ザ・ウォーカー
b0020911_22172022.jpgう〜〜ん、今回はかなり
ネタバレな内容になりそうなので
これから、観られる方は
どうかご注意ください!
・・・っていうか、
これ、ネタバレなしでは
ちょっと何も書けない感じ
なんですよねぇ〜。

世界が崩壊した近未来、この世に一冊だけ残った本を運び、
ひたすら西へと孤独に旅する男イーライ(デンゼル・ワシントン)。
本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、
彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに
歩き続けている。
そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者
カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れる・・・・。

(※ネタバレです!)
最初のネコのシーンから、かなり緊張感があるんですが、
さすがに食べちゃうシーンは、引いてしまいました!
後に、人間食べちゃう老夫婦が出てくるので、
(もうオカルトです・・・(=_=;)
まあしかたない世界なんですけど・・・。

全てが失われた世界は、セピア基調の映像で
すごく良かったです。
それにデンゼル・ワシントンの殺陣のシーンは
かなり迫力がありました!
ゲイリー・オールドマンの悪役もさすがでした。
こういう役は彼のお得意ですよね〜。
世界に一冊だけ残る本って、最初からたぶん聖書だろうなぁ〜って
ことはわかるんですが・・・・
いくら淘汰されたって・・・世界一の印刷物ですよ!!!
1冊しかない!って発想はいくらなんでも無理ぽいですよねー。
ただ、聖書(宗教)を使って人々を
洗脳する発想って・・・たしかに怖いですよね。
ラストの聖書全編を口述するイーライには、びっくりでしたが
全部覚えてるなら、本いらないじゃん!!!って
ツッコミはなし!なんですよねぇーーー。

ザ・ウォーカー←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
30年もかかるなんて、イーライの出発地は、
いったいどこだったのでしょう???
[PR]
by cinema-can | 2010-06-25 22:22 | cinema | Trackback(10) | Comments(6)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/13509335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2010-06-27 10:46
タイトル : ザ・ウォーカー
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ―     監督 : アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ 『フロム・ヘル』【comment】   超〜〜〜辛口感想です。      しかも、いきなり...... more
Tracked from 労組書記長社労士のブログ at 2010-06-28 11:51
タイトル : ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方が映画そのものを表しているので、邦題はミスだと思う。  核戦争により文明が崩壊した未来。世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ。しかし、彼はその目的地を知らない。本に触れる者をためらわずに誰でも...... more
Tracked from 雑記帳+ at 2010-07-05 22:30
タイトル : 『ザ・ウォーカー』を観る
これも早々に観に行ってきました。(が、感想が遅くなりました) 世紀末なんたら伝説... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2010-07-12 18:46
タイトル : 西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き続けていた。彼が持っているのは、た だ一冊だけ地球上に残...... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2010-07-13 19:36
タイトル : ご本といえば理由隠さん アルバート・ヒューズ&アレン・ヒ..
西暦200X年、人類は核の炎に包まれた。だが人類は、まだ滅んではいなかった・・・... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-07-14 07:41
タイトル : 「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは..
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK... more
Tracked from 映画を観るなら at 2010-12-19 10:10
タイトル : 映画を観るなら ザ・ウォーカー
未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないですね。もう分かってたよって思っちゃうけど、それが映.. ... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2011-03-16 03:43
タイトル : 【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が..
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。 ...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2011-05-08 07:59
タイトル : 「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へと運ぶ謎めいた男の姿を描く。共演は「レオン」のゲイリー・オールドマンや、「マックス・ペイン」のミラ・クニス、「フラッシュ・ダンス」のジェニファー・ビールスなど。... more
Tracked from RISING STEEL at 2011-05-28 22:58
タイトル : 世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー
/ THE BOOK OF ELI ʸ̤衣 Ԥ϶α¿Ȥʤꡢ˼ФȤޤʤỴ ʤʤͤˤ⤭³롣 ֲ˿ʤ衡̤סäƤΤƼϤʤڤΤƤ ˥饤Ū˰Ĥ줿ܤ٤ޤDZ֤ȡ Ŵΰջ֤ʳΩ롣 饤Ωäۤˤϥͥ ꥹޥƥåýѤǿ͡ȺۼԤ ޤܤõƤꡢ礬饤Ǥ뤳ȤĤ롣 ͥΨ밭νĤΩ饤Ϥƻ̿ǤΤ ХΣӣƥ 2010ǯꥫDz衡ʡ֥饶 ġСȡ...... more
Commented by aju at 2010-07-05 22:29 x
ルナさん、こんばんは~。

そうそう、そうでした!
あそこへ至るに30年もかかってしまうだなんて、どんな道筋を辿ったのか私もあれれ~???って思ってしまいまいしたよ。
北に行ったり、南に行ったり、色んな所を行ったり来たりしたんでしょうか?
この作品、色々ハテナな事がありましたけど、これが一番のミステリアスな部分かも!(笑)
Commented by cinema-can at 2010-07-05 23:23
>ajuさん、こんばんは(*^^*)
そうなんですよね〜、30年かかるって、
ちょっと時間かかり過ぎですよねぇ〜。
いっぱい寄り道したんですかね・・・・
もしかしたら、聖書を覚えるのに30年かかったとか・・(笑)
Commented by SGA屋伍一 at 2010-07-13 19:35 x
ルナさん、こんばんは。うん、映画のレビューってむずかしいですよね。できるだけ内容はばらさずに書きたいんだけど、それじゃなんにも書くことなくなっちゃうし

たしか聖書って世界で一番頒布された本でしたっけ。それを考えるとやっぱり「一冊だけ」ってのは無理がありますよね。あ、でもその割には日本では書店であまり見かけないような

まあツッコミどころはたくさんありましたが(笑)、一編の絵物語のような趣があって印象的な映画でした。どっちかといえばその直後に見た『プリンス・オブ・ペルシャ』の方が面白かったですけど
Commented by cinema-can at 2010-07-14 00:23
> SGA屋伍一さん、こんばんは!(^_^)
なんか今回は、思い切りネタバレしてしまいました。。。
聖書って、ホテルの部屋にまで置いてある本ですからね〜。
日本ではあまり馴染みがないですが、
1冊ってのは、かなり無理な発想ですよねー。
私も、どちらかというと『プリンス・オブ・ペルシャ』の方が面白かったです。(笑)
Commented by デイヴィッド・ギルモア at 2011-05-09 22:18 x
こんばんは。
この映画は、近未来社会のイメージが興味深かったです。
また、G.オールドマンの悪役が、板についていましたよね。
D.ワシントンは、今までの役柄と少し違う印象を受けました。
Commented by cinema-can at 2011-05-10 01:48
>デイヴィッド・ギルモアさん、こんばんは!(^_^)
こんな近未来なら、ちょっとつら過ぎますね〜。
G.オールドマンは、こういう役はお得意ですからね〜。
D.ワシントンの殺陣のシーンは凄かったです。
<< サロゲート 「英雄の書 上 下」宮部みゆき >>