チェブラーシカ
b0020911_81764.jpg今年最後の作品は、
大好きなチェブラーシカ。
しかも、新作と聞いて
ちょっと期待していたんだけど・・・。
中村誠監督のチェブは
ロシア色が払拭され
哀愁感を取り除いた
なんだかNHKの子供向け
作品のようでした。

誰も出会ったことのない大きな耳の小さな生き物は、
熱帯のジャングルに住んでいたのですが、ある朝、
散歩に出かけ、農園の木箱に入ったオレンジを
たくさん食べてそのまま箱の中で寝込んでしまいます。
気がつくと、そこはロシアで手足がしびれて
ちゃんとすわることができなかったので、
果物屋のおじさんからチェブラーシカ(バッタリ倒れ屋さん)と
名付けられるのですが・・・・。

全体的に明るくこぎれいにされて
「こんにちはチェブラーシカ」が盛り込まれた
お子様向け作品って感じでした。
なので、オリジナルのチェブファンには
受けが悪いかもしれませんねぇ〜。
まあ、チェブ自体が癒されキャラなので
可愛いですけどね・・・・。

ロシア語版(字幕)は、ナレーターもないし、
効果音や主題歌もないらしいですし、
第1話もショートカットせずに公開されるみたいですね。
TOHOシネマズ六本木ヒルズと、TOHOシネマズなんばのみの
上映かぁ〜!そっちを観たかったなぁ・・・。
b0020911_821250.jpg


チェブラーシカ オフィシャルサイト - Cheburashka Official site -←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
同時上映の「くまのがっこう 〜ジャッキーとケイティ〜」も
お子様向けですが、可愛かったです。
[PR]
by cinema-can | 2010-12-30 08:05 | cinema | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/14666795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2011-01-16 19:28
タイトル : 『チェブラーシカ』(2010)
名前とデザインだけは知っていましたが、それ以外は正体不明の映画を観てきました。 実際、作品中でも正体不明のようですけど(笑)。 ということで色々と調べてみると、ロシアの国民的人気キャラクターだそうですね。 元々は絵本のキャラクターで、その後で人形アニメが作られたということのようです。 40年以上もの歴史があるようですが、日本で正式に紹介されたのは10年位前とのこと。確か数年前にジブリ美術館プレゼンツかなんかでも劇場公開されていたはずで、多分その時にキャラクターを知ったのだと思います。 ...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2011-01-28 20:21
タイトル : 新・ばったり倒れ野郎 中村誠 『チェブラーシカ』
ウラウラウララ~ ウララ~ウララ~ ウラウラウララ~ウラウララ~  ロシアアニメ... more
Commented by SGA屋伍一 at 2011-01-28 20:21 x
ルナさんはイマイチだったようですね。わたしも後半人情話に流れていくのはどうかと思いましたが、全体的には旧作の雰囲気を受け継いでいたと感じました。これで終らず、さらに良いモノを中村監督には作ってほしいものです。ただ、これ作るのに六年もかかったそうなんで、次があるとしてもだいぶ先になりそうですが・・・

画像の花を持ったチェブとゲーナ、本当にかわいいですね~
Commented by cinema-can at 2011-01-29 06:31
>SGA屋伍一さん、こんばんは(*^^*)
なんだろうなぁ〜、なんかあのナレーションとか
全体の雰囲気がなんとなく違う感じがして・・・
まあでも、チェブが可愛かったので
まあいいかなぁ〜って気もしますねぇー。
ただ、どうせならロシア語版(字幕)で観たかったです。
もちろん、次回作も作ってほしいけど・・・・。
<< 今年もお世話になりました。 バーレスク >>