メアリー&マックス
b0020911_145723.jpg都内から遅れること半年!
やっとやっと福岡でも
上映されたので
観ることができました!!!
1日にわずか4秒の気の遠くなる
作業のクレイアニメーションは
素晴らしい出来栄えでした。


オーストラリアに住む8歳の少女メアリー(声:トニ・コレット)は、
万引きに夢中でアルコール中毒の母と、
死んだ鳥を使った剥製の製作が趣味の父と暮らしていた。
泥の水溜り色の瞳で、額にはウンコ色の痣があるメアリーは、
学校でもいじめられ、友達がほしいと願っていた。
ある日、たまたま手にした電話帳からアメリカ人と友達になろうと思い
マックスに手紙を出す。一方、ニューヨークで暮らす
44歳のマックス(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、
肥満体の中年男で、アスペルガー症候群のために、
社会にうまく馴染むことができず、人づきあいが苦手で
大都会で一人孤独な日々を送っていた。そんな彼のもとに、
メアリーから突然の手紙が届き、とまどいながらも誠実に返事を書く。
それは、2つの大陸にまたがる、メアリーとマックスの
20年以上に渡る深い交流の始まりだった・・・・。

ある日突然、知らない子供から手紙が来たら
返事を書く人は何人いるだろう・・・・。
(たぶん、私なら何かのワナ?かもしれないと思ちゃうかなぁ〜)
成長し、痣の除去手術して自信をつけていくメアリーに対して
宝くじが当たっても、たいして生活の変わらない淡々とした
生き方のマックスが対照的で感慨深い。
いろんな意味で考えさせられる作品でした。
ラストのシーンは、涙なくしては見られない感動ものでした!

メアリーの世界はセピア色で、マックスの世界はモノトーン、
そんな中ポイントで赤などが使用され、
表情や動きも素晴らしく、クレイアニメとしてのクオリティも高いです。

b0020911_194822.jpg


メアリー&マックス←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
登場人物はみんな不細工なのに、なぜか愛しく思えてくるのよね〜。
(メアリーの母親は除く・・・(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2011-10-17 01:12 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/16451654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2011-10-24 21:05
タイトル : あなたから届いたエアメール アダム・エリオット 『メアリ..
今から約一年半前の東京国際映画祭で、好評を博した一本のクレイアニメがありました。... more
Commented by SGA屋伍一 at 2011-10-24 21:03 x
こんばんは。わたしのとこでも少し前に遅れてかかってたので、三度目を観にいってまいりましたw
近頃は海外アニメといえばCGが全盛ですが(そっちも好きだけれど(^^;))一方でこういう暖かな手触りのクレイアニメひきつづき作られていってほしいですね

シビアなお話とキモカワなキャラ、そして優しい背景や音楽の組み合わせがなんとも不思議な作品でした。二年前から待っていたのですが、今年観られて本当によかったです。そういう事情もあり、今年のマイベストにほぼ決定しております(笑)
Commented by cinema-can at 2011-10-24 23:50
> SGA屋伍一さん、こんばんは!(*^^*)
もう、3回も見たんですね〜さすがです!
クレイアニメは、制作が大変ですが暖かさがありますよね。
私もこういう作品が作られ続けることを心から
願っています。

私的にも、今年のベストテンに入る作品になりました。
ラストは、感動的でした!!!

ただ、ここ数年で単館系の映画館が3つも閉館してしまったので、こういう作品がなかなか見れなくなるのが、すごく残念です。
<< 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 「やなりいなり」畠中 恵 >>