「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」(上・下)スティーグ・ラーソン
b0020911_0291448.jpg映画を観てから
やっぱり原作を読んでみたくて
図書館にリクエストしていましたが
やっと回ってきました。
原作もやはりこの1巻目が
一番面白いかも・・・。
映画ではわからなかった部分も
理解できて面白かったです。

それにしても、この小説のおかげで私のスウェーデンに
対するイメージは大きく変わりました。
まあ、どんな国にもいろんな一面があると思いますが
女性に対する暴力的行為が結構ひどいことが
ところどころの冒頭に統計で現されていてちょっとショックでした。

ミカエルが結婚しているミレニアムの編集長エリカと
長年公然とつきあっていて、それをエリカの夫も公認してる事や
リスベットの心の動きなどは原作を読んでよくわかりました。

原作では、映画のあとのことも結構書かれているので、
ミカエルとリスベットが結構裕福になったことが
理解できました。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
一巻目はなかなか順番が回ってこなかったのに
二巻目はもう用意できてるみたいです。
みんな一巻目しか読まないのかなぁ?
[PR]
by cinema-can | 2011-01-28 00:31 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/14818866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キック・アス グリーン・ホーネット >>