害されていたという事実。そういう事実があったことは知ってはいましたが、詳しくは知らなかった自分が恥ずかしいですね。とてもよく出来ている作品でした。 現代、ジャーナリストのジュリアは、夫が祖父母から譲り受けたアパートに、かつてユダヤ人家族が住んでいたことを知る。過去、ユダヤ人一斉検挙の朝、少女サラは弟を納戸に隠して鍵をかける。 「サラの鍵」とは、ユダヤ人の一斉検挙が行われた際、サラが弟をとっさにかくまった納戸の鍵のこと。すぐに帰れると思っていたサラが何気なく取ったこの行...... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2012-07-07 11:07
タイトル : 映画『サラの鍵』を観て
11-86.サラの鍵■原題:Elle s'appelait Sarah(英題:Sarah's Key)■製作年・国:2010年、フランス■上映時間:111分■字幕:斎藤敦子■料金:1,800円■鑑賞日:12月17日、新宿武蔵野館(新宿)□監督・脚本:ジル・パケ=ブレネール□脚本:セルジュ・...... more
<< デビルクエスト J・エドガー >>