「1Q84 (BOOK3)」村上春樹
b0020911_0301916.jpg前回、バカ売れ?で
品切れの憂き目をみたので、
今回はちゃんと予約して
購入しました!
BOOK3は、「青豆」と「天吾」に加え
「牛河」の物語が加わっています。


いやぁ〜!面白かったですよ。
途中で止められず、一気に読んでしまいました。

男前だった青豆さんが、なんだかすご〜〜く女性ぽくなっていて
なんか切なかったですよー。
天吾くんと父親とのストーリーもなかなかでしたが、
NHKの徴収人はかなり印象的でした。
新キャラの安達クミちゃん等の看護婦さん達も
良かったけど、ドラッグはどうかなぁ〜。
最近特に問題になってるだけに、ちょっと気になりました。
いかにもハードボイルドなタマルさんと
なんだか気の毒な牛河さん!
2人のキャラも際立っていました。

そして・・・・とてもステキなラストでした。
(ただ私は、筋金入りのハルキファンですから・・・笑)

■お気に入り度 ♥♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
さて、BOOK4はあるのだろうか????
私的には、これで終わりで満足ですが、
1月〜3月が抜けているからなぁ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-04-29 00:32 | book | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/13223403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タイタンの戦い 女の子ものがたり >>