告白
b0020911_23505225.jpgほとんど原作通りに
作られていました!
松たか子の森口先生は、
クールな冷酷さで怖かったです。
岡田将生のKY熱血教師は
滑稽なだけに、なんだか
可哀想だったかなぁ〜。
思った以上に生徒役の若者たちが
良かったです。

終業式後の雑然としたホームルームで、
教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。
「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」
教室内は一瞬にして静まりかえり、
この衝撃的な告白から物語は始まっていく・・・・。

正直、原作を読んだときほどの衝撃は感じませんでしたが
わりとよく出来ていたんじゃないでしょうか。
特に生徒役の子たちが結構良かったです。
まあ、今の中学校がホントにあんな感じだったら
ちょっと怖いけど・・・・(^^;)
中島監督が、中谷美紀ではなく松たか子を選んだのは
正解だったようですが、ハリウッドリメイクの話には
ニコール・キッドマンを指名したとか・・・

原作にも出てこない本筋に関係ない、最初から出てくる
いじめられてる生徒がなぜ?なのか気になるところです。
場面場面で出てくる空の映像も印象的でした。

映画『告白』←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
ただなぁ〜、原作の時にも思ったのですが、これを観て命の尊さを
感じられるかどうかは疑問です・・・な〜んてね!!!
怖い!こわい!!!(~_~;)
[PR]
by cinema-can | 2010-06-06 23:55 | cinema | Trackback(23) | Comments(8)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/13418646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2010-06-10 07:24
タイトル : 告白
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです―」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく―     監督 : 中島哲...... more
Tracked from yanajun at 2010-06-11 02:15
タイトル : 告白 (松たか子さん)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-06-11 10:19
タイトル : 告白
命を知るための課外授業。  ... more
Tracked from 労組書記長社労士のブログ at 2010-06-14 11:58
タイトル : 告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文庫) 湊 かなえ作」だった。 予告編を見たときには犯人捜しの推理サスペンスだと思っていたけど、なんかのテレビ番組で、「犯人Bの母親役の木村佳乃・・・」みたいなこと言っていて「え!犯人を言ってしまっていいの!」って驚いたし、そしてそのこと...... more
Tracked from 雑記帳+ at 2010-06-14 23:35
タイトル : 『告白』を観る
楽しみにしてました。というか、色んな意味で気になってました『告白』の映画版。 原... more
Tracked from Thanksgiving.. at 2010-06-15 01:25
タイトル : 映画「告白」
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作の....... more
Tracked from 映画のブログ at 2010-06-15 06:07
タイトル : 『告白』 はじけたのは何か?
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判っているはずの相手とのコミュニケーションは、実のところ断絶している。 ...... more
Tracked from MAGI☆の日記 at 2010-06-15 09:31
タイトル : 映画「告白」(ネタバレ注意)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...... more
Tracked from 単館系 at 2010-06-15 21:59
タイトル : 告白
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずなのに 作りが違っていました・・・ 素晴らしい出来です。 例によっ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-06-20 19:34
タイトル : 「告白」 人間の本質は自己中心性
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自... more
Tracked from SGA屋物語紹介所 at 2010-06-20 20:09
タイトル : あなたの罪を数えましょう 湊かなえ・中島哲也 『告白』
『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が、ベストセラーを完全映画化。いま... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2010-06-21 12:25
タイトル : 『告白』
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> このわずか数秒のラストシーンの、主人公森口悠子の表情に、松たか子の女優としての執念を観た。 それはあたかも松たか子に森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのようだった。 そして、その一瞬の表情の中に、森口悠子の心情全てがまさに全身全霊を込めて...... more
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2010-06-21 23:18
タイトル : 「告白」えげつない…。
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とある中学校の三学期の終業式。1年B組の担任である森口悠子(松 たか子)は、殆んど話を聞こうとしない生徒たちを前に『2月に校内のプールで溺死した一人娘の愛美は、実は事故死ではなく、このクラスの生徒2人によって殺された』と“告白”する。騒然となる...... more
Tracked from 『映画な日々』 cine.. at 2010-06-27 23:05
タイトル : 『告白』
娘を殺された中学教師が、 刑事責任を問われない犯人である 生徒に復讐を始める... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:湊かなえ('09年本屋大賞1位作品) 過激な殺戮場面の為かR15指定... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2010-07-05 20:09
タイトル : 【映画】告白
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。 ▼コメント 恐ろしく、良く出来た実写映画化だった。 この原作小説に込...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-07-18 07:27
タイトル : 告白
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜか敬遠してしまっていたところ(第2位の『ゴールデンスランバー』の方を読みました)、この映画もサスペンス仕立てですから読まずにいて正解でした!  作品のごく簡略な粗筋は、中学教師である森口悠子(松たか子)が、自分の最愛の娘を、担任していたクラ...... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2010-07-18 10:33
タイトル : 『告白』@テアトルダイヤ
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的... more
Tracked from 気ままな映画生活 at 2010-07-26 18:09
タイトル : No.220 告白
予告編から、そのストーリーに惹かれて これは映画館で観るべき、1800円払っても問題ないと 思いました。元はベストセラー小説ですが、 原作が注目されている事は知っていましたが、 冒頭からラストまで中だるみがなく、釘付け状態でした。... more
Tracked from よしなしごと at 2010-07-30 08:06
タイトル : 映画:告白
 予告編の短い告白だけで惹き付けられてしまった映画、告白を観てきました。... more
Tracked from itchy1976の日記 at 2010-07-30 20:42
タイトル : 映画「告白」
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:106分 映倫指定:R15+ 配給:東宝 キャスト:松たか子、岡田将生、木村佳乃 ○ストーリー(eiga.comより) 2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲...... more
Tracked from ここにあるもの at 2010-08-03 22:58
タイトル : 告白
信じることと、憎むことばかりが心を支配している蛹の時。 ひとつのパーツが、全てを粉々に壊してゆく。そこに救いはない。 都合よく救われない。要するに、そういうこと。 2009年本屋大賞受賞した湊かなえ『告白』の映画化。 本屋大賞といっても、読書が苦手な私には全く縁...... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2011-05-14 20:26
タイトル : 『告白』(2010)
とある中学の終業式。今月で教師を辞めるという担任の女教師が、淡々と「告白」を始める。 私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです――。 湊かなえのベストセラー小説を映像化。 脚本・監督は中島哲也、主演は松たか子、共演は岡田将生、木村佳乃。 女教師の「告白」に始まり、犯人とされた生徒A、Bの「告白」、その母親の「告白」、クラスメイトの「告白」・・・と 原作ではそれぞれの「告白」が章立てされ、同じ事柄でも角度...... more
Tracked from スポーツ瓦版 at 2011-07-17 11:21
タイトル : 別館の予備(感想202作目 告白)
7月17日 告白 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10955203104/188b5f83 さや侍&X−MEN:ファースト・ジェネレーション& エクスペンダブルズ&ディア・ドクター& ...... more
Commented by aju at 2010-06-14 23:35 x
ハリウッドリメイクなんかあるんですか?!
・・・なーんてね。っていうワケではないですよね?(笑)
N・キッドマンとは・・・ちょっとイメージが違うかなと思うんですが、コレという人が浮びません~
でも、本作は松たか子でヨカッタなと思います!

・・・確かに、原作読んでも、映画を観ても、これって「命の尊さ」を感じることができるのかなぁ。怖いさだけはスゴク感じますけど。。
Commented by cinema-can at 2010-06-15 00:31
>ajuさん、こんばんは!(。◕‿◕。)
ハリウッドリメイクは、かなりオファーがきてるらしいです!
実現するかどうかは?ですが、中島監督がN・キッドマンを
逆指名したようですよ〜ちょっとイメージ違いますよねー。

映画は、割とよく出来てましたよね〜。
ただ、何度も観たい映画ではないけど・・・・(笑)
Commented by SGA屋伍一 at 2010-06-20 19:44 x
ざっと見たところ、ネットでは「原作には及ばない」派と「原作を超えた!」派できれいに分かれてますね
わたしはやはり、「まず原作ありき」のお話だと思うのですけど

ウェルテル、というか岡田くんは気の毒でしたね(笑)。最初予告編を見たときにはどこのお笑い芸人かと思いましたが

命の重みというのは、やはり相対的なものだと思いました。自分や親しい人の命は重いけど、赤の他人の命は軽い。世界の大半の人はそうじゃないでしょうか。なーんてね



Commented by cinema-can at 2010-06-20 23:24
>SGA屋伍一さん、こんばんは(^_^)
私は、原作を先に読んだせいかもしれませんが、
映画の方がソフトな感じがしました。
それは、それで悪くなかったような気がします。
たしかに、命の重さは相対的なものかもしれませんねぇー。
よく、これが自分の親なら、子供なら同じ事が言えるか!と
いう喩えがありますよねー。
そんな中で、世直しやんちゃ先生が犯人の子供にも
将来があると言っていた凄さを、あらためて感じますねー。
Commented at 2010-06-29 18:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cinema-can at 2010-06-30 16:39
>こんばんは!(*◕‿◕*)
わざわざ気を使って、非公開にしていただきすみません。
もう、かなりネタバレしているようなサイトなのに
ありがとうございます。

私も原作を先に読んだのでかなり衝撃を感じましたが・・・
ラストは、そこまでやるかぁ〜って感じもしたし、
救われない話はあまり気持ちのいいものではありませんよね。
ただ、映画には中島監督の想いが込められていて
なんとなくソフトに感じました。
Commented by シムウナ at 2010-08-01 15:20 x
TB有難うございました。
今年度の邦画の中では1,2位を争うほどの
満足度でした。単純に面白いと一言で
終わらせてはいけないほどの衝撃がありました。
復讐を達成するため、善人でいるのか、自らも
悪人となるのかその境界線を彷徨う松たか子の
演技にも魅了されました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
Commented by cinema-can at 2010-08-02 23:19
>シムウナさん
人気凄いみたいですね〜。
衝撃的なインパクトは最高でした。
松たか子の演技も素晴らしかったですが
生徒役の子供たちも良かったと思います。

ぽちっとしておきますね(*^^*)
<< プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 恋するベーカリー >>