プリンセスと魔法のキス
b0020911_23412596.jpgCGが進みすぎると
なんか昔のやり方に
一度は戻りたくなるみたいです!
ディズニーが従来の手描きアニメに
立ち返った作品です。
そういえば、ジブリの
ポニョも手描きでしたよね〜。
試写会にて一足早く
鑑賞してきました。

ニューオリンズでウェイトレスとして働く娘・ティアナの夢は、
自分のレストランを持つこと。
ある日、幼なじみの富豪の娘・シャーロットの家で行われるパーティで
ティアナの前に、言葉を話す一匹のカエルが現れる。
カエルは、マルドニア王国の王子で、魔術師ファシリエの呪いによって
姿を変えられてしまったと語る。
そして、魔法を解くためにキスしてほしいと
ティアナに告げるのだが・・・・。

ヒロインは、労働者階級に生まれた黒人女性で、
かなりのしっかり者!それに対して王子は、遊び好きでお気楽な
どちらかというと怠け者!、そんな2人がワニのルイスや、
ホタルのレイ、女魔術師ママ・オーディオらの手を借りて
成長していく王道のファンタジーです。
ホタルのレイには、ちょっとホロリとさせられます。
舞台がニューオリンズだけあって、音楽はジャズやゴスペルなどの
ミュージカル仕立てです。

b0020911_23427100.jpg



プリンセスと魔法のキス←公式サイト

■お気に入り度 ♥♥♥

(ルナのひとりごと)
いかにも、ディズニーらしい作品でした!
[PR]
by cinema-can | 2010-02-28 23:45 | cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12918000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パーシー・ジャクソンとオリンポ... 「パーシー・ジャクソンとオリン... >>