ゴーストライター
b0020911_23425043.jpg全体に漂う暗い感じと
グレーなイメージの海や空の
映像が、主役の不安を
よりかき立てる。
なんかやばいかも!って
感じることには
やはり、手をだしてはいけないよね。


元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を、
破格の報酬で引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。
その仕事の前任者が事故死したこともあり、彼は気乗りがしないまま
アメリカ東部の島へと向かう。同じころ、イスラム過激派のテロ容疑者に
対する拷問への元首相の関与が取り上げられる・・・・。

レトロな雰囲気のミステリーでした。
本人自体も、乗り気ではなかったにもかかわらず、
どんどんと巻き込まれていく様が、なんか怖い。
ただ、CAIと首相の奥さんの関係はなんだかなぁ・・・。
ラストも怖いです・・・。

映画「ゴーストライター」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
この作品も都内から、だいぶ遅れてやっと上映。
ミニシアターが軒並み閉館しちゃったから、
これからますます上映されない作品が増えそうで残念です。
[PR]
by cinema-can | 2011-11-02 23:45 | cinema | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/16631016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2011-11-06 08:11
タイトル : 「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる?
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を... more
<< カウボーイ&エイリアン キャプテン・アメリカ ザ・ファ... >>