恋の罪
b0020911_23152363.jpgう〜〜ん、やはり園子温作品はかなり衝撃的だ。
彼の作品を見るのは、
これで2作目となるのですが
冒頭からエロとグロの
てんこ盛り!って感じ。
身体をはった女優陣の凄さは
感じますが・・・・なんとも
凄過ぎる内容でした。

ある大雨の日、ラブホテル街の廃墟アパートで女性の死体が発見される。
その事件を追う刑事の和子(水野美紀)は、
幸せな家庭を持ちながらもずるずると愛人との関係を続けていた。
彼女は捜査を進めるうちに、大学のエリート助教授美津子(冨樫真)や、
売れっ子小説家の妻いずみ(神楽坂恵)の秘密を知ることになる・・・・。

冨樫真の迫真ぶりも怖かったけど、その母親の大方斐紗子の
怪演ぶりがホント恐ろしい。
ただ、お子ちゃまの私には、まったく共感できる部分は
ありませんでした。

園子温監督作品『恋の罪』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
園子温作品は、一回見たら決して忘れる事ができない
インパクトがあります。
でも、2回見たいとは思えない作品でもあります。(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2011-11-28 23:20 | cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/17117960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 白いリボン 人生万歳! >>