ノルウェイの森
b0020911_23181967.jpgこのブログで何度も
言っているんですが、
私は結構な村上ファンなので
かなり不安があったのですが・・・
まあ、しかたないのかな・・・
映画は別物だし・・・
ただ、原作を知らない作品として
見たらそんなに好きな作品ではないかも。

ワタナベ(松山ケンイチ)は唯一の親友であるキズキ(高良健吾)を
自殺で失い、知り合いの誰もいない東京で大学生活を始める。
そんなある日、キズキの恋人だった直子(菊地凛子)と再会。
二人は頻繁に会うようになるが、心を病んだ直子は
突然姿を消してしまう。そんな中、ワタナベは大学で
出会った緑(水原希子)に心をひかれていくのだが・・・・。

たしかに映像は美しかったし、時代背景も良く出来ていました。
ワタナベの松山ケンイチ、緑の水原希子、永沢の玉山鉄二、
レイコの霧島れいかなどの俳優人も悪くなかったです。
1人を除いて・・・
もう、あちこちでかなり叩かれてるので、なんか気の毒なんですが
菊地凛子の直子だけはどうしてもダメでした!
う〜〜ん、ダメなものはダメなのよーーー。
どうしても受け入れられない!!!
だって、私の中の直子はもっと美少女で繊細なんです!
あまりにも違い過ぎる!!!
セリフがここまで一緒だと原作のイメージが強過ぎて
かえって映画は別物と思いにくいのかもしれませんね〜。

映画|ノルウェイの森

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
永沢がなめくじを飲んだくだりは、あった方が
良かったんじゃないかな〜。
あれがないと、永沢は良さが出ない!!!
それにレイコさんが過去をワタナベに話すシーンがないと
ラストに繋がらないし・・・・って言い出したら
キリがないかぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-12-13 23:22 | cinema | Trackback(7) | Comments(6)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/14579978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 気ままな映画生活 at 2010-12-14 20:00
タイトル : No.229 ノルウェイの森
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51787422.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-12-17 10:38
タイトル : ノルウェイの森
愛は続く。どこまでも。  ... more
Tracked from Mani_Mani at 2010-12-18 05:06
タイトル : 「ノルウェイの森」トラン・アン・ユン
「ノルウェイの森」NORWEGIAN WOOD 2010日本 監督・脚本:トラン・アン・ユン 原作:村上春樹 撮影:マーク・リー・ピンビン 美術:イェンケ・リュゲルヌ、安宅紀史 出演:松山ケンイチ ワタナベ    菊地凛子 直子    水原...... more
Tracked from Drupal.cre.jp at 2010-12-20 20:08
タイトル : 映画版『ノルウェイの森』で描かれた、生者と死者の三角関係
 トラン・アン・ユン監督作の邦画『ノルウェイの森』では、自殺した男子を間に挟んだ男女の三角関係が鮮やかに描かれている。  生者2人と死者1人の三角関係の物語が、映画の主筋... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-12-26 16:42
タイトル : ノルウェイの森
 大昔のことでぼんやりとしか覚えてはおりませんが、やはり原作を読んだからということで、『ノルウェイの森』を見に日比谷のTOHOシネマズ スカラ座・みゆき座に行ってきました。 (1)この...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2011-01-07 12:40
タイトル : 『ノルウェイの森』
□作品オフィシャルサイト 「ノルウェイの森」□監督・脚本 トラン・アン・ユン□原作 村上春樹□キャスト 松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、玉山鉄二■鑑賞日 1月4日(火)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5) 2011年、1本目の映画は昨年時間が合わずに観れなかったこの映画。 自慢じゃないですが、正直若い頃から村上春樹の小説は読んだことがない。 何度かこの映画の予告編を観ながらかみさんと「観なくてもいいかな」なんて会話していたが、 正...... more
Tracked from のほほん便り at 2011-11-15 11:52
タイトル : ノルウェイの森
「なるほど、あのオハナシを映像で描くと、このようになるんですね」と、大いに感心。モテモテ、ワタナベくんに (^ー^*) この大ベストセラーを映画化したのが外国の監督さん(ベトナム出身、「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン監督)ってあたり、「正解だった…かも」と感じました。 どうしても、みんなして思い入れの分、イメージがありますもんね。「海外文学のような会話のやりとりも、小説のままに再現」って演出に好感。行間を、あくまで美しい映像と音楽で表現してるあたり、心憎いです それも、当世...... more
Commented by しん at 2010-12-17 22:07 x
ルナ様

ご無沙汰しておりましたが、面白い映画を沢山ご覧になっておいででしょうか
「自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ」の管理人しんです。
約一年前に当ブログで企画しました「ブロガーによる00年代映画ベストテン」にご協力いただきありがとうございました。

その「ブロガーによる00年代映画ベストテン」が、このたび講談社のセオリームックシリーズ「映画のセオリー」という本で取り上げられました。
大きな扱いではなく色々な映画ランキングに混じって私たちのランキングが紹介されているだけではありますが、それでもこうして世に出ることができましたのも、ご協力頂いたルナ様をはじめとしたブロガーの皆さんのおかげと感謝しております。
件の本につきましては当ブログに紹介記事を書きましたので、そちらを参照してください。
http://blog.goo.ne.jp/studioyunfat/e/ba888ff0c88972b22d9516a5b56306f3

年末年始という我ら映画ファンには個人ベスト選出であれやこれやと悩ましくも楽しい時期を迎えようとしております。ルナ様のベスト、楽しみにしています。またよろしくお願いします。
Commented by cinema-can at 2010-12-18 00:01
>しん様、こんばんは(^_^)
こちらこそ、ご無沙汰してます!
雑誌に取り上げられるなんてすごいですねーーー。
参加させてもらって良かったです(*^^*)

早いもので、もう今年のベストテンの時期ですよね〜。
そろそろ考えないとなぁ〜。
Commented by 鍼原神無〔はりはら・かんな〕 at 2010-12-25 06:37 x
こんにちは。はじめまして。
ご挨拶が遅くなりましたが、Drupal.cre.jpとの、TB交換、ありがとうございました。

水原希子さんの直子、良くない評判、目立ちますですね。
アタシは、そうは思ってなかったので、ちょっとビックリしてたり。

もちろん、受け止めは人それぞれ。
ルナさんのブログ記事も、なるほど、と読ませていただいています。

えーっと、アタシ的には、ワタナベと再開した直子が、延々歩くとこから、その直後、公園かなんかで、面と向かっても視線を合わせられなくて、自然がキョドるとこで、“あー、映画の直子はこんな感じなのね”とか思ってしまったのでした。
Commented by cinema-can at 2010-12-28 00:26
>鍼原神無さん、こんばんは(^_^)
お返事、遅くなってすみません!
私的には、菊地凛子の直子だけはどうしてもダメでした。
たぶん、私の中のイメージとあまりにも違ったので
なんか受け入れずらかっただけなんですが・・・。
公園を延々と歩くトコとか全体のイメージは
結構よく出来ていたと思いますよ〜。
Commented by シムウナ at 2010-12-30 00:44 x
TB有難うございました。
ベストセラー小説ですが購入したけど
全く読むことがなかったこの作品。
途中で挫折したとおり、恋愛観が間逆で
戸惑いましたが、これも純愛なんでしょうか。
未だ、悩んでいます。

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目~5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!
Commented by cinema-can at 2010-12-30 09:10
>シムウナさん、こんにちは(*^^*)
恋愛観は、人それぞれではないでしょうか。
純愛かどうかはわかりませんが・・・・。
なので、理解できなくてもいいんじゃないでしょうか。
私は、結構な村上春樹ファンですが
実はこの作品じたいはそれほど好きな作品じゃないし
悩まなくていいですよー。
<< ロビン・フッド 武士の家計簿 >>