レディ・ジョ−カ−
b0020911_23222594.gifお正月に、久しぶりに会った弟に
鑑賞券ををもらったので、
観て来ました。
高村薫の原作を読んだのは、
もう随分前なので、あまり内容は
覚えていなかったのだけど、
原作とはちょっと違うんじゃないかな〜。

ストーリーは、日本を代表するビール会社の社長が、
レディ・ジョ−カ−と名乗る犯人に誘拐され、
会社の信用を人質に20億円の要求されるわけですが、
う〜〜〜ん、なんか犯人のホントの目的が、
いまいちちゃんと見えてこないんですよね。
なんか中途半端な感じでした。
これだけ、豪華な俳優陣を使って、それぞれの演技も
それなりにすごいんだろうけど、何かピントが
ずれていて、残念な気がしました。
斉藤千晃の演技は、こわいくらいでした。

それにしても、映画館でこれだけ年齢層の高いお客さんが集まった
映画は久しぶりに観ました。(笑)

レディ・ジョーカー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥
[PR]
by cinema-can | 2005-01-10 23:25 | cinema | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/1682951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2005-01-23 23:12
タイトル : 『レディ・ジョーカー』
■監督 平山秀幸 ■原作 高村薫 ■脚本 鄭義信(『血と骨』) ■キャスト 渡哲也、徳重聡、吉川晃司、長塚京三、國村隼、大杉漣、吹越満、加藤晴彦、菅野美穂、岸部一徳 「レディ・ジョーカー」と名乗る5人の犯人は、競馬場で知り合い親しくなった男たち。 小さな薬店の老店主、中年のトラック運転手、信用金庫の職員、町工場の若い旋盤工、下積みのノンキャリア刑事というメンバー。 そしてトラック運転手には、重度の障害をもったレディという12歳の娘がいる。 彼らは身のうちに抱えた恵まれぬ境遇を生きながら、それぞれ異なっ...... more
<< アンナとロッテ 「ハウルの動く城」展 >>