月に囚われた男
b0020911_2333281.jpgデヴィッド・ボウイの息子
ダンカン・ジョーンズが
監督・脚本を務め、
ナショナル・ボード・オブ・レビューで
新人監督賞を受賞した作品です。
人がたった一人の孤独に
耐えられる限度の期間が
3年ということになるんでしょうか?
私には、ちょっと
耐えられそうにないですけど・・・。

サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギー源を
採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在する仕事に就く。
地球との直接通信は通信機の故障で出来ず、話し相手は1台の
人工知能コンピュータ(ケヴィン・スペイシー)だけの環境だったが、
任務終了まで2週間を残すある日、サムは事故に遇う。
気づいたとき、なぜか基地に戻っていた・・・・。

登場人物は、ほとんど一人だけだし、場所は宇宙基地の中だけなので、
予算はかなり低予算だったと思うけど
それなりに面白かったです。
ちょっと昔のSF映画を観てる感じでした。
人工知能コンピュータのスマイルの顔の変化が可愛い!
それに妙に人間ぽい!ケヴィン・スペイシーの声も良かったです。
大きな盛り上がりはないけど、
なんだか、ちょっと切ない気持ちになる作品でした。

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
目がパパに、似てるぅ〜?
ただ、パパの『地球に落ちてきた男』と抱き合わせの
DVD販売は、どうかと思うけど・・・・(~_~;)
b0020911_23334348.jpg

[PR]
by cinema-can | 2010-09-12 23:36 | DVD | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/13988695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2010-10-02 18:53
タイトル : 「月に囚われた男」究極の低予算SF映画が描く、究極の単身..
[月に囚われた男] ブログ村キーワード  地球にとって最も身近な天体である、“月”を舞台に描かれる“SFサスペンス”。「月に囚われた男」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。やれ『CGだ!3Dだ!』と騒がしい映画界ですが、この映画は、古き良き時代の正統派SF映画を、思い起こさせてくれます。  近未来、宇宙飛行士のサム(サム・ロックウェル)は、世界最大のエネルギー企業“ルナ・インダストリーズ”と契約して、月の地中に存在するエネルギー資源“ヘリウム3”を採掘して、地球へ送る任務に就...... more
<< しあわせの隠れ場所 華麗なるアリバイ >>