「悪人」吉田 修一
b0020911_011671.jpg暗そうなので、原作は読まないつもり
だったのですが、一応地元の
お話だし、図書館で借りられたので
読んじゃいました!っていっても
もう、1ヶ月半くらい前になるので
記憶が薄れてる感じもありますが、
映画ではあまり出てこない人の
話もあって、読んで良かったかな。

やはり、原作のイメージの光代は深津絵里とは
ちょっと違ったけど、祐一は意外と合っていた気がします。
石橋佳乃の同僚たちや祐一の友人、昔つきあっていた風俗嬢、母親
増尾の友人など映画には、あまり詳しくでてきませんが
原作では、いろいろ登場していました。
そして、逮捕後のラストに書かれている光代と祐一の発言!
なんか痛いですよねー。

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
でもね、やはり幸せな気分にさせてくれる映画や本が
私は好きだなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2011-04-20 00:17 | book | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/15305501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2011-04-20 17:13
タイトル : 「悪人」/吉田修一
「悪人」/吉田修一著  映画『悪人』の評価は、日本アカデミー賞では最優秀主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞・助演女優賞を独占した。 しかしながら、映画で受けた僕の印象は、この二人の主人公の出会いから逃避行に至るまで、 その心象描写にいささかのフラス...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2011-11-19 06:59
タイトル : 本 「悪人」
今年2010年の僕の選んだベスト10の映画の中にもランクインさせた「悪人」、原作... more
<< トゥルー・グリット SP 革命篇 >>