「西巷説百物語」京極 夏彦
b0020911_23443566.jpg巷説シリーズの大阪版。
靄船の林蔵を
中心としたストーリー仕立てで、
最後の一話だけ
サービスで御行の又市や
百介も登場します。

「桂男」、「遺言幽霊 水乞幽霊」、「鍛冶が婆」、「夜楽屋」、
「溝出」、「豆狸」、「野狐」の7作品が掲載されています。
林蔵の仕掛けは、又市とはちょっと違う雰囲気を感じました。
作風もいままでの巷説と変えてるし
どちかというとスピンオフのような感じでしたが
これはこれで、面白かったです。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
巷説シリーズは、これで終わりらしいですが、
できれば、もう少し読んでみたいなぁ〜。
「鵺の碑」はいったいいつになるのかなぁーーー。
早く京極堂に会いたいです!
[PR]
by cinema-can | 2010-11-08 23:46 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/14372201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< SP 野望篇 REDLINE >>