モーターサイクル・ダイアリーズ
b0020911_1215865.jpgチェ・ゲバラが
ブエノスアイレスの
医学生だった頃
友人と南米を縦断した
青春ロードムービーです。
この旅行がなければ、
その後のカリスマ革命家
チェ・ゲバラは
存在しなかったかも
しれないですねぇー。

医学生のエルネスト(ガエル・ガルシア・ベルナル)は
親友アルベルト(ロドリコ・デ・ラ・セルナ)とともに
本でしか知らない南米大陸の縦断旅行に出る。
それは、1台の中古バイクにまたがる金も計画も無い旅だった・・・。

本人の原作『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』を
もとに作られた作品ですが、中古のバイクは途中で壊れてしまうので
後編は、モーターサイクルとは言えませんが・・・(笑)
エルネスト役ガエル・ガルシア・ベルナルもすごく良かったし、
彼が行く先々で目にする土地を追われた人々や炭坑労働者、
ハンセン病患者たちなど、なかなか印象的でした。
マチャピチュ遺跡やアマゾン、アンデスの雪山など南米の
美しい風景も堪能できます。

■お気に入り度 ♥♥♥♥♡

(ルナのひとりごと)
さて、やはり次はのびのびにしていたチェ・ゲバラの2部作を
見るべきかなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-07-21 01:25 | DVD | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/13625055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑記帳+ at 2010-08-16 23:34
タイトル : 『モーターサイクル・ダイアリーズ』をレンタル
原題 : The Motorcycle Diaries : diarios de... more
Commented by 黒豆 at 2010-07-22 09:40 x
ゲバラの後半の人生につながる部分も確かにあるんだけど、「青春映画」として、実に瑞々しさがあって良かったですね。
2部作の方は、なんとなくまだ食指が動かないので見てません(^^;
Commented by cinema-can at 2010-07-22 23:39
>黒豆さん、こんばんは(^_^)
青春ロードムービーとしても、とても良い作品でしたね〜。
それに、南米の美しい映像はとても素晴らしかったです。
実は私も例の2部作は、なんとなく観る気がしなくて・・・
でも、この作品は観てホントに良かったです!
Commented by aju at 2010-08-16 23:33 x
私もこの作品はすごく好きです。
旅する風景のなんと美しいこと・・・!!
それと、その旅でエルネストの中で“何か”が芽生える様子が分かるシーンとか・・・だいぶ前に観たのにまだまだ印象深いです。

チェ2部作は、この作品とはちょっと違う雰囲気のものなので・・・
ルナさんがデルトロさん好きなら、2部作を強くおススメしちゃいますが・・・デルトロ、いいですよ。
Commented by cinema-can at 2010-08-17 00:25
>ajuさん
いい作品でしたよね〜(^_^)
南米の美しい映像は、ホントに素晴らしかったです。
普通の若者だったエルネストが、旅を通して
いろんな人々と会い、何か変わっていく感じも
すごく良かったですよね〜。

デルトロさんは、それほどでも・・・ですが
TUTAYAが100円レンタルしてる間に、
やはり2部作を観ておこうかなぁ〜(笑)
<< トイ・ストーリー3 インセプション >>