南極料理人
b0020911_23592267.jpg劇場で観たかった作品なんですが、
単館だったので、時間がとれずに
見のがしてしまったので
DVDでの鑑賞です。
ー70℃の動物もウィルスも
生きる事が出来ない極寒の地!って
主人公の妻子じゃあないけど
つい笑ってしまいます!


西村(堺雅人)は望んでいたわけではないのに
南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、
南極ドームふじ基地に料理人として派遣されることになる。
妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、
彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという役を任される。
基地では雪氷学者(生瀬勝久)をはじめ、
雪氷サポート隊員(高良健吾)らの個性派が揃っていた・・・・。

西村の作る料理は、どれも美味しそうでお腹がすく作品でした。
まあ、伊勢エビの海老フライは笑えましたが・・・。
それになんといっても手作りラーメンは凄かったです。
いい年こいたおじさん達のうれしそうにラーメンを
食べる姿は傑作でした。
オーロラよりもラーメンです!
堺雅人の淡々とした表情も良かったです。

観終わった後はきっと、ラーメンが食べたくなると思います。

■お気に入り度 ♥♥♥♥

(ルナのひとりごと)
1年半もどこにも遊びにいけず、メンバー以外他に誰とも
会えない生活はちょっとつらいですよねぇ〜。
[PR]
by cinema-can | 2010-02-27 00:01 | DVD | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://cinemacan.exblog.jp/tb/12907204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2010-02-27 18:32
タイトル : 『南極料理人』(2009)
実際に観測隊員として二度南極を訪れた西村淳が、自身の体験を記したエッセイ集を映画化したもの。 先日その本を読み、大変面白かったので映画版にも興味を持っていたが、はたしてエッセイをドラマ化してどうなるのか、という点が不安だったが、それを帳消しにするような作品に仕上がっていた。 物語そのものは、エッセイを題材にしたフィクションになっており、当時のドームふじ基地での8人の隊員たちの暮らしぶりが虚実取り交ぜて描かれていて、エッセイ集の読者にはかなり違和感があるだろうが(そもそも実際の西村淳と、映画で西...... more
Tracked from 雑記帳+ at 2010-03-08 23:06
タイトル : 『南極料理人』を観る
5連休明けは何だか時差ボケのような感覚が残ってるので、さっさと仕事を切り上げて、... more
Commented by aju at 2010-03-08 23:06 x
ルナさん、こんばんは。
この前こちらの記事を拝見した時、すぐさまコメント入れたかったのですが・・・ちょっと遅くなりました。^^;
ジュリー&ジュリアの時のお料理も良かったけど、私は庶民派なせいか、コッチの方が食をそそられてしまいました。
観た後はラーメンに行ってしまったし。(笑)
いい年こいたおじさんのラーメンに対する情熱というか勢いはスゴかったですよねぇ。
地味でしたけど、何だかんだ楽しめた作品だったかなぁー・・・。

Commented by cinema-can at 2010-03-08 23:24
>ajuさん、こんばんは(^_^)
料理、美味しそうでしたよね〜。
やっぱり、ラーメン行っちゃいましたか!(笑)
あれは、食べたくなりますよねー。
おじさんたち、めちゃめちゃうれしそうでしたよね。
たしかに、地味ですけど楽しめる作品でした。
<< 「パーシー・ジャクソンとオリン... チェイサー >>