ソルト
b0020911_17592366.jpgさすが、アンジー姐さん!
カッコ良過ぎです(笑)
ただ、ストーリーはどうかなぁ〜。
なんかいまひとつ!って
感じで、なんとも・・・です。
しかし、アンジーのアクションは
素晴らしかったです。


CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、
突然現われたロシアからの亡命者・オルロフの証言によって
ロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。
逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、
夫の身を案じて自宅に戻るが夫の姿はなく、
何者かに連れ去られた形跡が残っていた・・・・。

冒頭でいきなりの北朝鮮の拷問シーンは、ちょっとびっくりでしたが
スパイ嫌疑をかけられてCIAビルからの逃走シーンは
ノンストップのアクションで凄かったです。
ただ、ストーリーは唐突すぎるし、辻褄があわないトコが
多過ぎてなんか雑だなぁ〜と感じてしまいました。

ソルトのダンナさん、気の毒だったけど
クモ博士って・・・スパイダーマンかい!(笑)
なんか裏がありそうだったけどなぁ〜。
続編がありそうなラストだったので、
その辺は次回なのかなぁ〜?
b0020911_1804153.jpg


ソルト←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
つい最近、10年以上もアメリカに潜伏していた元KGBのスパイが
一斉に逮捕された事件があったし、
北朝鮮とか子供の頃からのスパイ教育ってホントにしてそうだよね〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-08-13 18:04 | cinema | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/13761829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-08-16 06:53
タイトル : 「ソルト」 アンジェリーナ・ジョリーの起用が成功の要因
この作品、もともとはトム・クルーズ主演での企画としてスタートしたということです。... more
Tracked from 雑記帳+ at 2010-08-16 22:53
タイトル : 『ソルト』を観る
久々の姐さん、カッコよかった~! ボーン・シリーズのような感じでアクション満載の... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2010-09-06 13:25
タイトル : ソルト
二重スパイに疑われたCIA諜報員ソルトの、危機また危機の逃走劇。その正体は核兵器を狙うテロリスト?一瞬たりとも目が離せない展開!物語:アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の...... more
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2010-10-02 18:52
タイトル : 「ソルト」あ~悔しい!騙された~!!
[アンジェリーナ・ジョリー] ブログ村キーワード  アンジー姐さん久々の主演作、「ソルト」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。姐さんお得意のアクション大作。いやあ相変わらず、カッコええですわ~(^^;!  イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、CIAに勤務するロシア担当の優秀な分析官。或る日、石油会社を装ったCIA本部に、ロシアからの亡命者と称する男が現れる。男の名はオルロフ(ダニエル・オルブリフスキー)。上司のウィンター(リーヴ・シュレイバー)や、防諜部のピーボデ...... more
Commented by aju at 2010-08-16 22:52 x
そうそう・・・冒頭の拷問シーンは私もビックリ。あんな風に始まるとは思ってなかったので、結構観ていてキツかったです。

ソルトのダンナさんもちょっと疑ってしまったので、あんな風に片付けられちゃうのはアッサリしていて怪しすぎる!と思ったんですが・・・それにしても本当に気の毒でした。(可哀想すぎ・・・)

Commented by cinema-can at 2010-08-17 00:18
>ajuさん、こんばんは!(^_^)
いきなりの拷問シーン!びっくりでしたね〜。
ダンナさんに関しては、冒頭から何かありそうだったのに
あっさり殺されちゃって・・・・あれだけなら
ホントにお気の毒ですよね〜。
クモ博士なんてのもなんか怪しすぎるけど・・・(笑)

彼女の正体自体が、なんとなくはっきりしない気も
するのですが・・・・続編はその辺も絡んでくるのかなぁ〜。
<< シャッター アイランド 借りぐらしのアリエッティ >>