ミックマック
b0020911_21355131.jpg「アメリ」の
ジャン=ピエール・ジュネ監督の
キモ可愛い世界観の作品です。
それにしても
変人というか不思議ちゃん?が
いっぱい・・・・
でも、なんか楽しくて
温かい気持ちになれる作品でした。

幼い頃、父親を地雷で亡くしたバジル(ダニー・ブーン)は、
発砲事件で頭に銃弾が残ってしまい、仕事も家も失ってしまう。
ある日、ガラクタ修理屋のプラカールと出会い、
ユニークな仲間たちと共にガラクタ集めを手伝うことに。
新たな人生を得たバジルだったが、頭のピストルの弾を作っている会社と
父の命を奪った地雷製造会社を発見し
人生をメチャクチャにした死の商人に仕返しをしようと企むのだが・・・・。

ミックマックとは仏語で「イタズラ」という意味なんですね。
題名通り、大人のイタズラなんですが
なかなか痛快で楽しいです。
ガラクタ工場の人間大砲、ギロチン男、軟体女、数字女などなど
みんなヘンテコだけど憎めないステキなキャラでした。

映画「ミックマック」←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
アメリほど可愛さはないですが、
奇怪さとブラックユーモアは満載です!(笑)
[PR]
by cinema-can | 2010-10-15 21:37 | cinema | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/14218797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2010-10-17 20:11
タイトル : 工場の八人 ジャン・ピエール・ジュネ 『ミックマック』
『アメリ』で大ヒットを飛ばしたジャン・ピエール・ジュネ監督の最新作『ミックマック... more
Commented by SGA屋伍一 at 2010-10-17 20:11 x
こちらにもお邪魔します
冷蔵庫から軟体女さん、最初はぎょっとしましたが、照れたりすねたりしてるシーンを見ているうちに、段々キュートに見えてきました。でっかいメガネの数字少女も変なかわいらしさがありました(笑)

こんな風にイタズラやyoutubeで世界が平和になったら、本当に素敵ですね~
Commented by cinema-can at 2010-10-17 22:54
>SGA屋伍一さん、連投おおきにぃ〜!
そうそう!冷蔵庫から冷え冷えで現れてましたねぇ〜(笑)
彼女なかなかキュートでしたよね。

ホントに、テロとか殺人とかじゃなくて、こんな風に
世界が平和になったらステキですよねーーー。
<< ナイト&デイ ROME[ローマ] エピソード... >>