大奥
b0020911_23465993.jpg男女逆転の発想は
すごく面白いけど、
中身はいまいちでした。
ニノは、さわやか侍で
悪くはなかったですが、
どうせなら、もっと男ぽい
役者の方が
良かったんじゃないかな〜。

男だけを襲う謎の疫病が席巻して8割の男が死に至った江戸時代、
すべての重要な仕事を女が占め、男が体を売るという男女逆転の
浮世と化していた。
その結果、一人の女将軍に3,000人の美しき男たちが
仕える女人禁制の男の園、大奥が生まれ、
困窮した旗本の実家を救うため、
一人の若い侍(二宮和也)がやって来る・・・・。

飛脚や籠運び、力仕事も女性がやってる面白さはあるけど、
さすがに、男の花魁はキモかったです。(笑)
松島(玉木宏)と藤波(佐々木蔵之介)のコンビは
なかなか良かったし、杉下(阿部サダヲ)もいい味だしてました。
あと、女将軍・吉宗(柴咲コウ)が意外に似合ってました。
(さすが、暴れん坊将軍!)
ただ、内容はちょっと薄っぺらい感じで残念です。

映画「大奥」男女逆転←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♡

(ルナのひとりごと)
よしながふみの原作は、徳川のいろんな時代があって
ちょっと面白そうかも。
[PR]
by cinema-can | 2010-10-08 23:49 | cinema | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/14174128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-11-21 09:47
タイトル : 「大奥(2010)」 薄っぺらい、安っぽい
謎の疫病が蔓延し、極端に若い男の数が減ってしまった江戸時代の日本。 絶対的な数の... more
<< ROME[ローマ] エピソード... コララインとボタンの魔女 >>